小さな世界

明るいひきこもりを目指して

生きること

2016-12-13 22:39:16 | 家族のこと
自死した兄の誕生日が来ました。
毎年私はお菓子の詰め合わせを実家に送り、お供えしてもらっています。

兄の死があるから。

生きているということはそれだけですごいこと。

学校へ行くとかテストで良い点を取るとかコンクールで入賞するとか、そんなことはどうでもよくってただ生きているということに感謝したいと思うことができる。

兄の死がなければ、私はずっと下の娘を学校へ無理矢理行かせていたかもしれない。

生きているということはそれだけで大変ですごいことです。
本当に奇跡ですよね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長女。 | トップ | 懇談の違和感 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

家族のこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL