KポBOYSアイドルライフby葉月

BL小説と日々思ったことを書いたりしています。最近マイブームはPPAP!ピコ太郎!

どこまで言っても

2016-10-14 12:21:23 | 日記
まぁ、どこまでいっても平行線でしかないですね。

私にはコメントに批判や忠告を書く方のおきもちはやはり理解出来ないです。

ごめんなさい。

なのでどこまでいっても交われないです。

私が他の方のブログを読んで、この方の言ってることは自分の考えとは違うし、おかしいなぁと思ったとしても、コメントはしません。

その方の自由だと思うので。

そういう人間なので、コメントをされる方のお気持ちはやはりわからないです。

別に、私を応援し、私を褒めてくださるコメントばかりを欲しいわけではないですし、私はそうは思わないなぁというコメントもあるのは当たり前だとは思います。

でも、そうは思わないなぁくらいの書き方ではないですよね。

批判や忠告をされる方の書かれるお言葉って。

あなたが、おかしい、あなたが間違ってる、必死すぎて笑える、などなど。

こういう言葉に私が傷つくということは無視ですか。

ブログを書く方は言葉を色々と考えなくてはいけなくて、コメントを書く方は考えずに思った事をそのまま書いても構わないと言うことになりませんでしょうか?

違うかなぁ?

何故、コメントを書く方の自由、見る方の自由は守られてるのに、ブログを書く方の自由は制限されるのでしょう?

そこが私には、この私の馬鹿な頭では理解が出来ないとこです。

嫌なら見に来なければいいのに…という言葉は何も私だけではなく、こういうコメントをもらう方は少なからずご自分のブログでそう書かれています。

ブログを書く方の立場に立ったら、何故、嫌なのに見にくるのかなぁと、単純にそう思うからです。

私は嫌だなぁと思うブログはもう行きませんし、コメントも書きません。

なので、わからないんです。

そういう方の気持ちが。

もちろん、見にくるなとは言えないです。

公共のものなので、見るのは自由でコメントも自由です。

でも、普通の考えとして、嫌なものをわざわざ見にくる理由はなんなのだろう、とそんな疑問がわくのはおかしいのでしょうか?

失礼な態度を取られた店員さんのいるお店にわざわざ行きますか?

私はもう行かないです。

そんな思いをしたくないから。

それをまた行くということは、一体何があるから行くのだろう、と思うのは普通の考えではないでしょうか?

それと同じ事をこのブログでも思うのであって、見にくるのが悪いとか、そういうことを言ってるのではないのですが。

何故、どうして、何をしたくて、いらっしゃるのか?

それが知りたいと思うので、こういってしまうんです。

それもダメなのかなぁ。

そうなると、本当にブログを書く方の自由は無くなりますね。

全てを受け止めなければいけない。

そうまでしてブログを書く意味がないような気がしてくるんですけど。

我慢しながら、お金を払ってやる必要はないような。

うーん。

私がおかしいのでしょうか?

腑に落ちないです。

どなたか馬鹿な私にもわかるように簡単に説明をしていただけたらありがたいのですが。

多分、こう言うとまた反論されるのでしょうけど。

そうして永遠に平行線を辿るんですね。

まぁ、仕方がないですね。

平行線で行きましょう。

嫌でも見に来てください。

見に来てコメントをください。

批判でも嫌味でも何でも、ある意味コメントはコメントですから嬉しいものです。

コメント大好きの私にとったら。

そう思って行くことにします。




ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きっと。 | トップ | A Round Trip To Loveは中国... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。