株式会社葉月の社長ブログ 『うちは技術屋です』

飯塚市嘉麻市(筑豊福岡全域)で塗装・塗替え・防水改修などをやっています。

納骨堂の防水

2017年01月13日 | 防水工事
納骨堂の屋根の防水の相談がありました。

現地に行ってみると、藁ぶき造りの建築物に見えたんですが

どうやら屋根はコンクリートのようです。




木下地を組んで屋根を作り、その上にコンクリートを塗って保護しているのかと思ったら

完全なコンクリート屋根のようです。

住職のお話だと、昭和36年建設

今から55年前です。

それまで一度も手をかけたことがないそうで


よくよく見ると、ひび割れの中からコケが出てるし、あちこちで劣化が確認できたので

これは単純な防水改修とはいかない気がします。


また場所的に車も高所作業車も寄れないので調査もある程度しかできない。


55年前、建物から300mくらい離れた場所でコンクリートを人力で練り

バケツに入れてリレーし、屋根にコンクリートを充填したそうで

その話を聞く限りでは、転圧も不十分な気がします。



さて、来週にハシゴを持って行って調査をしてからになりますが


どんな仕様を組みましょうかね~?



困難な現場を見ると多少のワクワク感もありますのでこの仕事が辞められないんですw



納骨堂は耐火のためにコンクリート構造が多いようで

うちも2件ほど防水をした経験はあります。

過去工事はこちらです
ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年あけましておめでとう... | トップ | 本能寺ホテル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。