はずれの映画辞典

映画とは生きものの記録です、この世に生きる者が、こうして生きようじゃないかと訴えます。惚れた映画を毎日連載します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

青春時代ー思い出の映画「生きる」

2007-04-02 08:29:11 | Weblog
 「生きる」1952年 黒澤明 監督作品 志村喬

 解説
 
 黒澤作品数々あるが、これはまだ白黒の可也初めの頃の作品である。

 物語

 市民課の渡辺課長は、課長は30年無遅刻無欠勤生きてはいるが時間を潰しているだけの男であった。20年前の10年は少しは仕事をしようとしたこともあった。しかし、いまは全くその気はない、煩雑さの中でやる気は磨り減ってしまったのである。いまして居ることはその椅子を守る事だけだった。課長の地位を守るには何もしないのが一番良い方法だった。

 胃の倶合いが良くないので医者へ行ったが、胃潰瘍だと診断される、待合室で話していた男の「医者が胃潰瘍だといったらガンの症状を隠していると信じて宜しい」という男のいうとおりだった。医者もガンだとは言わない。

 ガンであることを息子にも兄弟にも話さず、一人悩む渡辺課長だが、あるとき飲み屋へ行きある男に会う、飲みながら、俺はガンで死ぬのでもう時間がない人生を楽しんでいる暇がなかったと意気投合した男とパチンコだのキャバレーだのダンスホールだのへ遊びに行く、会社を休んでである、長い間休んだことのない役所を休んでである。

 生きている時には生ける屍の課長だったが、いざ命がないと知ったときから生きる仕事をやりだした、官僚的なお役所の仕事をついてやっとのことで公園は完成する。動き出して5ヶ月、出来上がった公園で渡辺課長は雪の降るブランコに乗りながら死ぬ。

 感想
 人生を長くやっていると、ときどきつまずいたりして、スランプに陥る時があるそんな時にこのビデオを出して眺めて元気を貰っている映画である。
 人生何時も上向き、過ぎ去った過去を振り返らない前向きの姿勢で居るつもりだが、人間そんな何時も上ばっかし見ていちゃつまずく、そんな時に見る映画って言うのを用意して置くことを薦める。

 命短し恋せよ乙女、赤き唇、消えぬまに。

 感じた度  ★★★  
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青春時代ー思い出の映画「理... | トップ | 青春時代ー思い出の映画「七... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
パチンコで給料の2倍稼いでいる友人の話 (CRパチンコウルトラマン攻略)
パチンコウルトラマンでがっぽり稼ぎたくありませんか?貴ブログ訪問者にも、有益な情報だと思っています。ぜひ、訪問していただけると幸いです。万が一不要な場合は削除下さい。
パチンコ攻略法なんてないと思っていましたが (CRエバ奇跡攻略)
パチンコエヴァンゲリオンでがっぽり稼ぎたくありませんか?貴ブログ訪問者にも、有益な情報だと思っています。ぜひ、訪問していただけると幸いです。万が一不要な場合は削除下さい。
皆さん本当にかわいそうなぐらいパチンコで負けていますね (CRエバ奇跡攻略)
パチンコエヴァンゲリオンでがっぽり稼ぎたくありませんか?貴ブログ訪問者にも、有益な情報だと思っています。ぜひ、訪問していただけると幸いです。万が一不要な場合は削除下さい。
黒澤明 (みおの部屋)
黒澤明黒澤 明(くろさわ あきら、1910年3月23日 - 1998年9月6日)(黒沢 明とも表記)は、日本の映画監督。小津安二郎、溝口健二、成瀬巳喜男らと共に、海外でも広く名前が知られている日本映画の巨匠の一人であり「世界のクロサワ」、またその妥協を...