行雲流水

ボランティア活動を中心に記録する

沖縄返還の日

2017-05-15 14:28:14 | 日記
 沖縄旅行は3度ある。最初は1964(昭和39)年3月4日~13日でまだ復帰前、身分証明書(パスポート)が必要でした(写真)。当時1$=360円のレートでした。大学卒業前の春休みを利用しての旅行でした。ところで当時は学生運動の影響でとてもアメリカ側のチェックが厳しく渡航できる状況ではなかったのですが、幸運にも大学の同級生で沖縄から留学している友人の父親が身元引受人ということでパスポートが得られたのです。その後1972(昭和47)年5月15日に返還になった。
 2度目は、妻と一緒で1974(昭和49)年8月7日~14日で、海洋博覧会開催の1年前で、開発が進み観光が活発になり始めたころだった。夏でしたが涼しい玉泉洞を見学後、まだ舗装されていない道を海岸まで歩いて、髪や眉毛までが白くなるくらい砂ホコリをかぶったり、糸満の南、名城ビーチで水泳を楽しんだ思い出がある。
 3度目は職場の仲間と1995(平成7)1月4日~6日。この時は、南部戦績めぐりが印象に残った。地元の方の案内で石灰岩が侵食された洞窟ガマに入って戦災の話を、ひめゆりの平和記念資料館では当時看護にあたられた富村都代子さんの体験には息がつまり、旧海軍司令部壕での太田中将の遺訓など心にせまる話を耳にした。県立平和記念資料館なども拝見、戦争当時の資料が整理整備されたのは、ここ何年かの間で、長い間口を閉ざす人が多かったと聞いた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黄砂も憂鬱 | トップ | 井口公民館へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。