幸福な時間(日々是好日)

神社仏閣めぐりや強運体質の作り方、旅行記、読書記録など。幸せな気分を書き留めていきます。    

論語の「矩を踰えず」

2017年04月19日 21時41分38秒 | コラム
吾十有五にして学に志す。
三十にして立つ。
四十にして惑はず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳順(したが)ふ。
七十にして心の欲する所に従へども、矩(のり)を踰(こ)えず。




自身を省みれば、

学を志すことも、
学で身を立てることもなく、
未だ迷い多く、
天命も知らず、
人の意見を素直に聴くことも不完全だ。

ただ、自分のしたいことを極めても、人の道を踏み外したことはないと思っていた。
いたのだが。

この「矩(のり)」の範囲が曖昧だということに気づいた。

略奪、盗みなどの行動は取っていないが、優先席に座ってしまうことはある。
(しかし妊婦さんや高齢者がいれば、優先席でなくても席を譲る)

業腹な事象について、たまに女性トークで毒を吐くこともある。
(一応、最後は綺麗な言葉でまとめるように心がけている)

こうしたことも「矩(のり)」だとすれば、まだまだ道は遠いかもしれない。


にほんブログ村
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暴風雨の予報でも、行き先は... | トップ | 地図を読む行為 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。