幸福な時間(日々是好日)

神社仏閣めぐりや強運体質の作り方、旅行記、読書記録など。幸せな気分を書き留めていきます。    

印象に残っている絵本

2017年04月21日 21時35分00秒 | 読書
お題「印象に残ってる絵本は?」に参加中!
「ちいさいおうち」「ぐりとぐら」「もりのおばあさん」
「やまのこどもたち」「ひとまねこざる」「おかあさん大好き」
「はなのすきな牛」「ももいろのきりん」・・・。
数えだすときりがない。本が大好きな子だったから。


岩波の子どもの絵本が大好きだった。
小学館の「イギリスのお話」「アラビアのお話」シリーズも好きだった。

「お母さんが読んで聞かせる話」は、自分で読んでいた。

偕成社の「世界の悲しい話」「世界の心を打つ話」は、裏表紙に山の絵があり、そこにリアルな双眸が描かれていて、子ども心にひどく怖かったことを思い出す。


生まれて初めて欲しがったのが「みつばちハッチ」の絵本だったそうだ。
しかし父の「意地悪そうな表情の絵を見るのはよろしくない」という判断から、買ってもらえなかったらしい。
仄聞調になっているのは、私にその記憶がないからだ。

でも、その判断について父に感謝をしている。

私は、意地の悪い人をひどく嫌悪する。
テレビでもそれは顕著で「ハイジ」は好きだったが、「フランダースの犬」はアロア父が出てくると目を閉じ、耳を塞いだ。
「見なければいいのに」と両親は苦笑していたが、話は嫌いではなかった。
ただ、アロアの父やネロをいじめる大人たちが、とても苦手だった。


絵本の話に戻るが、やはり魂が素直な時期には、美しいものや綺麗なものをたくさん見せたほうが良いと思う。

人生の汚濁は、いずれ向き合うことになる。
幼いうちに見ないで済めば、それは幸せなことだ。


大人になった今は、綺麗な絵をたくさん見たり、美しい花々と親しむ時間で気持ちを浄化している。



出かけられない時は、星野富弘さんの詩画集を紐解いたりする。
年を重ねても、印象に残る本に邂逅できることが僥倖だと思う。


にほんブログ村
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地図を読む行為 | トップ | アドラー心理『幸福の哲学』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。