心の旅路~ふっと思うこと~

気づきや思いつき、感動や小さな発見などを、心の赴くままに書き流していきます。          

アドラー心理『幸福の哲学』

2017年04月22日 | 読書
岸見一郎さんの『幸福の哲学 アドラー×古代ギリシアの知恵』を読みかけ、途中でリタイアした。

『嫌われる勇気』もかなり話があっちこっちに飛び、読みにくいなと感じていたのだが、本著も同様なのだった。
文章が多少読みにくくても、内容に共感できればそのまま読めたのだろうが…。

幸福になることは容易ではない。
幸福になることを妨げるように見える出来事に、必ず遭遇するからだ。


この一節にはたと頭を捻った。

他者から見て「不幸そう」と思うような体験をしても、当事者は幸福感に満ち満ちている場合もある。
逆に人から羨まれるような環境にある人が、自身の運命を呪っていることもある。

出来事に良し悪しはなく、それを人の感情がラベル付けするだけだ。

つまり相田みつを氏の言葉のとおり「幸せはいつも自分の心が決める」のである。


誤解のないように書いておくが、アドラー心理の本は二桁ほど読み、セミナーにも参加したことがある。
概念自体は、フロイトやユングよりも実践的で魅力的だと感じている。

だが、岸見氏の癖だろうか、40ページに達しない段階で醸し出される「不幸感」に辟易し、アドラーはこんな思想ではなかったはず、と残念に思った。

幸せになりたい気持ちがあるなら 明日を見つけることはとても簡単
(「元気を出して」竹内まりや)

逆に「幸福になることは容易ではない」と思い込めば、多幸感を味わうことは難しいだろう。


哲学や心理学は、実はそれほど難解ではなく、シンプルで役に立つものだと思う。

私は本からもヒントを得るが、人との交流や、歌詞や、漫画の台詞、その他日常のふとした瞬間に、気づきになる断片を拾って自分の糧にしている。


にほんブログ村
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 印象に残っている絵本 | トップ | 開運財布の作り方 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。