幸福な時間(日々是好日)

開店休業に入りました。ありがとうございました♪  

ブログ記事の断捨離で自分と向き合う。

2017年01月03日 19時53分01秒 | 断捨離
10月から2か月ほどブログを休止状態にした。

その時、すべての記事を下書き――つまり非表示にした。

最近、また駄文書きを始めるに当たり、下記の基準で選別を行った。


<再公開の基準>
今も興味があることや、アクセスが多い記事は公開。
ネガティブな気持ちで書いたものは表示しない。

結果、美術、旅行、神社仏閣、断捨離、書籍ネタ等が残った感がある。
再公開率、約2割。


こういう棚卸しも面白い。

自分のこころを見つめ直すことができる。

いつもプラス思考でいられるはずもなく、「王様の耳はロバの耳」的な場所でもあるので、これからも毒を吐くことはあるだろう。

そのとき、その時の気分を大事に受け止めていこうと思う。



久しぶりにブログを書き始めた時、文章の書き方を忘れている自分に気づき、慄然とした。

相田みつをさんは「筆を1日取らないと、10日感覚が戻らない」と言ったそうだが、やはり怠けるとあっという間に感覚が鈍るものだ。

読み直して、「てにをは」がおかしいと思ったりもするが、直さないでおく。

書き続けていくうちに、感覚は次第に戻ってくるだろう。継続は力なり。



明日は、仕事始めだ。

部屋やブログの断捨離も大事だが、心を洗うことはもっと重要である。

休暇中は心を調律するため、好きな本を読み漁った。


今日は星野富弘さんの詩画集をすべて読み返してみた。

少しは心が洗われただろうか。



なお、amazonで検索したら新刊が出ていたことに気づき、慌てて購入。



本日入荷分。


『たった一度の人生だから』から、特に心に残った箇所を書き留めておこうと思う。





前向きに何かを期待する気持ちがあるのなら、

心が健康だということです。

病んでいても、健康感を持つことがとても大切です。

人は、病むことや悩むことによって

感性が磨かれていきます。(日野原重明さん)



私がどんなに絶望しようが、

どんなに生きたくないと思おうが、

いのちというものが

一生懸命生きようとしている。(星野富弘さん)
                 


にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神様・仏様に近づく | トップ | 逃げるは恥じゃない。役に立つ。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む