缶詰blog

世界中の缶詰を食べまくるぞ!

くじらは海のジビエだ! くじらの和ヒージョ缶登場!

2017-04-21 08:48:27 | 

読者諸賢よ!

ついに、博士缶修のまったく新しいくじら缶「くじらの和ヒージョ」が缶成しましたぞ。

造り手は宮城の「木の屋石巻水産」

同社は伝統的にくじら大和煮缶を造ってきたメーカーであります。

昨今は「金華さば味噌煮」缶ですっかり有名だが、実はくじら肉の扱いにかけてはプロ中のプロなのだ。

 

 

 

開缶。

食材をオリーブオイルで煮込む “アヒージョ” の手法を取っているが、その味付けにはひと工夫凝らしている。

それは和風ということ。

だから「和ヒージョ」(ダジャレです)。

厚削り節、干し椎茸などから出汁を引き出し、くじら肉に浸漬させている。

そのくじら肉は、あらかじめ冷温で2週間熟成し(ここ凄いとこです)、丁寧に筋などを取り除いてから使う。

ほかには唐辛子と、にんにくを粒のままころりと投入。

 

 

かくのごとし。

くじら肉は歯応えがあり、噛みしめるとまず、しょうゆ関係の和の味が来る。

次にくじら肉そのもののうまみ(熟成させたうまみだ)と、かつお節や干し椎茸のうまみが混合してやって来る。

これがたまらぬ。

そこんとこに、トロトロに柔らかくなったにんにくをまぶして食べてもウマい。

付け合わせる野菜はクレソン、ルッコラなど、風味の強いものが良く合う。

 

 

「くじらを和風のアヒージョにしませんか」

という僕の思い付きを木の屋石巻水産が受け止めて、開発に取りかかったのは2014年のこと。

試作し、味の方向を両者で確認しながら、和のテイストを磨いていった。

初めはくじら肉を砂糖醤油に浸けてみたのだが、その後に砂糖は不要となった。

同社S氏の提案で、新たに厚削り節と干し椎茸も加えられた。

そうして試作と試食を繰り返し、味のバランスを調整して、ついに缶成したこの「くじらの和ヒージョ」缶。

パッケージのイラストと商品名は僕の手描きであります。

ぜひぜひ、食べていただきたいのであります。

 

 

内容総量:150g

固形量:90g

原材料名:ひげ鯨、食用オリーブ油、食用大豆油、にんにく、しいたけ、かつお節、唐辛子、食塩、混合削り節、しょうゆ

原産国:日本(宮城県石巻市・木の屋石巻水産)

希望小売価格:630円(税込)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛おし缶。フランスのポーク... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。