感動としあわせの家づくり物語

岡山県倉敷市の工務店「林建設」の大工職人「林俊文」が仕事で感じた「感動としあわせの家づくり物語」を綴っていきます。

倉敷市大内でアウトセット方式の引戸取付工事

2017-03-29 23:59:59 | 家づくり職人物語
今日も天候に恵まれた岡山、倉敷。

大工さんたちは其々の現場へ向かい出動してくれております。

今日の段階で一番、急ぐのが「まっちゃん」が担当している倉敷市内の某幼稚園さんでのトイレ改修工事現場。

明日には完了を予定している為に、昨日と今日は応援で「しんちゃん」も此方の現場で作業してくれていますが、さすがは百戦錬磨のふたり。

着々と手際よく工事を進めてくれ明日には予定通り完了する範囲まで進めてくれたことに感謝。

さて、久米郡美咲町で住宅リノベーション工事現場の方は今日も「小野くん」がコツコツと工事を進行してくれています。

その隣では離れの建屋の解体工事も解体業者さんの施工により進行。

さすがは手際よく週明けから工事を進めてくれていたおかげで明日には大方、解体工事は完了しそうな雰囲気と全体的に工事は順調に進んでおります。

倉敷市内の某工場さんでの各所トイレ改修工事現場の方も納期が迫り、朝から多くの関連業者さんが出入りしてくれております。

それでも段々と工事の目処が立ち完成が見え始めたのはありがたい事。

とは言っても明日、明後日とまだまだ残っている工事もあり気を抜ける状態ではないのは確かなこと。

明日も気を抜くことなく安全第一で取り組んで参りますので宜しくお願いします。

写真は先日、「しんちゃん」が倉敷市大内のお客さんからの依頼でアウトセット方式の引戸を取付していた所を撮影。

通常、引戸と言えば柱から柱までの間が1.5m以上は必要なのですが、リフォームなどでどうしても外せない柱があり、この寸法が0.9mほどしかない場合などに用いられる商品。

機能上、どうしても柱より外側を建具が走る為に気になるお客様もいらっしゃいますが、実際には限られた条件でも使えるということもあり近年、良く出る商品でもあります。

各メーカーさんも色々と試行錯誤してくれており、建具の納まりも昔よりはかなり良くなっています。

現在は開き扉で不自由があるお客様にはお勧めの商品だと思いますので、気になる方はネットや近所の建築会社さんに相談してみるとよいと思います。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村 -->
『岡山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久米郡美咲町で住宅リノベー... | トップ | 自信を持って工事をお受けさ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家づくり職人物語」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL