感動としあわせの家づくり物語

岡山県倉敷市の工務店「林建設」の大工職人「林俊文」が仕事で感じた「感動としあわせの家づくり物語」を綴っていきます。

過去を教訓に未来へ活かす

2016-12-07 23:28:09 | その他
今日も天候の方は上々となった岡山・倉敷。

明日に上棟を控えた現場では「まっちゃん」がコツコツと下準備をしてくれています。

こちらの現場には他にも足場屋さんが来てくれ先行足場の組立作業が順調に進んでいる様子。

安全で作業性の高い足場の組立をいつもしてくれる此方の業者さん、今回も良い足場を組んでくれているものと明日を楽しみにしています。

「小野くん」の方は岡山市内でのマンションにての雑工事に向かってくれています。

今回はキッチンの扉を専門のシート職人さんが特殊なシートを使ってリニューアルさせる工事がメイン。

その中で棚下の板の補強は今回の大工工事と言うことで現場で作業にあたってくれた彼、作業自体は比較的簡単だったようでお昼前には「まっちゃん」と合流してくれていました。

私は昨日に引き続き年末のあいさつ回りにお客さん宅を奔走した一日ではありましたが・・・

午後からは荷物の受け取りや事務仕事とバタバタとする時間を過ごす事になり夕方からは経理の仕事。

何かと現場が重なった先月だけに入支出の管理は何よりの仕事だと早め早めに把握しておきたいと進めてきた事務仕事ではありますが・・・

流石に応援の職人さんや外注さんにと現場数をこなす為に人手を入れすぎた為か、思うほどの結果は得られていない様子。

しかし、これを良い教訓としてまた、次なる一歩を踏み出さねばと心に刻み今夜はそろそろ店しまい。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村 -->
『岡山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 倉敷市呼松で土台据付工事 | トップ | 倉敷市呼松で棟上げ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL