感動としあわせの家づくり物語

岡山県倉敷市の工務店「林建設」の大工職人「林俊文」が仕事で感じた「感動としあわせの家づくり物語」を綴っていきます。

備前市日生で外装サイディングボードのリフレッシュ計画

2017-06-17 23:59:23 | 施設改修・改装工事物語
週末の土曜日も天候に恵まれた岡山、倉敷。

毎日のように「家づくり」に携われる事は建築業界で働く自分にとっては本当にありがたい事。

今から十数年前はこんな弊社も一週間、一か月と仕事がない時期もあったのは確か・・・

当時はまだまだ弊社の社長がバリバリの現役だったので詳しい事はわかりませんが、それは「家づくり」を生活の糧にする者にとっては何よりの苦悩だったと思います。

そうした過去を思い出せば、こうして毎日のように仕事にありつける、あたり前な事がどんだけ幸せな事なのかを改めて感じ、ご依頼くださる皆様へ「家づくり」を通して恩返しをしていかねばと思っています。

そんな中、今日は岡山市中区でお世話になってる業者さんからの依頼で階段の新設、軽量シャッターの取付下地の組立の工事がおこなれております。

階段の方は大工の「山口さん」、シャッターの取付枠は「まっちゃん」が施工。

階段の方は現場で墨付け、キザミからと少しばかり時間がかかりますのが週明けも引き続きよろしくお願いします。

さて、倉敷市玉島上成での住宅リフォーム現場の方は今日でひと区切り、週明けからは基礎業者さんに現場の方をバトンタッチして大工さんたちは建て方の準備を行う予定。

色々と変更や追加などがあり、予定より工期が遅れてはおりますが二期工事で挽回できるように大工さんたちと協力して進めて参りますので宜しくお願いします。

そんな中、私は午前中に備前市日生の某工場さんの外装リニューアルの計画にお世話になっている業者さんと現場打合せ。

土曜日の渋滞のない状態で片道一時間少々と比較的、遠い現場とありしっかりと現地の状態を確認してきました。

今まではこの辺りへ来ること自体が無かったので、道中の景色も新鮮でしたが数か月後にはこの景色があたり前になるように計画が進んでいけばと思いながらの現場調査。

午後からは倉敷市北畝の住宅にお世話になっている平田工務店さんと床下の状態を確認する為にお伺い。

シロアリ発生による被害の状況確認が今回の目的でしたが事前にシロアリの駆除、予防の措置はされているそうで取り敢えずは現状での躯体の状態を把握することが肝心。

それでもシロアリの発見が早かった為か大きな被害がある場所もなかったのは不幸中の幸い。

取り敢えず一部、土台の表面が被害にあっている場所へ対しての金物補強などのご提案をさせていただきますので宜しくお願いします。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村 -->
『岡山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 総社市久代での住宅リノベー... | トップ | 倉敷市栗坂でフローリング張... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL