感動としあわせの家づくり物語

岡山県倉敷市の工務店「林建設」の大工職人「林俊文」が仕事で感じた「感動としあわせの家づくり物語」を綴っていきます。

岡山市東区瀬戸町での住宅新築現場でファースボード施工中

2017-11-20 20:09:40 | 住宅新築現場物語
昨日の日曜日は地区の秋祭りが小学校で催されていて我が家も参加。

妻と三女は毎年、出店している子供会の部門でのお手伝いをするようで早朝から出かけていきました。

遅れて次女も部活の休みを利用して友達たちと祭りの会場へ向かった様子。

私も末っ子長男に叩き起こされ、「まつりへ連れていけ」との命令に眠い目をこすりながら小学校まで移動。

地区のまつりとは言いますが、たくさんのイベントや出店も出ていて、とても楽しめるイベントともあり現地では其々がばらばらで活動・・・

其々に有意義な時間を過ごせたことはありがたい事で私も気持ち的にもリフレッシュされて望んだ本日の月曜日。

早朝から電話対応に追われる月曜日の朝ではありますが、これでも「まっちゃん」と分担しているだけ幾分はましな方。

以前なら午前中は電話対応に追われる時間を過ごしていましたが、今日はお昼前には会社に戻って事務仕事に専念できました。

現場の方も慌ただしく動いている様ですが、それなりに順調に進行している各現場。

倉敷市玉島柏島で某工場さんの方も基礎工事もほぼ完了して外部足場の盛替えや屋内でも雑工事などが行われている本日。

岡山市中区中納言町でのリノベーション現場の方は造作家具や造作建具などの納品や取付が進んでいる状態。

こちらも懸命に「ひろちゃん」が対応してくれている様子にひと安心。

一番気がかりなのは岡山市東区瀬戸町での住宅新築現場ですが、予定より工事の進行が遅れている様子。

原因はいつもの事でもあり、ある程度は想定してたので対応策も立てているのですが・・・それでも本当は遅れずに予定に沿って工事を進めて欲しかったのが理想。

それでも、人生は理想だけではかなわない事があるのは誰もが百も承知。

だからと言って理想に近づける努力を怠ってはならないのだと、困難という大きな壁に阻まれた時も何度も何度も立ち上りチャレンジし続ければ・・・

いつか必ず乗り越える事ができるのだと明日からも懸命に工期の遅れに対しての対応に励んでいきます。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村 -->
『岡山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 倉敷市玉島柏島で某工場さん... | トップ | 岡山市東区西大寺で住宅改修... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

住宅新築現場物語」カテゴリの最新記事