感動としあわせの家づくり物語

岡山県倉敷市の工務店「林建設」の大工職人「林俊文」が仕事で感じた「感動としあわせの家づくり物語」を綴っていきます。

倉敷市真備町辻田で床のフローリング重ね張り工事

2017-07-12 20:38:49 | 住宅リフォーム工事物語
7月らしい暑い一日となった本日の岡山、倉敷。

日陰にいてもムシムシとした湿度に汗が流れる気候となり、屋外での工事は過酷な時期。

さて、今日は倉敷市真備町で床のフローリングがフワフワする場所があるお宅へお伺いして改修工事を行いました。

現場では「まっちゃん」、「川上さん」での作業、現状の床がフワフワする場所のフローリングを切り取り、「根太(ねだ)」と呼ばれる床板を支える桟木を多めに配置。

その上に、合板で蓋をしてからは現状のフロアーの上に新しいフローリングを重ね張り。

ここ最近では主流となりつつある方法での床の補強改修工事となりましたが、6帖ほどのお部屋だったので十分に一日で工事完了。

写真はこちらのお宅でお盆休み明けより予定している屋根瓦の葺き替え工事にあたっての外部足場を設置するための下見に、いつもお世話になっている足場屋さんに現場を確認してもらいました。

いつも丁寧に足場を組立てくれる業者さん、工事が完了してしまうと無くなってしまう仮設足場ではありますが無くてはならない大切な役割を果たしてくれています。

これまでに多くの職種の職人さんが足場の上で作業をしてきましたが、事故を起こす事が一度もないのは彼らの技術のおかげなのだと感謝しております。

午後からは倉敷市玉島上成での住宅リフォーム現場の方へお伺い。此方では大工の「ひろちゃん」が熟練の職人さんを二人引き連れての内部造作工事の真っ最中。

今日は床のフローリングなどが張られて段々とお部屋の完成へ向けて着実に進行しております。

暑い時期、室内の作業でも熱中症や脱水の恐れなどは十分に考えられる時期だけに、無理をせずに安全第一で明日もどうぞ宜しくお願いします。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村
『岡山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「腕で勝負」できる職人であ... | トップ | 倉敷市玉島阿賀崎で左官壁に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

住宅リフォーム工事物語」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL