感動としあわせの家づくり物語

岡山県倉敷市の工務店「林建設」の大工職人「林俊文」が仕事で感じた「感動としあわせの家づくり物語」を綴っていきます。

倉敷市玉島で建て方作業

2016-10-17 20:38:09 | 住宅新築現場物語
昨夜は激しく雨の降った岡山・倉敷。

それでも本日は天候に恵まれた月曜日となり、予定とおりに今日は倉敷市玉島で建方を行ってきました。

先週末に土台の敷き込みを完了させていた此方の現場。

いつもより早めに現場に向かい雨養生のシートを剥がし、工事の安全のお清めをすればいよいよ工事開始。

建て方と言えば柱を建て、梁、桁を架けと建物の骨組みを組み立ていく大切な作業。

今回の現場は材料などの置場も少なく、朝から材料屋さんもトラックで現場に材木を運搬しながらの棟上げとなりました。

決して条件は良いとは言えない立地条件ではありますが一端、工事を請け負ったからには最高の水準での施工をお届けするのが職人。

今日は総勢8名の大工さんで取り組んだ棟上げ工事でもあり棟が上がるまでは人数の利もあり順調。

写真が一番、苦戦した屋根断熱材の敷き込みですが・・・

写真の断熱ボードを垂木(たるき)間に隙間なく切り込んでいく作業に四苦八苦。

今回の設計の指示は屋根断熱のボードの厚みは100㎜と言うことですが、既定の断熱性能の数値に届くボードでは100㎜の厚みがない為に・・・

50㎜の断熱ボードを2重に敷き込む為に手間も2倍。

それでも途中からは屋根の下葺きに来てくれた屋根業者さんも手伝ってくれ夕方、少々の残業となりましたが無事に屋根下地まで完了。

明日からは「小野くん」の方が造作工事に取り組む予定になりますので、お客様どうぞ宜しくお願いします。

久しぶりに頼れる大工さんたち一同が集結しての現場作業となり有意義な時間を過ごせた事に感謝、感謝。

しかし私も久しぶりの現場でクタクタ・・・

今夜ばかりはブログも手短に早く帰宅させてもらいしっかりと体を休める事に専念します。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村 -->
『岡山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オリジナルの壁掛け下足入れ製作 | トップ | 倉敷市玉島中央で八畳間の改... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL