感動としあわせの家づくり物語

岡山県倉敷市の工務店「林建設」の大工職人「林俊文」が仕事で感じた「感動としあわせの家づくり物語」を綴っていきます。

総社市久代での外装サイディングボード張りも完了

2017-08-09 20:48:01 | 住宅リフォーム工事物語
天候の方は真夏日が続く岡山、倉敷。

建築現場の方は暑さとの闘いに過酷な中での作業となっておりますが多くの職人さんたちが施工を続けてくれている本日。

熱中症や暑さでの注意力の散漫などからつながる事故の恐れもありますので安全第一で作業に取り組んでもらえる事が何より。

さて、今朝は倉敷市玉島上成の住宅リフォーム現場の方へ防犯設備会社さんの施工に立ち会う為に現場へお伺いしてきました。

昨日でクリーニングも終わっていた為に今日は他にも網戸や面格子の取付などが施工業者さんによって進められている状態となっています。

ここまで進めば室内は此れにて使用してもらえるようになります。

お客さまが生活しながらの工事ともあり、ご不便をおかけした場面は多々知れず・・・それでも今日までお付き合いくださったお客さん。

そして、この現場でプロの職人の技をつかい懸命に工事に励んでくれた多くの職人さんには感謝、感謝。

屋外での工事と最終の一部屋の工事が残ってはおりますので、引き続き皆様と共に「感動としあわせの家づくり物語」を綴っていければと思っております。

午後からは岡山市中区の住宅で雨どいの不良の相談に現地を確認。

今回の案件では雨どいの落とし口へ枯葉や落ち葉が詰まってしまった為に雨水が流れなくなっている様です。

今回は雨どいの耐久年数から考えても取替えの方が望ましいと判断させてもらいご提案の準備へ移らさせていただきますので、しばらくのお時間の猶予をお願いします。

写真は総社市久代での住宅リノベーション工事現場での外装サイディングボード張りの施工写真。

一階部分と二階部分で色を変えて計画していまして、建物に重厚感ができるように工夫されているのはお施主さんとプランナーさんのアイデア。

お客さんごとに外観にも好みがわかれる所ではありますが、私自身の個人的な好みで言えばはこうした重厚感のでる外観の方が好きかもしれません。

あとは外部足場が外れれば、まだまだ良く見えるのだろうと、その時を楽しみにしております。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村 -->
『岡山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 倉敷市玉島上成で木製「すだ... | トップ | 2017年のはやしの夏休みは8月... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

住宅リフォーム工事物語」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL