感動としあわせの家づくり物語

岡山県倉敷市の工務店「林建設」の大工職人「林俊文」が仕事で感じた「感動としあわせの家づくり物語」を綴っていきます。

倉敷市栗坂で換気フード交換工事

2016-12-28 20:06:38 | 住宅修理・修繕工事物語
今日で御用納めとなった企業さんも多いのではないでしょうか?

明日からは長期休暇となり外出などの機会も多くなりそうですが、手洗いうがいは欠かさずに良い休暇を満喫してもらえればと思います。

当社では明日は自由出勤ではありましたが、何かと年明けからの仕事の段取りもあり、大半のスタッフがもう一日「家づくり」に取り組んでくれる様子。

其々に先を見越して、自分たちの仕事の段取りをしてくれる彼らには感謝しています。

さて、そんな本日ですが午前中は「まっちゃん」、「小野くん」は倉敷市呼松の住宅新築現場へお伺い。

昨日で断熱工事も終わり、今日からは室内造作を本格的に進めて行くことになり先ずは床から順番に組立、仕上げと作業を進めて参ります。

下地を組立、フローリング張りと進む作業ですが、今回はお客様こだわりの「もみ」材のフローリング。

此方は私たち「作り手」も楽しみにしている仕上材だけに早くフローリングを張った室内を見てみたいと思います。

そんな中、私はまたまたお隣の町内会さんより公民館のトイレ改修工事の相談を請けまして午前中に役員さんたちへのご挨拶を兼ねて現地を見に行ってまいりました。

とは言ってもお隣の町内で新築当時の建築会社さんも同じだけに今までと同じような仕様。

先ずは過去の2つの公民館と同様の仕上げにてお見積りから進めさせてもらいますので、どうぞ宜しくお願いします。

午後からは「小野くん」は加工場の片付け、私と「まっちゃん」は岡山市内のお客さん宅へのアフターに行ってきました。

久しぶりにお会いするお客さんとの会話が楽しく、アフターの作業も気が付けば終わっている状態に現場を離れる時には別れを惜しんで車に乗り込んだ本日。

又、何か困りごとなどがあればお気軽にご連絡くださいね。

写真は本日、換気扇のフードを交換した際のフード廻りの塗装を、いつも協力してくれる「真季塗装店さん」が施工してくれている所。

こちらも何事もなく工事が完了してお客さんが喜んでくれていたのは何よりうれしい事。

今後とも引き続き長いお付き合いを宜しくお願いしますね。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村 -->
『岡山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 倉敷市上東で駐車場への砕石... | トップ | 今年も感動としあわせの家づ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL