感動としあわせの家づくり物語

岡山県倉敷市の工務店「林建設」の大工職人「林俊文」が仕事で感じた「感動としあわせの家づくり物語」を綴っていきます。

技術だけでは成し得ない職人道

2016-07-27 22:22:14 | モノづくり挑戦物語
7月も終盤となり社会人の方の中でも夏季休暇期間前までに区切りをという方も多いのではないでしょうか?

当社も一般的な建設業と言うこともあり例外に漏れず、夏季休暇がひとつの区切りになりそうな全体的なスケジュールで現場の方は進行中。

昨日は加工場で別の現場の材料加工だった「小野くん」ですが、今日は岡山市東区中川町での住宅改修現場で「海里くん」と合流しての現場作業。

新築とは違い、改修工事の造作と言うことで図面だけでは表せない各部の取り合い。

建築業界では「納まり」などと呼ばれる所ですが、此れをキチンと完成ベースでイメージ出来ていないと改修、改造などの工事は難しく感じます。

反対にキチンと完成の形がイメージできるようになれば新築も改修、改造などの工事も基礎は同じ。

その為にも必要なのは、大工職人としての技術も当然ですが技術だけでは成し得ない事も多くあり

その中には、これまでに建築に向き合う中で学んだ知識やこれまでに取り組んできた数々の工事で得た経験。

そして、その上で自身の持つ想像力と、時には図面に表記のない判断を下す決断力と揃わねばなりません。

それらが揃わなければ工事の途中で手が止まってしまい、悩んだり、考えたり、指示待ちする時間が長くなってしまい難しく感じてしまうのでしょう。

これ等は他人から教わる事ができず、其々が独自で身につけていくしかないようです。

反対に一から作り、図面を元に各所の納まりまで決まっている新築工事はひと通りの「方法」を覚えるだけで工事を手際よく進める事ができます。

その為、ひと通りの仕事を覚えると意外と誰にでも出来てしまうので、若い大工さんなどの中には大手メーカーやビルダーの下で手間請けと呼ばれる新築工事の作業代だけで仕事を請けて生計を立てる人もいるようです。

後者の方が確かに合理的ではありますが、一生という仕事とするには少々リスキーな気がするのは私の考え方が古いのか?

しかし、前者の方は修行の期間が長くなり、最近の風潮には合わないのも確か?

此れから大工職人を目指す若い人たちの為に、こうした問題も簡易的にしていく仕組みつくりは必要なのか?と考えながらも・・・

今夜は岡山市北区の某スポーツジムさんでのサウナ工事が夜間施工される為、そろそろ現場の方へ向かわなければ。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村 -->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

倉敷市玉島上成で建物の継ぎ合わせ部分からの漏水調査

2016-07-26 23:40:30 | 住宅リフォーム工事物語
夕方から降り出した雨に、少しだけ涼しく感じる今夜の岡山、倉敷。

それでも日中は暑い一日となり大工さんたちも暑い日々に少々、疲れ気味なこの頃だけに少しだけ暑さの和らぐ夜はありがたい。

そんな一日ではありましたが、今日は大工さんたちの布陣も少し変わってそれぞれの現場の作業に取り組みました。

岡山市東区中川町は大工の「海里くん」が一人で室内の造作工事に取り組んでくれています。

事前に組立ておいた天井下地に石膏ボードを張ったり、壁の下地を組み立てたりと主に下地の作業となりましたが・・・

良い仕上げは良い下地があっての事。

此処を蔑ろにしているようでは大工職人としては半人前、そういった事も理解した上で取り組んでくれる彼には随分と助けられています。

さて、「小野くん」の方は本日、応援できてくれた「Yくん」と明日の夜から二期目の工事となる岡山市北区の某スポーツジムさんでのサウナ内装材の加工。

壁や天井は現場施工となりますが、床面だけは「スノコ」状に組み立てておいて完成品を現地で取り付ける計画。

こちらは時間との勝負にもなる現場だけに事前の準備は万端でのぞみたい所。

写真は午後からは「まっちゃん」が工事をしている倉敷市玉島上成の住宅新築現場のご近所さんで平田工務店さんからの依頼を受けて雨漏り調査を実施した際のもの。

昔、母屋と長屋との間のスペースを利用して部屋にしている、当時の建物にはよくある形状の増築ですが・・・

やはり屋根と屋根の取り合いの「谷」と呼ばれる部分からの他でも、よくある類の雨漏りだと推測。

当時の施工をした業者さんはとても丁寧に仕上げていましたが、惜しむのはこの「谷」の勾配の緩さが一番の原因か?

ここ数年で「ゲリラ豪雨」と呼ばれる一時的な大雨が降る事が多くなった現在、当時の計算では雨水の流れが間に合わずオーバーフローしてしまっている可能性が高いようですが・・・

此れの改修となると少々、力が入りそうな・・・

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村 -->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岡山市北区で某マンションさんの床なり解消工事

2016-07-25 23:03:06 | マンションリフォーム工事物語
7月も後半戦となり今月、第二の山場となる一週間の始まりに気合を入れて取り組んだ一日。

今朝は「しんちゃん」と一緒に岡山市北区の某マンションさんでの一室にて床なり修理の工事に取り組んできました。

マンションでの床なりの原因と言えば大方、2種類に別れるのですが、今回もその一方の床と壁が干渉しての床なり。

新築当時は床の下地もしっかりとしていたのでしょうが、段々と年数を重ねる内に徐々に弱る床合板。

今回も例外になく、この床合板の経たりということで部分的に切り取り、新しい合板を施工。

今後は同じ現象がおきないように壁と床を僅かに数ミリ離して施工しておきましたので次は長く使ってもらえる筈。

他にも雑工事を済ませて午前中には工事完了と午後からは「しんちゃん」と別行動。

午後からはいつもお世話になっているデザイン会社さんの来月のイベントの打ち合わせにショールームにて担当さんと打ち合わせ。

特に用意するものも無さそうで、先ずはサンプルなどの製作を早めに行いお届けする約束。

明日は会社で「小野くん」が別物件の加工を行う予定に、こちらのサンプルも作ってもらえるように頼んでみなければ・・・

さて、ありがたい事にお盆までは何かと工事の予定が詰まっている状態。

急な依頼に対応できるように応援の大工さんなども何名かあたってはみましたが今は何処もみんな忙しいとの事となかなか応援してくれる大工さんは見つからず。

お待たせしているお客さまには申し訳ありませんが・・・

余りスケジュールを詰め込みすぎて大工さんたちが無理して「今」取り組んでいる工事に集中力を欠くような施工は絶対にNG。

急ぎの要件もございましょうが、一棟、一件の目の前の「家づくり物語」何より最優先なのが当社のやり方だとご理解いただいた上でお待ちいただければ・・・

必ず工事の際には相応の「感動としあわせ」を感じれる家づくり物語をお届けさせていただきますので、宜しくお願いします。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村 -->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「しんちゃん」の木製建具製作風景

2016-07-23 23:21:36 | モノづくり挑戦物語
週末の土曜日も夏らしい空に包まれてた岡山・倉敷。

昨日に引き続き大工さんたちは其々の現場で大工工事に取り組んでくれている様子。

「まっちゃん」は倉敷市玉島上成で住宅新築工事。

「小野くん」、「海里くん」は岡山市東区中川町での住宅改修工事となっています。

明日の日曜日は休日を返上して「小野くん」は現場に出るようですが、暑い時期だけに無理をしすぎないようにと安全第一で取り組んでくれる事が先ずは何より。

写真はそんな土曜日に加工場で木製建具の材料加工、組み立てをしていた「しんちゃん」。

ヒバ材を用いて制作される木製建具ですが、製材、プレーナー、超仕上と加工を繰り返し必要なサイズに木材を削り仕上げます。

その後はキザミと言われる仕口や合わせ部分の加工をノミを用いてコツコツと・・・

キザミがすめば後は組立と朝から懸命に取り組み夕方には無事に立派な木製建具の出来上がり。

後は現地で取付作業となるようですが、こちらは日程を調整してお伺いすることになりそうです。

そんな中、私も日中は現場の下見や来週からの工事に向けての材料の調達、事務用品の買い出し、時期が遅れてしまいましたが暑中(残暑)見舞いのはがきの作成などに追われた一日。

今夜は倉敷駅前では「倉敷天領夏まつり」と夕暮れからの、OH!代官ばやしの踊りに参加する三女「みーちゃん」の雄姿を見学に行きたかったのですが・・・

日中の業務に時間を費やしすぎて急ぎの書類作成が間に合わず・・・

延長の依頼をしようかと思いはしましたが、他にも色々と依頼されている見積業務がある為に今日の事は今日で完結させたいと今夜のお祭りは断念。

しかし昨夜も近所でのお祭りに遊びにいった子供たちからこずかいを強請られ・・・

財布の中は真夏にも関わらず一足先に冬の気配を感じている状態。

まぁ、いつか良いことあると信じて今夜はひと際つけた事務仕事にそろそろ帰宅の準備をしています。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村 -->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

倉敷市鳥羽の住宅で水廻り改修工事計画

2016-07-22 22:00:02 | 住宅リフォーム工事物語
会社の近くで花火があがる音が聞こえる今夜。

彼方こちらで夏祭りが開催される時期となりましたね。

そんな本日は兼がねから噂になっていた「ポケモンGO」の配信日でもあったようで至るところで話題を耳にする一日となりました。

此方は世論では賛否両論あるスマートホンのゲームアプリですが、これほど話題にあがるゲームもここ最近では珍しいこと。

節度、マナーが問われる事が多いですが、確かに新しい可能性も感じさせてくれる所は魅力ですね。

さて、そんな本日ですが、午前中に倉敷市鳥羽でお風呂、脱衣場、トイレと水廻りのリフォームを計画しているお客さん宅でプランの提案にお伺いしてきました。

昔ながらの間取りで、当時は小さめに作られてる事の多かった場所にはなりますが、生活する上では毎日つかう重要な場所。

これらを快適にしたいと思うのは、やはり奥さまの希望。

今回はしっかりとしたコンセプトを持たれているお客さんで、要望を形に変えていけるように先ずは図面の打ち合わせから。

今日の打ち合わせで大方の方向性も固まり、次はプラン修正と工事価格の提示ができるように準備を進めて参りますので宜しくお願いします。

午後からは岡山市東区中川町での住宅改修現場に追加工事の打ち合わせでお伺い。

そんな打ち合わせの後は現場の工事状況を確認させてもらいましたが、順調に進んでいる現場に大工さんたちの努力を垣間見れます。

今日は電気工事も行われていたようで皆で協力しながら作業を進めている現場環境も良好。

ひとつ、ひとつの「家づくり」に「感動としあわせ」を・・・

これはもちろん、暮らす人もですが、そこで工事に関連した職人さんたちにも感じて欲しいと願っています。

関わる人たち全てに「感動としあわせ」を感じてもらえる「家づくり物語」。

夢物語のような話に聞こえるかもしれませんが、「願わねば叶わない」のが「夢」ならば私たちはその理想に常に近づけるようにと取り組みます。

いつか「建築」という仕事を、未来の子供たちの憧れに少しでも変えていければと・・・

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村 -->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加