感動としあわせの家づくり物語

岡山県倉敷市の工務店「林建設」の大工職人「林俊文」が仕事で感じた「感動としあわせの家づくり物語」を綴っていきます。

現場で迷った時の指針になるようにと「家づくり」を掘り下げて考えた先に・・・

2017-06-28 20:12:05 | 林俊文の想い
今日も曇り空、時折パラパラと雨の降った空模様でしたが工事を中断するほどでもない一日。

おかげさまで、本日も順調に工事が進んだことは何よりありがたい。

さて、今日は倉敷市玉島上成での住宅リフォーム現場の方へ大工さんたちも集結して昨日、建て方が行われた増築部分の屋根工事を進めています。

梅雨時期の貴重な天候という事もあり、大工の「ひろちゃん」たち4名。当社からも「まっちゃん」たち3名が駆けつけての工事となりました。

何かと制限、納まりなどの制約がある増築部分の建て方だけに新築のようにポンポンと建つ感じではありません。

取合い部分の仕口の加工をその場、その場で行いながらの為に手間がかかる仕事ではありますが、丁寧に作業を進めてくれる職人さんたち。

私も今日はお昼前から、こちらの現場で打ち合わせなどをさせてもらったりしましたが・・・

木組みの隅々まで丁寧に工事をしてくれていた事に感謝、感謝。

無事に屋根の下地まで工事も終わり、ルーフィングを敷いた上にシートで雨仕舞まで行い本日は無事に工事完了。

さて、明日からは外壁の下地や内部の造作へと工事が移っていきますが、引き続きよろしくお願いします。

そんな一日は此方の現場に主力の大工さんたちが集結していた為に他の現場の方はお休みさせていただいております。

しかし、明日からはまた其々の担当の大工さんたちが現場の方へ戻ります。

こうして大工さん同士が協力しながら進めている「はやしの家づくり」の現場の数々ではありますが、やはり最後はお客様へ感動としあわせを感じてもらえる家づくりとなるように・・・

其々の役割と責任感を持って、家づくりの理念に沿って前進してくれることでしょう。

「一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語」という一文ですが、これには私の「家づくり」というものへの全ての想いが詰まっています。

「一本の木から」とは、たとえ木材を一本しか使わないような作業でも工事の大小を問わず公平に・・・

「感動としあわせ」は、家づくりを通してお客様の心を動かせる、そしてその家から「しあわせ」を感じてもらえる・・・

最後に「物語」とは、家の完成形ではなく、家が完成を向かえるまでの過程に、そして家の完成後もつづくお話であるようにと・・・

10年ほど前に「私にとっての家とは?」を、とことんまで掘り下げて考えた全ての想いが詰まっています。

図面を見ても判断のつかない場面は「家づくり」を行う現場の中には何度もあるのは現場上りの職人だからこそ解かる現場の真実。

そうした工事の際にどうしようかと迷った時・・・

「はやしの家づくり」に関わる多くの職人さんがこの言葉を指針に舵を切れるようにと考えた一文です。

これは決して単なる宣伝の為に掲げる「売らんが為」の言葉ではなく、上記のような意味があるのだと、ブログを読んでくれた人に知ってもらえれば幸いです。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村 -->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

倉敷市老松町で住宅の軒裏ボードの張替え工事

2017-06-27 20:14:57 | 住宅修理・修繕工事物語
今日もどんよりとした雲が広がる一日となった岡山、倉敷。

ようやく梅雨らしい空模様にジメジメとした湿度の高い気候となりましたが・・・

それでも日中は雨の降ることなく過ごせたことはありがたい。

さて、そんな本日は倉敷市玉島上成での住宅リフォーム現場では本日、増築部分の建て方。

「ひろちゃん」を筆頭に4人の大工さんたちが事前にキザミを済ませていた構造材を組み立てていく作業、現場が奥まった場所だけにクレーン車なども用意できず・・・

久しぶりの「手起こし」となったようですが無事に棟まであがったようでひと安心。

午後からは別件での工事を済ませた「まっちゃん」、「川上さん」が応援に駆けつけて工事の手伝いをしてくれております。

さて、ここまでくれば少しばかり肩の荷が降りた感じがしますが、それでも工事はまだまだ序盤戦と気を抜くことなく明日も粛々と作業を進めていきましょう。

写真は本日、倉敷市老松で軒裏ボードの張替え作業をさせていただいたお宅で下地の材木を切る私。

こちらの現場には「川上さん」と一緒に工事に取り組みさせてもらいましたが、足場の悪い中でもコツコツと作業をすすめ午前中には無事にボード張りまで完了。

午後からは塗装の方へ「藤原くん」が向かってくれて無事に工事完了。

ここ最近は、殆ど現場で仕事をする姿を見せる事がなかったのですが、今日は久しぶりに誰かと一緒に現場で作業をさせてもらい気分一新。

改めて私自身で自分は「モノづくり」が好きなのだと思える時間を過ごせたことに感謝、感謝。

また次はいつになるか分かりませんが機会があれば私の作業風景をブログで紹介できればと思いながら、今夜はそろそろ店終いとさせてもらいます。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0,6㎥積みの生コン車で土間防湿コンクリート打設

2017-06-26 19:45:10 | 住宅リフォーム工事物語
昨日の日曜日の岡山、倉敷は午後から雨がどしゃ降り。

私も息子の親子サッカーにグランドに居たのですが、結局びしょ濡れになってしまいました。

しかし、此れも親子の中では良い思い出になるのだろうと前向きに捉えて充実した日曜日を過ごせた事に感謝。

さて週明けの月曜日は晴天とはいかないものの曇り空の一日、しかし夏を目前に暑くなる時期だけにこうした気候はありがたい。

特に屋外での工事となると直射日光が当たらないだけで随分と楽に感じますからね。

倉敷市玉島上成での住宅リフォーム現場では今日は土工さんが基礎の型枠外しの作業を行ってくれているようです。

私たちの方も大工のKさんこと、「ひろちゃん」を先頭に躯体補強の工事が進む現場。

明日は増築部分の建て方となる予定にその下準備をあわせてしてくれているものだろうと期待しています。

総社市久代での住宅リノベーション工事現場の方は遅れに遅れて本日、ようやく基礎の防湿コンクリートの打設が「まっちゃん」、「川上さん」によって施工されました。

本来は土工さんの工事ではありますが、どうしても工事日程の予定がつかずという事で今回は急遽、当社で施工。

この辺りの工事のノウハウもある彼らだけに今回もしっかりとしたコンクリートを打ってくれたようですが、それでも現場への周辺道路が狭いという事もあり特殊な生コン車を手配。

通常みかける小型の生コン車より一回り小さな3トン車両となり、一車辺りに生コンが0.6㎥しか積めない為に20車ほどの生コン車の数。

幸いにもポンプ車が現場につけれたのは幸運で、ここまでの段取りに四苦八苦しながらも何とかまとめてくれた「まっちゃん」に感謝です。

さて、後は間取りや躯体の変更によって増設される基礎の立上りの工事と進んでいく予定ではありますが、こちらは何とか今週末に土工さんの方が現場に来てくれる手筈となっているのでひと安心。

現場の方はまだまだ序盤戦、それでも竣工の時の施主さんたちの笑顔につながるように明日も懸命に取り組んでまいりますので宜しくお願いします。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

倉敷市西阿知で電線引込ポールの改修計画

2017-06-24 19:13:32 | 住宅修理・修繕工事物語
週末の土曜日の岡山、倉敷。

先ほどから雲行きが一気に怪しくなりパラパラと雨が降り始めた様子。

さて、昨夜はいつもお世話になっているゼネコンさんからの依頼で総社市にて某老健施設さんでの19:30から工事を行ってくれた「まっちゃん」、「川上さん」。

厨房の換気扇の取替えに合わせての天井修理という事ですが彼らに任せておけば安心だと何事もなくあたり前のように工事を終えてくれた事に感謝、感謝。

この「あたり前」が非常に大事で意外とできていない人が多いのは確か。

とは言っても「あたり前」という定義は立場や役割によって人それぞれ、特に私たちのように現地で「ものづくり」をする立場だと色々と複雑。

それは私たち「つくり手」が思う「あたり前」と、消費者となる「お施主さん」から思う「あたり前」の定義のずれ。

さらに協力業者さんとの意識の違い、「家づくり」とは決してひとりで成し得れるものではなく必ず多くの人の手を借りねばなりません。

その時の「元請け」と「下請け」との立場の違いに依る「あたり前」の相違も決して少なくはないのですが、この辺りは関連業者さんたちに少しづつでも歩み寄れるようにしていく必要があるのも確か。

其々の立場やシーンでついつい口にしてしまう事のある「あたり前」という言葉ではありますが、其処には其々の人、企業の理念があるようで単純なものではないのだと日々の中で苦労する事もあります。

話が大幅に脱線してしまいましたが、今日は土曜日ともあり少しばかりのスローペースでの仕事の取組みとなりました。

岡山市中区の倉庫で依頼されている追加工事に大工の「小野くん」、「しんちゃん」の方も自分の担当している現場へむかう今日の一幕。

昨夜が夜勤だった「まっちゃん」ですが、今日は依頼のあったお客さん宅の電気の引込ポールの不具合による修理計画の現場へ電気屋さんを連れてお伺いしたり・・・

「小野くん」が工事している現場へ忘れていた道具を運んだり、総社市久代の現場での施工管理などを行ってくれました。

「川上さん」の方は本日、自身の仕事がありお休みとなった土曜日となりました。

さて、明日の日曜日は私もしっかりとお休みさせてもらいまた、週明けに向けて鋭気を養う事にさせていただきます。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

総社市久代での住宅リノベーション工事現場の外装下地工事

2017-06-23 21:07:57 | 住宅リフォーム工事物語
今日も気温が上がり暑い一日となった岡山、倉敷。

それでも天候が悪いよりは作業が捗る事もあり、職人さんたちは今日も元気に現場へ向けて出動。

倉敷市栗坂で住宅リフォーム工事現場の方は今日からクロス屋さんが現場に入り、予め施工していた壁のクロス貼りの作業が開始。

以前は昔の和室で左官壁だったので光の反射などもなく薄暗い部屋というイメージがありましたが今回はその辺りも改善されて清潔で明るい部屋に生まれ変わるでしょう。

総社市久代での住宅リノベーション工事現場の方ですが、こちらも天候で順延となっていた2階の足場組みが行われました。

その為、現場を離れていた大工さんも今日からは此方へ戻って大工工事。

サッシの取付枠の組立を大工の「山口さん」、軒裏ボードの下地組を「まっちゃん」、「川上さん」で対応しながら工事をしてくれております。

できるなら仕上がりの良い佇まいになるように手間のかかる部分の作業ではありますが丁寧に施工してくれていた大工さんたちには感謝。

そんな本日ではありますが私は朝から打ち合わせの連続に倉敷→玉島→総社→真備と現場やお客さん宅を走り回った一日。

今週が事務仕事に時間を多めに使ってしまっていたので、現場の方へ殆ど顔を出せていない状況・・・

其々の職人さんからは写真や電話で報告を受けていましたが、それでも自分の目で現場を見る事は忘れてはいけない。

「家づくり」とは決して机上ではなく現場で行われているのだからと、其々の現場を見て回れたことで新しい発見や仕上がりへ向けての修正なども指示ができます。

任せる所は任せ、自分でやるべき所は自分で行うというメリハリを持って、皆で一丸となり「はやし」の家づくりの思想を現場で具現化できるようにと明日もがんばります。

さて、今日は以前からご依頼をいただいていた倉敷市真備町での屋根瓦の葺き替え計画もご注文いただきました。

今回は相当に大きな家屋ともあり、事前の準備や関連業者さんたちにも工事までの準備期間にしっかりと余裕をもってのぞみたい所。

特に屋根という雨の影響を一番受けやすい場所だけに事前の段取りをしっかり行い、工期を短くスムーズに進めるように工夫していきます。

その為、お盆明けからの着手で取り組む予定とさせていただき、しばらく期間は空いてしまいますがどうぞご理解のほどを宜しくお願いします。

一本の木から始まる感動としあわせの家づくり物語 林建設 林俊文

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へにほんブログ村 -->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加