リンポウアカデミア

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

西洋音楽史170103-2

2017-01-03 12:00:23 | 日記

放送大学西洋音楽史。岡田暁生、あけお、京都大学教授。ロマン派。音楽の大衆化により、きわめて広汎な聴衆が存在したという。大音量と「効果」で、音楽の「マス化」が行われたという。リヒャルトシュトラウス。映画「2001年宇宙の旅」でも使われた音楽だそうだ。「コンサート」という制度は、19世紀のものだという。コンサートホールのような大空間は、18世紀には存在しなかったという。「音楽」の枠組みの大半は、19世紀のものだという。音楽を一種の宗教として聞く聞き方だという。(感想)1980年代のソニーの「ウォークマン」って、結構革命的な商品なんだね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西洋音楽史170103 | トップ | パーキンソン病の非精神症状1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。