リンポウアカデミア

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

人気記事林家日記161015

2016-10-15 04:17:42 | 日記

人気記事、林家日記、2016年5月6日の記事である。約5か月前の記事である。「林勇蔵日記」によると、林家の日記で一番最初のものは、「手控」で、文政12年の冊子である。文政2年とは、1829年である。187年前である。明治元年が1868年だから、明治維新(明治維新の年号には、諸説ある)の39年前である。元治元年の日記には、9月、大庄屋(おおじょうや)昨夜帰宅、今八ツ時出勤、と書いてある。元治元年とは、1864年である。明治元年の4年前だ。同日、「御代官井上聞多様昨日東津御僑居へ御移り、晩刻より山口へ被成御越事、御手子孫三御供」と書いてある。井上聞多とは、井上馨(いのうえ かおる、天保6年11月28日(1836年1月16日) - 大正4年(1915年)9月1日)のことだから、井上馨が28歳のとき、山口に行ったことが日記に記されている。「林勇蔵日記」によると、林勇蔵は、文化10年7月16日に、吉敷郡矢原村(現山口市)、山田和吉(酒造業)の四男として生まれる。文化10年とは、1813年だから、203年前だ。慶應1年2月8日に、諸隊全軍が萩へ進出のため、美祢(みね)軍大田村へ終結する(53歳)。慶應元年は、1865年である。慶應元年1月8日に、小郡宰判地下役人28名が集会し、軍夫を派遣して諸隊方を援助することを決める。1865年である。1865年は、151年前である。慶應元年1月10日に、大田村川上口の戦いで、諸隊方の狙撃隊が幕府軍を撃退する。1865年である。林勇蔵の死去は、明治32年9月24日である(87歳)。明治32年は、1899年である。1899年は、117年前である。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人気記事東京パラリンピック1... | トップ | 人気記事退職金返還請求161015 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。