リンポウアカデミア

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人気記事フィガロの結婚161031

2016-10-31 08:29:49 | 日記

人気記事フィガロの結婚。2016年9月14日の記事である。約1か月半前である。モーツァルト歌劇「フィガロの結婚」。ウィキペディアによると、原作は喜劇「セビリアの理髪師」(第1部 1775年 / パイジエッロ(1782年)、ロッシーニ(1816年)がオペラ化した)、正劇「罪ある母(英語版)」(第3部 1792年 / ミヨー(1964年)がオペラ化)とともにフィガロ三部作と呼ばれている。 「フィガロの結婚」は前作「セビリアの理髪師」の好評を受けての続編。正式な題名は「狂おしき一日、あるいはフィガロの結婚」(La Folle journée, ou le Mariage de Figaro)。この戯曲は1786年にパリで初演され、前作以上の評判を得た。封建貴族に仕える家臣フィガロの結婚式をめぐる事件を通じて貴族を痛烈に批判しており、度々上演禁止に遭った。このような危険な作品をオペラ化し、神聖ローマ皇帝ヨーゼフ2世のお膝元ウィーンで上演できた理由は不明だが、ダ・ポンテの自伝によれば、彼がうまく皇帝を懐柔して許可を得たことになっている。ウィーンのブルク劇場で1786年5月1日、モーツァルトが30歳の時に初演。ある程度の好評を得たが、原作の貴族批判は概ね薄められているとはいえ危険視する向きもあり、早々にマルティン・イ・ソレールの「椿事」(Una cosa rara)に差しかえられてしまった。モーツァルトが次に書いたオペラ「ドン・ジョヴァンニ」の後半で、「椿事」の一節に続き「フィガロ」の「もう飛ぶまいぞこの蝶々」の一部を演奏している。こうしてウィーンでは期待したほど人気を得られなかったものの、当時オーストリア領だったボヘミア(現在のチェコ)の首都プラハの歌劇場で大ヒットした。作曲者も招かれて有意義な時を過ごし(この時に交響曲第38番「プラハ」K.504を初演している)、新作オペラの注文までもらえた。これが翌年初演した「ドン・ジョヴァンニ」K.527である(同じくダ・ポンテのリブレットによる)。日本初演は1941年6月に東京音楽学校で行われた。舞台初演は1952年。(感想)このオペラの教訓は、(1)結婚はよく考えてからすべきである、(2)結婚生活は退屈である、ということだと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人気記事死亡予定日161031 | トップ | 政治塾161031 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。