リンポウアカデミア

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

静岡県161126

2016-11-26 00:35:55 | 日記

静岡県、「私のCasa、家」。日系ペルー人のAさん。Aさんの母親が、ミシンを置いたままで、ペルーに帰った。Green Kids。Direとは、Directorテレビのディレクターのように、「言う」という意味のはずである。poco partireとは、a litte far.ということで、遠くにいる、別れているといった意味である。possibiliとは、possibilityのことで、「可能性」という意味のはずである。月一回、団地で開かれている、朝市。手作りのお菓子は、1つ100円。これも、大事な収入だ。ペルーでは、死者を土葬するという。Bさんの夫は、「家もお金も、何も残してやれなかった」。と言っていた。夫は、「ペルーだったら、1年も持たずに、死んでいただろう」と言っていたそうだ。Bさんは、掃除の仕事をしている。東新街団地に住む、573人。ある自動車工場の下請け工場へ、人材を派遣している。リーマンショックの後、日本企業で働く日系ブラジル人を解雇した。日系ブラジル人4世のCさん。父は、夜勤で工場に勤めている。「日本に育ってきたけど、全然、日本人には見られない」。「私たちは、日本では、好きな仕事ではなく、やれる仕事をしているのです」。庭の植木すら、閉鎖的に見えます。「日曜礼拝」。たぶん、聖書からの引用だろう。「戸を叩けよさらば開かれん」。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の夕食161125 | トップ | 孫子161126 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事