リンポウアカデミア

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

人気記事161013-2

2016-10-13 05:41:42 | 日記

人気記事騎兵隊。2016年9月24日付けの記事である。サンデー山口、2016年9月24日付け。1964年、52年前、元治元年10月。騎兵隊は、三田尻から徳地に転陣。日本初の近代戦術実戦配備など、彼らは、徳地に大きな足跡を残した。長州藩が朝敵とされた、1864(元治元年、俗論(保守)派と正義(改革)派の激しい権力争いで、正義派の象徴的存在、騎兵隊は、徳地出雲地区に転陣、駐屯した。徳地入り直後には、隊士規則、輸示が隊士全員に発せられた。また、山縣有朋によって、日本で初になる近代戦術の実戦配備もされた。山縣 有朋(やまがた ありとも、天保9年閏4月22日(1838年6月14日) - 大正11年(1922年)2月1日)は、日本の武士(長州藩士)、陸軍軍人、政治家。階級位階勲等功級爵位は元帥陸軍大将従一位大勲位功一級公爵。内務大臣(初、第2、第3代)、内閣総理大臣(第3、9代)、元老、司法大臣(第7代)、枢密院議長(第5、9、11代)、陸軍第一軍司令官、貴族院議員、陸軍参謀総長(第5代)などを歴任した。長州藩領内の蔵元仲間[注 2]三郎有稔(ありとし)の子として生まれた。幼名は辰之助、通称は小助、のち小輔、さらに狂介と改名。明治維新後は有朋の諱を称した。高杉晋作が創設した奇兵隊に入って頭角を現し、後に奇兵隊の軍監となる。明治政府では軍政家として手腕をふるい、日本陸軍の基礎を築いて「国軍の父」とも称されるようになった。官僚制度の確立にも精力を傾け、門閥や情実だけで官僚文官官吏が登用されることのないように文官試験制度を創設し、後進を育成[1]。山縣が軍部・政官界に築いた幅広い人脈は「山県系」「山県閥」などと称される。晩年も、陸軍のみならず政官界の大御所、「元老中の元老」[2]として隠然たる影響力を保ち、「日本軍閥の祖」の異名をとった。ただし国政に深く関与するようになってからも、自身では「わしは一介の武弁」と称するのが常であった。伊藤博文と並び、明治維新期に低い出自から栄達を遂げた代表的人物である。自身が得た最高位の階級は陸軍大将だが、元帥府に列せられ元帥の称号を得ており、元帥陸軍大将と呼称された。国外でも大英帝国のメリット勲章など、勲章を多数受章している。天保9年(1838年)、萩城下近郊の阿武郡川島村(現在の山口県萩市川島)に、長州藩の中間・山縣三郎有稔(さぶろうありとし)(中村喜左衛門の子)の長男として生まれる。足軽以下の中間身分ながら将来は槍術で身を立てようとして少年時代から槍の稽古に励んでいた。このころ友人、杉山松助らに松下村塾への入塾を勧められるも、「吾は文学の士ならず」として辞退したともいわれる。安政5年(1858年)7月、長州藩が京都へ諜報活動要員として派遣した6人のうちの1人として、杉山松助、伊藤俊輔らとともに上京し、尊皇攘夷派の大物であった久坂玄瑞、梁川星巌、梅田雲浜らに感化を受け9月に帰藩後に久坂の紹介で吉田松陰の松下村塾に入塾したとされる。松陰門下となったことは出自の低い山縣や伊藤らが世に出る一助となったと考えられる。山縣が入塾したとされる時期から数か月後に松陰は獄に下り刑死することになったため、山縣の在塾期間は極めて短かったと考えられる。しかし彼は松陰から大きな影響を受けたと終世語り、生涯「松陰先生門下生」と称し続けた。文久3年(1863年)、高杉晋作の奇兵隊創設とともにこれに参加し、武芸や兵法の素養を活かして頭角を現す。高杉は身分にとらわれずに有能な人材を登用したため、低い身分であった伊藤や山縣などが世に出るきっかけを与えた。松下村塾と奇兵隊の存在により、幕末の長州藩からは伊藤や山縣のように、足軽以下の平民と大差ない身分の志士が多く出ている[注 3]。 同年12月、高杉が教法寺事件の責を負い総督の任を解かれた際には3代目総管・赤禰武人とともに奇兵隊軍監に就任し、赤禰が出奔した後は事実上実権を握った。慶応元年(1866年)に四代目総管に就任し、長州征討で高杉と共に活躍、戊辰戦争では北陸道鎮撫総督、会津征討総督の参謀となった。明治2年(1869年)、維新の功によって賞典禄600石を賜っている。明治維新後、陸軍大輔時代の山縣(明治5年)。明治2年(1869年)に渡欧し、各国の軍事制度を視察する。翌年アメリカ経由で帰国。その後は大村益次郎の実質的な後継者として西郷隆盛の協力を得ることで軍制改革を断行、徴兵制を取り入れた(徴兵令)。明治5年(1872年)、陸軍出入りの政商・山城屋和助に陸軍の公金を無担保融資して焦げ付かせる。いわゆる山城屋事件である。山城屋の証拠隠滅工作により山縣に司法の追及は及ばなかったが、責任を取る形で明治6年(1873年)4月に陸軍大輔を辞任。しかし山縣に代わりうる人材がなく、同年6月に陸軍卿で復職した。参謀本部の設置、軍人勅諭の制定に携わった。明治10年(1877年)に勃発した西南戦争では参軍として官軍の事実上の総指揮を執ったため、さながら薩摩閥と長州閥の直接対決の様相を呈した。錬度や士気で優る薩軍に対し、装備と物量、兵力で対抗して鎮圧した。9月に最後の城山の戦いでは、西郷へ自決を勧める書状を送った[注 4]。明治16年(1883年)には内務卿に就任して、市制、町村制、府県制、郡制を制定した。明治21年(1888年)12月2日よりヨーロッパ各地へ視察旅行に出る。そのため、翌・明治22年(1889年)2月11日の宮中での大日本帝国憲法発布式典には臨んでいない。伊藤博文も遊学しており、当時「シュタイン詣で」とさえ言われるほど日本政府の要人らがウィーンの憲法学者ローレンツフォンシュタインを訪れていたが、山縣も訪問している。ほかグナイスト、クルメツキ、ビスマルク、ヴィルヘルム2世らのもとを訪問。10月2日に帰国。政治家の頃の山縣、明治22年(1889年)、長州出身の陸軍軍人としては初めて内閣総理大臣に就任(第1次山縣内閣)し、日本最初の帝国議会に臨んだ。超然主義をとり軍備拡張を進める。第1回帝国議会では施政方針演説において「主権線」(国境)のみならず「利益線」(朝鮮半島)の確保の為に軍事予算の拡大が必要であると説いた。明治23年(1890年)10月30日に教育勅語を発布。明治24年(1891年)に辞任[注 5]し、元老となる。日清戦争では、56歳にもかかわらず第一軍司令官として自ら戦地に赴き作戦の指揮をとった。「敵国は極めて残忍の性を有す。生摛となるよりむしろ潔く一死を遂ぐべし」と訓示している。配下の第5師団が平壌を陥落させるなど戦果はあげていたものの山縣自身は体調を崩し、明治天皇に「病気療養のため」という勅命で戦線から呼び返されている[注 6]。明治31年(1898年)、第2次山縣内閣発足。明治32年(1899年)、文官任用令を改正[注 7]。 文官懲戒令、文官分限令を公布。明治33年(1900年)3月10日、政治結社・政治集会の届出制および解散権の所持、軍人・警察官・宗教者・教員・女性・未成年者・公権剥奪者の政治運動の禁止、労働組合加盟勧誘の制限・同盟罷業(ストライキ)の禁止などを定めた治安警察法を制定し、政治・労働運動などの弾圧を進めた。続いて3月29日には、衆議院議員選挙法を改正し、選挙権を地租または国税15円以上から10円以上に緩和(さらに、国税は過去3年間から2年間に緩和。地租は1年間で変化無し)すると共に、小選挙区制(一部完全連記制の中選挙区制)から大選挙区制(一部小選挙区)に改めた。市制を執行している自治体は、それぞれ独立した選挙区とし、都道府県の郡部でそれぞれ1選挙区とした。このため、東京・大阪・名古屋などを除く大部分の都市は人口が少なく、定数1の小選挙区となった。また、記名投票を秘密投票に改め、小学校教員の被選挙権を禁止した。山縣は政党政治を嫌い、議会勢力と一貫して敵対した(超然主義)。小選挙区制は強大な政党が生まれやすい(デュヴェルジェの法則)ことから、死票が少なく中小政党でも議席を獲得しやすい大選挙区制に改めて小党を分立させれば議会の懐柔がしやすくなるという計算があった。また政党が農村部で発達し始めたことから、選挙区の組み替えや国税納付の資格を緩和することで、これまでの地盤を破壊しつつ中央政府や主要都市部の意向を反映した議員を生み出しやすくする狙いがあったといわれる。もっとも、小選挙区が残ったこと、政党(政治)そのものが発展途上の時期であったことなどから、大選挙区制の下でも議席は大政党への集中が進んだ。同年10月辞任[注 8]。陸軍・官僚の大御所以後、陸軍・内務省・宮内省・枢密院等にまたがる「山縣系官僚閥」を形成して、陸軍出身では桂太郎や寺内正毅、官僚出身では清浦奎吾や平田東助らの後ろ盾となって政治に関与するようになる。日露戦争で参謀総長として日本を勝利に導いたこと、伊藤博文が暗殺された事も加わり、明治末期から大正初期にかけて山縣の発言力は増大したが同時に反感反発も大きくなった。山縣は、軍事専門家としての見地から対外協調の重要性を認識しており、大正4年(1915年)の対華21ヶ条要求を批判した。山縣が政党を嫌った理由として、対外硬派が政党に多く存在したことが挙げられる。軍部大臣現役武官制の制定も、政党政治家が無謀な戦争に走ることを避けるためと考えられている。だが、桂の自立(大正政変を参照)、大正デモクラシーや社会運動の高揚、第1次世界大戦など、山縣は次第に時代の変化についていけなくなり、桂の死後には寺内や清浦らも独自の道を歩みだすようになる。そのような中で政党内閣の時代を迎え、やがて宮中某重大事件を巡る対応の拙さから山縣の政治的な権威は大きく失墜した。このころまでに日本は著しい経済成長を遂げており、国内総生産は明治18年(1885年)から大正9年(1920年)までに3倍に成長し、大戦景気に沸いた第一次大戦後には債務国から債権国へ、輸入超過国から輸出超過国へと転換した。さらに戦勝国として南洋諸島のドイツ権益を引き継ぐなど日本の国際的地位も上昇したが、山縣はむしろ日本の急成長によって欧米人(とくに日本と同じく大戦を契機に急成長を遂げたアメリカ合衆国)が黄禍論をどんどん強めていることに不安に感じていた。第一次世界大戦中には「黄色人種に対して白色人種が同盟を組んで対抗してくるような事態を防ぐため、何か手段を講じることは非常に大切である」と書いている[5][6][7]。大正9年(1920年)にはスペインかぜに罹患するが回復。宮中某重大事件と原敬暗殺の後ほどない大正11年(1922年)2月1日、失意のうちに肺炎と気管支拡大症のため小田原の別邸・古稀庵で逝去する[8]。83歳没。葬儀は同年2月9日に国葬として行われた。当時の大阪朝日新聞は、その様子を以下のように伝えている。棺は午前8時40分ごろに、安置されていた大蔵大臣官邸を出発。当時病身であった喪主の伊三郎や田中義一、島村速雄、山梨半造などといった面々が、棺を載せた砲車につき従った。斎場の日比谷公園近くでは群衆が押し寄せ、その一部は当時建設中の帝国ホテルの敷地内まで入り込んだ。斎場の幄舎は二棟建てられ「一万の参列者を入れる為」の規模であったが、実際には「二棟で一千にも満たず雨に濡れた浄白な腰掛はガラ空き」という状態であった。来賓席の最前列には東郷平八郎が座り、その他将官も礼装に威儀を正して「軍国の花が一時に咲き揃った様」とも言われた。来賓や親族の拝礼が終わると一般人の拝礼が許されたものの、「一般人」の内実は山縣家から入場券を送られた相手であり、そのうち「狂介の昔から元帥と時めく迄の友人或は世話になった書生下女の家の子郎党」ばかり700名が拝礼した。国葬のあと、棺は護国寺に運ばれ、そこに埋葬された[9]。戒名は報国院釈高照含雪大居士[8]。当時、東洋経済新報社の記者は石橋湛山は大正11年2月11日『小評論』のコラムにおいて「死もまた社会奉仕」を発表し、山縣の政治権力を「国会を憂うる至誠の結果」と評し、宮中某重大事件に関しても湛山は至誠から出た行為と評しつつも、「世の中は停滞せざる新陳代謝があって、初めて社会は健全たる発達をする」ことを指摘し、「人は適当の時期に去り行くのもの、死もまた一の意義ある社会奉仕でなければならぬ」と評している。山縣の死とともに薩長による寡頭的な藩閥支配はほぼ終焉した。元老は軍に強い影響力を持たない松方正義(彼も約2年半後に病没)と西園寺公望のみとなり、政府と軍を調停する機能を大きく失った。山縣の生活は規則正しく、質素倹約なものであった。午前6時の起床後はタオルで体を拭き、食後には槍を振るった。外見としては痩せた長身であり、上前歯が突出していた[10]。部下たちは密かに「反歯伯」と呼んでおり、井上馨の見合いの際には廊下で花嫁候補とぶつかり前歯で怪我をさせたと言われる[11]。早くから長州奇兵隊や新政府軍の中枢を任された山縣は軍政家[10]であり、兵を率いて前線に立ち軍功を上げるということはそれほど多くはなかったが、日清戦争で元首相でありながら第一線に立ったほか、日露戦争でも満洲軍総司令官就任を希望していた(結局大山巌が就任)[12]。明治以降の日本史上で、軍人として前線に立った首相経験者は山縣だけである[要出典]。風雅の道と普請道楽、和歌を詠み、また漢詩、仕舞、書を好んだ。茶人として、また普請道楽、造園好きとしても知られる。東京の椿山荘、京都の無鄰菴、小田原の古稀庵庭園は、山縣が自ら想を練り岩本勝五郎や7代目小川治兵衛をして築かせたものである[13][14]。これらは山縣の好みに従った自然を活かした構成であり近代主義的・自然主義的日本庭園とも言えるもので[15]、伝統的な日本庭園とは一線を画していた(#邸宅・記念館も参照)。山縣三名園[16]、椿山荘庭園 1万8千坪。富士山、筑波山、房総の山々を見渡す広大な庭。ドイツ帝国宰相ビスマルクと参謀総長大モルトケを深く尊敬していた。椿山荘の居室の暖炉の上にはビスマルクとモルトケの銅像を飾っていたという[18]。明治30年代(1897年 - 1906年)には社会主義が勃興しつつあり、「社会」という言葉に対してさえも政府が敏感であった頃の話である。第2次山縣内閣の時、ある政府の役人が、日本の大学に社会学のようなものを置いてはいかんと言った。すると山縣は、一体どこで誰が社会学をやっているのかと問うた。それに対して、それは東京の文科大学で、建部という教授が担当してやっていますと答えると、山縣は「建部がやっているのか。それならいいじゃないか」と言ったので、その結果、この時期の日本の最高学府において社会学が潰されてしまう危機を脱することが出来た[19]。明治の元勲として陸軍の基礎を作ったことから、軍部への影響力は大きなものがあった。これと見込んだ軍人や官僚を要職に就けて見捨てることがなく、これが自然と「山県系」ともいえる人脈を形成した[20]。 しかしこれは同時に元長州藩出身の人材ばかりを要職に就かせる手法にも見え、長閥として嫌う者も多かった(ただし実務を担う官僚については、熊本県出身の清浦奎吾・山形県出身の平田東助・兵庫県出身の田健治郎など藩閥外の人物も多く抜擢している)。また近代日本初の大掛かりな汚職疑惑に絡み、肥前の佐賀藩出身である江藤新平を戴く司法省の厳しい追及にあって一旦は辞職もしている(山城屋事件)。大正元年(1912年)に起きた「陸軍二個師団増設問題」において、第2次西園寺内閣の陸軍大臣であった上原勇作に辞表を提出するように意見書を出している[注 9]。 陸軍内部でもこの問題への賛否が分かれていたが、最終的に辞表は提出された。そして山縣の思惑通り、新たな陸軍大臣が推薦されることはなく内閣は総辞職に追い込まれ[注 10]、第3次桂内閣が発足するに至った[注 11]。 寺内正毅の失脚・没後から、その勢力は急速に衰退していたが、山縣の死去をもって長州閥勢力の終焉は決定的となった。吉田松陰の文章における山縣の初出は、安政4年(1857年)9月26日付の岸御園宛書簡である。同書簡中、「有朋の如何なる人たるかを知らず」とその人物を岸に照会していることからも、来塾前の山縣が松陰と一面識もなかったことがわかるが、後に入江杉蔵にあてた文書では「群材」の1人として「小助(山縣)の気」を評価している。[21]超然主義の領袖として自由民権運動の弾圧や大逆事件を積極的に推し進めたほか、そして宮中某重大事件での宮中への必要以上の容喙などから山縣の人気は生前から低かった。山縣の権威が失墜した宮中某重大事件は、西園寺公望が山縣に相談したことをきっかけに山縣が動き始めたものであったが、世間では藩閥間の対立ばかりが強調されて捉えられて(皇太子妃候補の久邇宮良子女王は旧薩摩藩主島津忠義の孫にあたるが、薩摩藩は古くから皇族・公家や幕府との強い縁戚関係を結んでいた)、結果的に山縣1人が「悪者」となった側面もある。しかし、この事件をきっかけに山縣を追い落とそうとした勢力が強かったということや、それを後押しした世論が大きかったことを考えれば、山縣に対して反感を抱いていた人がいかに多かったかを示した事件との見方がなされている。山縣有朋、やまがたありとも。ウィキペディアを参照した。昭和天皇は、終戦直後の昭和20年(1945年)9月に皇太子・明仁親王へ宛てた手紙の中で、「明治天皇の時には、山県、大山、山本等の如き陸海軍の名将があったが、今度の時には、あたかも第1次世界大戦の独国の如く、軍人が跋扈して大局を考えず、進むを知って、退くことを知らなかったからです」と、陸海軍の名将として大山巌・山本権兵衛とともに山縣をあげている[22]。立憲政友会総裁の原敬(東北の盛岡藩出身)は山縣の外国への慎重姿勢を指摘し、山縣が生きている限り日米戦争は起こらないと発言していた[23]。なお、山縣は原を評価し、対抗関係にありながらも内閣総理大臣としての原を支持しつづけ、また影響力を行使しようとしていた。原が暗殺された折には深く嘆いたともいわれる。一方で原も山縣を高く評価し、山縣の影響力を十分承知して巧みに懐柔していった。だが『原敬日記』では、山縣がもつ異常なほどの権力への執心、勲章好きについては嫌悪を表しており、軽蔑の意を込め「あれは足軽だからだ」(実際の山縣は足軽以下の中間出身)と述べている[注 12]。山縣と同じく長州閥出身で大勲位となった伊藤博文と対比され「含雪公(山縣)と春畝公(伊藤)ほど対照的で、且つ力量の似通った一対も珍しい」と評された。現実に両者の政治姿勢は全く違うものであったが、当人たちの仲は非常に良く、お互いの良き相談役であった。尾崎行雄は両者の特徴を次のように評している。「山縣は面倒見が良く、一度世話したものは死ぬまで面倒を見る。結果、山縣には私党ができる。一方、伊藤はそのような事はしない。信奉者が増えるだけで是が非でも伊藤の為に働こうとする者はいなかった。しかし伊藤はそれを持って自己の誇りとしていた。」[24]。なお、伊藤博文は山縣とは対照的に邸宅や金銭に対する執着が無く(女好きとしては有名だった[25])、死去した時に財産らしい財産は残していない。後年の評価。政党政治に敵対し、藩閥政治を推進し、社会運動を弾圧した山縣は歴史家から大きなマイナスの評価を与えられてきた[26]。有馬学は明治から現在に至る山縣論を分析して、山縣が個人的なパーソナリティーや政治姿勢及びその実像とは離れたところで、「近代日本の暗部」であり「否定されるべき存在」として「象徴化」「記号化」されて語られてきたとする。また有馬は明治末期から山縣の死の前後まで「否定の対象」として語られていた山縣が、大正11年の死から昭和戦前期にかけて「否定の対象としても忘れ去られ」、第二次大戦後の軍国主義批判の中で批判的にとらえられ、「軍国主義者」「帝国主義者」「反動」「ファシスト的」「巨魁山縣有朋」など著しくマイナスの評価を与えられ続けたと指摘する[27]。しかし近年、イデオロギー的文脈から切り離した山縣の実像に迫る分析がジョージ、アキタ(George Akita)、伊藤隆らにより試みられている。そこからは、下関戦争や三国干渉の苦い経験を経て列強への警戒感をもち続け、欧米人対アジア人の「人種戦争」を憂慮する「日中提携論者」であり、アメリカとも対立すべきでないと説く「外交的にきわめて慎重な姿勢[28]」をとり続けた政治家という、従来の軍国主義的人物像とは異なる山縣の姿が浮かび上がる[29][27]。(感想)山縣有朋のような権力と賞状への執着は持たない方がいいと思った。私に賞状を与えてはならない。行動が制約されるから。ところで、自宅の近くの川は、せせらぎの音は聞こえるが、水の流れが速すぎる。上水道の工事が必要かも知れない。(感想)2016年9月24日に川のせせらぎが聞こえていたようだが、20日経った今日は、川のせせらぎは聞こえない。それだけ、水がすくなくなってきたということだ。いつ水が尽きるのかは分からないが、単純計算すると、20日後の、11月の初めに水が尽きる可能がある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人気記事駿台予備校の恩師161013 | トップ | 人気記事ライフライン161013 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。