リンポウアカデミア

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

大往生161013

2016-10-13 09:29:23 | 日記

カウントダウン。あと、18日。ただ、よく分かりません。2016年9月4日のブログより。約1か月前のブログである。「大往生したけりゃ医療とかかわるな」。対症療法。たいしょうりょうほう。広辞苑によると、患者に症状に対応して行う療法。高熱に解熱剤を用い、疼痛(とうつう)に鎮痛剤を用いる類。比喩的に、根本的な解決にならない当面の方策にも使う。「対症療法で収支を合わせる」。自然死とは、飢餓(きが)、脱水(だっすい)である。死に際は、命の火が消えかかっているから、腹も減らない、のども渇かないのである。「大往生したけりゃ医療とかかわるな」によると、人間は、極限状態になると、脳内にモルヒネ様物質が分泌されるそうだ。自然死とは、飢餓と脱水である。死に際の飢餓は、「腹も減らない」。飢餓では、脳内ではモルヒネ様物質が分泌され、いい気持ちになるそうだ。死に際になると、呼吸状態も悪くなるそうだ。酸素が欠乏する状態、酸欠(さんけつ)状態になるそうだ。酸欠状態になると、脳内に、モルヒネ様物質が分泌されるそうだ。だから、気持ちいいそうだ。死というのは、自然な営みだから、「まどろみ」のうちに、この世からあの世に移行するそうだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 停止が多すぎる161013 | トップ | ヴァーチャルリアリティー161013 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。