リンポウアカデミア

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

産業革命161220-2

2016-12-20 21:29:30 | 日記

松方財政。銀本位制。1890年恐慌。日本銀行。清国から多額の賠償金を得た。1897年、明治30年、貨幣法。金本位制を採用した。特殊銀行設立。繊維産業を中心に、資本主義が成立するに至った。日本郵船会社。紡績業。綿糸、綿織物。紡績業の勃興の前提となった。渋沢栄一が、「大阪貿易会社」が、蒸気機関。輸出量が、輸入量を上回った。朝鮮、満州市場。1909年。生糸輸出。日露戦争後、最大の生糸輸出国になった。1889、明治29年。1891年、上野、青森間が全通した。1906年、第1次西園寺内閣。鉄道国有法。北九州の筑豊一帯。金解禁。1929年。立憲民政党。濱口雄幸。1930年。金輸出解禁。ニューヨークで、世界恐慌。「昭和恐慌」。不況カルテル。1930年、豊作のために米価が押し下げられた、豊作貧乏になった。欠食児童や、女子の身売り。労働争議、小作争議。円売り、ドル買い。濱口雄幸。1930年、日中関税協定を結んだ。ロンドン海軍軍縮会議。ロンドン海軍軍縮条約。補助艦。立憲政友会。濱口首相が、東京駅で、狙撃された。満州事変。幣原喜重郎の協調外交に対する反発。1931年、柳条湖事件。満州事変が始まった。第2次若槻礼次郎内閣。関東軍が戦線を拡大した。12月に、犬養毅が組閣した。1932年、昭和7年。溥儀。満洲国を成立させた。アメリカは、不承認宣言。リットン調査団。政党内閣の崩壊。1931年、昭和6年。「10月事件」。「血盟団事件」。海軍青年将校が、犬養毅首相を殺害した。5,5,5事件。1932年、昭和7年。日満議定書。国際連盟は、1933年。満洲国は、日本の傀儡国家であると認定した。松岡洋右らは、退場した。日本は、国際連盟を脱退した。1933年、昭和33年5月。タンクー停戦協定。1934年、昭和9年。1936年、第2次ロンドン海軍軍縮会議を脱退。1931年。立憲政友会。金輸出。円の金兌換を停止した。日本は、管理通貨制度に移行した。綿織物の輸出拡大は目覚ましかった。イギリスは、ブロック経済。「Social Dumping」と言って、批判した。1933年、昭和8年、世界恐慌以前の水準に回復した。産業が、軽工業中心から、重工業中心に転換した。農村救済運動。1932年。日本国家社会党が結成された。1933年。2,2,6事件。1934年、「国防の本義」。「天皇機関説問題」。「国体明徴声明」。皇道派と統制派が対立していた。広田弘毅。1936年、昭和11年。林銑十郎内閣も短命に終わった。第1次、近衛文麿内閣。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日露戦争161220 | トップ | 下痢気味161221 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。