リンポウアカデミア

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

食パン161019

2016-10-19 16:35:21 | 日記

食パン。しょくぱん、ウィキペディアを参照した。食パン(しょくパン)とは、大きな長方形の箱型の型で焼いたパンのこと。 似たようなものにイギリスパンがあるが、イギリスパンの焼く箱は上方が空いているのに対し、食パンは四方がふさがっている。そのため、イギリスパンは一面が丸みを帯びているのに対し、食パンは四角く凝縮されたものとなる。食パンとは、生地を発酵させ、大きな長方形の箱型の型に入れて焼いたパンのことである。薄く切ってトーストにして食べたり、サンドイッチに用いる。形により「山型食パン(ラウンドトップ)」、「角型食パン(プルマンブレッド)」、「ワンローフ」などに分類される。18世紀ごろにイギリスで、カナダ産強力粉を原料として金型に入れて焼いた山型食パンの製造が開始された。 「ティンブレッド(tin bread)」とも呼ばれる。イギリス系の植民地や食文化が世界に拡散するとともに、ブリキの箱(tin box)で焼くパンも全世界規模で広まった。かつて、やわらかく白いパンは豊かさの象徴だった。製パン工場で大量生産される廉価なローフブレッドによって、貧困層も従来より高品質な食事で命をつなぐことができるようになり、自家製パンの労働からも解放されたが、手間のかかる郷土料理やホームベイク文化の消失にも繋がっている。「食パン」という語は日本での造語である。「食パン」は日本における呼称で、フランス語では「pain de mie」(パンドゥミー)と呼称されるタイプが広く嗜好され、日本でもこの名称で販売されている。英国の山形白パンやフランスのパンドミなどに起源を持つ日本の食パンであるが、日本人は日本人の食感で、材料比率形焼き加減などを変え、英仏の原型とはいささか異なった独特のものにして食べている。台湾では日本語教育が行われた歴史があり、日本語の影響を強く受けた台湾語では食パンとトーストを「ショッパン」(白話字:sio̍k-pháng)と呼称している。一般的には国語が使われるので吐司(Tǔ sī)と呼ばれている。焼いていないものは白吐司。原型になっている英仏のパンと、日本流の「食パン」をひとまとめにしてしまうのは多少問題があるが、日本語の語彙体系で言えば双方が「食パン」に分類されてしまうので、あわせて説明する。日本の食パンは焼き型に蓋するため四角形だが、イギリスでは焼き型に蓋せず上部が盛り上がった山形である[注 1]。 近年、大都市部のパン職人はフランス、ドイツ流のサワードウ発酵パンを主流とし、伝統的なローフブレッドは田舎町のパン工房や観光地で探したほうが見つけやすい状況にある。フランスでは「pain de mie パン・ド・ミ(パン・ドゥ・ミ)」と呼ばれる。フランスはパンの種類が多様であるが、その多くが外側が濃い色にパリパリと固く焼きあげられたものである。フランス語で「mie ミー(ミ)」というのは、パンの内側の、やわらかい部分を特に指す語である。つまり「やわらかいところ(だけ)でできたパン」といった意味の表現である。フランスでは日本のものに比べてやや小振りなタイプが広く嗜好されている[8]。とは言ってもフランスでは朝食ではクロワッサンなどが主流であるし、サンドイッチに使うパンはあくまでバゲット類が主流なので、全体の流通量に占めるパン・ド・ミの割合はかなり小さい。西洋で日本のように柔らかい食パンは焼かれないので、驚かれることが多いが、愛好する外国人もいる。日本の食パン。明治初期に日本へイギリスの山型白パンが伝わり、主に外国人向けに製造され、神戸では米騒動を期に食パンが朝食用途に用いられた[9]。戦後、サンドイッチを食する占領軍兵士の要望を受けて、角型食パンが8枚に切り分けて販売される。後年に食パンの食感が日本人の嗜好へ調整されるようになった。トーストでの供食に好まれる6枚、5枚、4枚など厚切りや、サンドイッチなど調理加工に好まれる10枚、12枚など薄切りが販売されるなど切り分け厚は多様である。消費は関西が特に多い。都道府県別の消費量で見ると、近畿の2府4県が上位10位内に入っており、廉価品より高級品、薄切り(6・8枚切)より厚切り(4・5枚切)の販売額が高い[11]。「京都」と聞くと、「日本の伝統」といったイメージを思い描く日本人は多いかも知れないが、実は京都でも「朝食はパン」という人の割合は大きいのである。四辺が直線の食パンは「角型食パン」、一辺が丸く山のようになっている食パンは「山型食パン」などと呼ばれている。北海道では、四辺が直線の食パンを、「角型食パン」を略すかたちで「角食」(かくしょく)と呼び、一辺が丸い食パンを「山食(やましょく)」(「山型食パン」の略)と呼ぶ人も多い。欧州各国では水と塩だけで練られることが多いのに対して、日本の食パンは牛乳や脱脂粉乳、バター、マーガリン、ショートニングなど油脂類の添加されているものも多い。こうした日本の製品は菓子パンに分類される場合がある。どうして日本人は型に入れて焼いたやわらかいパンのことを「食パン」と呼ぶようになったのか? ということについては諸説ある。ひとつの説は、美術のデッサンの時に描いた線を消すのに用いるパンを「消しパン」と呼称し、それに対して食用のパンを「食パン」と呼称し始めたと、とするもので、また別の説では、明治初期に外国人が主食として用いていること(「主食用パン」であること)を示す言葉として使われるようになった、とするものなど、いくつもの説がある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小郡林家4代林文左衛門 | トップ | 東京オリンピック161019 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。