リンポウアカデミア

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メモ160919-6

2016-09-19 13:01:32 | 日記

160918(日)、バーミヤン160918、「世界最大の仏像」。イスラム教が入って来たときに、顔を落とした。-完全破壊。お坊さんたちが、修行していた穴。もっと大きな穴には、国内避難民が生活している。機関銃座。がいくつも上にある。弾薬などの、物資を保管していた場所。タリバンの兵隊。タリバンの兵隊たちは、黒いターバンを巻いていた。タリバーン、過激派。カルト教団。なぜ、壊したのか?外国人の兵隊たちが壊したがった。UNESCOが修復しようとしている。アフガニスタンも、経済も戦争状態。修復の手が入っていない。状態。一つの記憶として遺していくしかない。ソ連軍の内戦状態。世界遺産として、登録された。住んでいる人にとっては、迷惑な話だね。ISは、アフガニスタン。ISが、アフガニスタンから出ていった。55メーターだった160918、1983年は、ソ連軍の内戦状態だった。バーミャン遺跡として、世界遺産に登録された。過激な思想、ISは、アフガニスタンで、発生して、出ていった。ほんの一部の人にしか支持されないだろう。ウクライナにある、ロシア大使館に、花火などが投げ入れられた。マスクをした人物は、クリントさんとハイタッチした手を消毒。アンジェリカさん骨折。2016年9月18日(日)。4:06。「こち亀」終了。2016年、ロシア大使館。2016年9月18日4:10分。のニュース。クリミアで、2016年9月18日(日)。you are here.偶像崇拝禁止。タリバーンの上の黒いターバン。タリバーンの幹部たちの話が出てきている。外国人の兵隊たちは、今、反省している。ISは、イスラム原理主義に基づいた、カルト。「記憶として、残しておくしかない」、「過激な思想」。IS。過激な思想は、多くの人たちから支持されない。「死」というのは、「無」、「虚無ではない」。自分がいなくなって、ブッダを頼りにするな。「涅槃図(ねはんず)」。当初は、ブッダの像は守られなかった。ガンダーラの伝承。涅槃図。日常的に見ることはあまりないそうだ。法輪。ほうりん。2世紀頃に、仏像がつくられる。サーラという木は、一本ずつ。合計2本。ブッダの教えの今日的な意味。「人間ブッダの探究」。(1)学者としては、後代になると、(2)中村先生の言うブッダというものは、特殊な宗教の教えではなく、われわれが、ブッダに近づき、教えを得る。こと。慈しみ、一切の行きとし生けるものは幸いであれ。他人をあざむいてはならない。他人に軽んじてはならない。他人に苦痛を与えてはならない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メモ160919-5 | トップ | メモ160919-7 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。