林興産日記|別府・大分の不動産のことなら林興産へ|株式会社 林興産不動産情報センター

当社は別府・大分を中心とした不動産の賃貸・売買・収益物件を取り扱っております。こちらは当社社員のブログになります。

峠の釜飯

2017年06月19日 09時50分41秒 | Weblog
先日、甲信越方面に旅行に行った時に





信越本線・横川駅の駅弁「峠の釜めし」

各地で開催される駅弁大会とかでよく売られてますね

食べた後に「器は必ず持って帰って下さい」と言われたので
重たくて大変でしたが持って帰りました

器は栃木県益子町で作られる益子焼です

この空き釜にはどのような利用方法があるか調べてみました

荻野屋のおすすめは白米を炊くこと
釜を使うとちょうど1合分をふっくらとおいしく
「おこげ」付きで炊くことができるそうです

料理以外の利用法でよくあるのは植木鉢だそうです

実はこの釜は当初から植木鉢として使用するために
底へ排水用の穴を空けやすい構造になっていて
実用新案も取得しているとのこと


「峠の釜めし」は一度は食べたことがあるという人が多いと思いますが
「この器はは捨てるのはもったいないなあ」と思うのではないでしょうか
そしてお釜という珍しさもあってなんとなく保管してみるものの
有効な活用法を思い付かず結局持て余してしまうというオチに


でも今回はせっかく持って帰ったのでなんとか有効利用したいと思います


別府店 岩崎

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コミュニケーションブレイク... | トップ | 【独】府内めし »
最近の画像もっと見る

あわせて読む