超兵器磯辺2号

幻の超兵器2号。。。
磯辺氏の文才を惜しむ声に応えてコンパクトに再登場。
ウルトラな日々がまたここに綴られる。

北の国の趣味放談

2016-10-19 22:36:46 | 職場
今の職場は前々職同様、東京の他に「雪まつりの街」と「杜の都」に類似した機能をもつ拠点がある。ちょうどの年度のキリのいい時にそれぞれどんな目標をもって事業を営むか、意見交換などが盛んに行われる。私の職場は久々に大きく組織編制が見直され新しい体制になったところだから、固く言うと業務執行状況の説明や個人の自己紹介なども兼ねて訪問することとなった。まずは「雪まつりの街」で1日目は半日丸々使ってそれぞれのセクションとの交換会、翌日は我が方のプレゼンと関連する施設の見学である。北の国は大学生の時に釧路、帯広を旅行したきり、札幌以外の地に足を踏み入れたことがない。出張で何十回と来ているのに、いつも新千歳空港と札幌、そして大通りにあるビルを行ったり来たりするだけで、それこそラーメン王国としか実感できていないのは寂しい限りである。今回は約30年ぶりに異なる地を巡る予定になっていたので楽しみにしていた。

朝、京急線で羽田空港に向かっていると、蒲田で乗り換えた直後に携帯が鳴り、小声で通話ボタンを押すと、引率リーダーの「シミコーさん(仮称)」だった。「何か予定している飛行機が、整備トラブルで遅れているようなんで、15分早い便に変更したんですが、間に合いますか?」「(変更してから間に合うもねーもんだよな)ま、走れば何とかなるでしょ」時計を見ると出発20分前に駅に着くぐらいだったので、到着後ホントにダッシュで出発ロビーまで走ることになってしまい、朝っぱらから「えべっさん」の一番福目指して走る気分だった。「はぁはぁ、ぜーぜー、どうだい、間に合ったろ?」と膝に手をついてバッグをどっかり地面に置くと、シミコーさんは意外な顔をして「あれれっ?ちょっと危ないと思って元の便に戻しちゃいましたけど・・・今45分遅れですって」「はぁ?!だって走れば間に合うって言っておいたじゃん」ここで長身のガンちゃんがダッシュでカウンターに向かい、三たび変更の手続きを済ませ5人揃って保安検査場に走ることになったが、彼の瞬間的なダインプファインレーで無事に早い便に飛び乗ることができた。

新千歳空港には午前中に到着できた。「昼飯はやっぱラーメンですよね。札幌駅の『ラーメン共和国』また行きますか。『吉○商店』か『●その』が美味しいって聞きましたけど。夜は海鮮系が出るでしょうからねえ」「そうだよねえ」実は味噌ラーメンは塩分過多で少し控えたかったのだが、駅とオフィスの間くらいでは他に思いつかないし・・・シミコーさん以外のメンバーは初めてのようだったので、大人しく10階のゾーンまでついて行った。共和国入口で中にある有名店のメニューの写真を眺めながら「磯辺さん、入りたいところあります?」と聞いてくれたのだが、「(実は全店制覇2周くらいしているから)この辺でいいんじゃない?」とボソボソつぶやいた。結局2店挙がっていた候補はどちらも結構長い行列ができていたので、以前入った「白○山荘」で食べることになってしまった。。。(ここもかなりお薦めではあるのだが池袋にもあるのであまり珍しくもないのだ)

昼食をとってオフィスビルまで歩き、一通り挨拶を済ませると早速各セクションごとに意見交換会が始まった。最初は担当毎の業務内容やその状況、個々人の役割分担などの紹介なのだが、トップバッターのグループと粗方仕事の話が一段落してから「皆さんの趣味とか聞いてもいいですか?」と聞いたら色んな話を聞くことができた。一番多かったのが「野球観戦」でさすが、日ハムで盛り上がっているようで、シーズンに60回もドームに足を運ぶ人もいて驚いた。前日に大谷投手が日本最速の165kmを叩きだし、自身の記録を塗り替えたのだが、オフィシャルTシャツには「164」と以前の記録が入っているのでどうしたものか、と熱く語っていた。社交ダンス歴20年という人もいて、これも先日タレントのキンタロウさんが社交ダンスで世界選手権出場を決めたことが話題になった。ただ彼によるとプロの先生にマンツーマンで教わると30分で何万円もするので、金持ちでないとあんな芸当はできないという。

意外に多かったのがジョギング、ウォーキングなどで本格的なフルマラソンを走る人も何人かいた。私は湘南藤沢マラソンの10マイルまでしか走ったことがないが、ハーフレースを主に出場する人によると、ハーフまではすぐに走れるようになるが、フルマラソン出ようと思うと数か月から1年がかりで走り込み、コンスタントに30kmくらい走る練習をしないと規定時間にはゴールできないそうだ。渓流釣りをする人には仕掛けや釣り方を色々と尋ね、海でルアーをやる人には季節ごとの獲物やポイントを聞く。家庭菜園が趣味で、きゅうりやトマト、トウモロコシを収穫する人には私もそれっぽい囲いで三河の「にら」を栽培していると苦笑したが、広さを聞いたら我が家の20倍近くあった。本業じゃないの?とも思った。

変わったところで「御朱印」集めが趣味というK女史がいた。札幌市内から始めて、伊勢神宮や出雲大社、京都の何がしという割とメインものから結構数は集めているという。「鎌倉に来たことあります?知人の霊媒師みたいな師が教えてくれた杉本寺ってのが御朱印で結構有名なようなんですが」K女史は鎌倉には2度訪れたことがあるが、あろうことか2度とも御朱印帳を忘れて来てしまったそうだ。という話をしていると同じグループの長老が「ダムカードラリーをやっています。」と挑みかけてきた。「スタンプラリーみたいなものでね。ドライブついでにダムの事務所に行ってカードをもらってくるんですよ」「何、スタンプラリー?」私の目がキラリと光ったのは言うまでもない。今年一番のビッグニュースをかましてやろうかと思ったが、それまで「ウルトラの『ウ』の字すら口にする人がいなかったし、札幌の人に都区内周辺の駅スタンプを語ったところで何のことか分からぬだろうと黙っていた。

学校時代からずーっとバレーボールを続けてきたという長身のY女史は「最近ちょっとサボってて、ビーチバレーにも浮気するんです」「ボクも場所柄ビーチバレーやりますけど、札幌から海岸まで行ってするんですか?わざわざ?」どうも街中の公園に1コートだけポツンとあるらしいのだ。普通のバレーコートかと思いきや何と下は砂場になっているらしい。(ま、それっぽいけど、ビーチじゃないじゃん)「ヨガをずーっとやっている」というKM女史に「ボクもスポーツクラブのプログラムでヨガってやりますけど、高齢者向けなのかストレッチみたいのが多くないですか?最近ホットヨガというのがいいな、と思うんですが」彼女が嗜むのはもっとガチなヤツでパワーヨガが多いということだ。ホットヨガもここ数年続けているが1回の時間は短くて90分。。。インストラクターも目指そうかと思ったが、仕事を辞められなくて諦めたそうだ。

バドミントン、卓球、テニスなど手広く楽しんできたK氏の目下ハマっているのは何と麻雀!友人同士で仲たがいなどをしたくないので、フリーの雀荘で会社帰りに打つという。「どれくらいのレートでやってるんですか?得意な役は何?」今時珍しい若者だと興味深く色々聞きたかったが、多少の問題もあるのでこの場はこれくらいにしておこう。。。たぶん一番若いM女史は「旅行先で星を見るのが好きで・・・この夏流星群を見て感激しました」「あー、ペルセウス座流星群ですね。東京は曇ってて見えなかったが、こっちは綺麗だったでしょうね」「一晩で250個以上、見えました。条件が良かったので素晴らしかったです」「今年の5月は火星が接近しましたね。望遠鏡で見ましたか?ボクは星も少し見るんで・・・」と言いかけて、少しためらった。皆の顔が驚いたような呆れたような感嘆したような複雑な表情になっていたのである。確かに趣味話にでた話題に合わせるだけならほぼ全方位語れるが一つとして「趣味の域」(ってどの辺かわからんが)に達しているものはない。(コイツ、八方に手を出す「何でも屋」だな)と多くの人が思ったようで、思わず苦笑いするしかなかった。

前日に見た番組と同じように「せっかく来たんだから『この店』で『このメニュー』は食べて行け」というのはありますか?」と聞いたら「北○銀行ビルの3Fにある居酒屋の『ババカレイの煮付け』は最高に美味い」「ススキノに○華という店があるが、陛下から勲章をもらったくらいすごいの中華料理店なのに、ある時間になると麺類全部500円均一」「中央警察署の隣にある『○ノト屋』は北海道らしい牛乳味がよいです」「『○ちゃん』という海鮮居酒屋はお通しが舟盛になっていて1500円!全員にそれが出ます!後はビールを足すだけ」そして御朱印集めのK女史が「あのー、磯辺さんたち明日の外出で苫小牧を通ると聞いたんですが、●っ平という店の揚げ物は美味しいです。イカヒレエビのミックス揚げ定食がお勧めです」うーむ。。。さすが、「ラーメンとジンギスカンは少し知ってます」とプレッシャーをかましただけに、かなりディープなお店情報を得ることができた。(しかし行く機会はあるだろか?)

グループは予定時間ごとに入れ替わり立ち代わり、後半はほとんど趣味とお薦め店の話題ばかりになってしまったが、途中で私は一つのヒントに気が付いた。10人ずつくらいのグループでディスカッションするのだが、誰かが自分の趣味を語り始めると、他のメンバが意外に目を光らせるのである。確かに普段は隣や向かいのデスクで仕事をして、多少はプライベートな趣味も耳にはしていても、あらためて詳しく聞くことなど中々ないから、結構新鮮に聞こえるようなのだ。実際にシニアとジュニアのコミュニケーション不足から色々と仕事上の不具合も起きている昨今、「風土改革が必要だ」とされ「挨拶、電話応対、身だしなみ」など新入社員教育みたいなことも言われているが、意外に「同僚の人となりや好み」って知らない(知る機会もない)ものだ。あれこれ考えると話が難しい方向へ進み勝ちだが、こういう簡単なきっかけが突破口をもたらすような気もしたのだった。

          
ジャンル:
職場
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 期間限定の半暴走 | トップ | ついでに支笏湖を回る »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (小夏)
2016-10-21 17:41:15
師匠、こんばんは!

ひゃーーー、師匠が羽田で、『朝っぱらから「えべっさん」の一番福目指して走る』って・・。ニュースで見る先頭集団、、想像したら涙が出るほど興奮ですー 
結局早い便に、、あはは、そうですよね~よかったです^^

趣味、そういえば確かに師匠の取り組まれる幅は多岐にわたっていらっしゃいますね!三河のニラ栽培も入れていただき光栄です
そうそう、ダムカード!先日行った京都で駅から乗ったタクシーの運転手さんが「どこから来た?」の話の展開で我が地方のダム名をスラスラと・・。その後ダムカードを見せてくれましたです。もちろん見せてくれるのはたくさん持っているものとかで、車内なごやか皆で笑いました(笑)始めは正直へんなの、、とは思ったのですがおっしゃるようにきっかけになるものですね。

苫小牧、、あぁ、わたしもう一度漁港前の食堂へ行きたいです。ミックス揚げのお店もあわゎわとっても気になりますー!!でもほんと簡単には行けません~(泣)
で、もしや、鮭の遡上みられましたー???

ちょーっと冷やっこいこの気候、去年行った函館の夜はこんな気候でしたから炉辺でいただいたホッケ思いだし余計身近に感じヨダレを垂らしております(笑)あぁ、なんてダイナミックで美味しそうなんでしょう!お酒がすすんじゃいそうですね
Unknown (磯辺太郎)
2016-10-22 07:37:07
小夏さま

いやー、朝一から空港ロビーダッシュはきつかった・・・あのまま遅い便だったら暴れてました。
三河のニラ、何度も収穫してついこの前まで花が咲いてました。その後再び種が獲れるんですよね。
ダムカード、ご覧になったんですか?面白そうですねえ。確かにタクシーの運転手さんは色んなところに行かれるから、ダム巡りというのもありですね。話題のきっかけにはいいですね。

そう言えば以前、スティーブという同僚と滝巡りしましたっけ。滝カードはないのかなあ。

実は苫小牧で最初は恐らく師匠の知る漁港前の食堂に行ったのです。しかし満席で40分待ち!その後2店回っても入れず・・・結局揚げ物店に行ったのですよ。

ホッケは「原始焼き」というからどんなすごい調理法かと思ったら、網ではなく、2本の串に刺して川魚のように豪快に焼くだけですって。
来年早々に函館集合って話もあり、今から楽しみにしています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL