おでかけ大好き

お金のかからないおでかけ&ささやかな幸せ&読書など。
毎日楽しいことばかりだといいのにな。

1月の読み聞かせ

2016-01-31 18:25:12 | 図書ボランティア
混合学年

「どろぼうとおんどりこぞう」

作・絵:ナニー・ホグロギアン
訳:はら しょう
出版社:アリス館

以前、3年生で読んだかな。

中近東の復讐モノってなかなか徹底しててよいです。

敵は圧倒して、二度と手出しをさせないってところがすかっとするねぇ。

本気の物語は、こどもたちもじっくり見てくれますね。




「ぶんぶんぶるるん」

作・絵:バイロン・バートン
訳:手島 悠介
出版社:ほるぷ出版




6年「3びきのかわいいおおかみ」

作:ユージーン・トリビザス
絵:ヘレン・オクセンバリー
訳:こだま ともこ
出版社:冨山房

周りのお気遣いで、カッパどんのクラスで読ませていただきました。

なにもかもが、小学生最後だね。

カッパどんセレクトと、クラスの前で発表すると、早速先生に「めんどくせーって言いませんでしたか?」っと。

やっぱり裏表ないヒト。

10分かかる本なんですが、カッパどん希望のこの本も読んであげたくて。



文・絵:鈴木 のりたけ
出版社:ブロンズ新社
発行日:2015年11月25日

自分探し。6年生ならちょっと共感!?

節回しもよく、リズムもおもしろいよ。


今年度の読み聞かせもあと一月。

ちょっとした寂しさも味わえる有り難さね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お好み焼き?

2016-01-30 22:55:03 | ケ・リコ(おいし~)


お好み焼き!?



と思いきや、チョコレートケーキなんだって。

鰹節は削ったチョコ、紅生姜は固めのゼリーっぽい。

Limoges│島田 リモージュ おもしろケーキ


他にも色々あるよ。いかがかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016-01-30 11:05:58 | 本に暮らす


今読んでるところ。

流れるというより、時代に流されていく無頼な青春モノ。

台湾と中国の歴史的な対立が少しわかる。

台湾が、日本に抱く、懐しいようなほろ苦いような親しさも少し。

ぐいぐいと読み耽って、時間に流されていく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

This is Cafe

2016-01-29 19:39:23 | 外ごはん




今回のランチは、「This is Cafe」静岡店。駐車場たくさん。



1階は海を眺めるカフェっぽくて。







2階は海を眺めるひな壇になってるレストラン🍴っぽい。

お客さんいっぱいで写真撮れず。

入り口入ってすぐがケーキのショーウインドウで、この誘惑から逃れられない。おまけにランチにセットすると、ケーキ50円ほどお得。



ランチも色々あって、迷うぅ~ん。



同じメニューでもディナーになると、500円近くお値段アップ。ランチはお得~。



オードブルがきてビックリ!

ランチセットには込み込みでした。

左からケーキサクレ(お惣菜のパウンドケーキ)、ドレッシングが美味しいサラダ、カボチャスープ、トマトのブルスケッタ(炙るという意味のイタリア風お前菜)。

ハイク部の満喫感を表す、なかなかボリューム感。



散々迷って、全員チキンのマスタードソースに。

ご飯も予想外にたっぷり。そしてここにもグリーンサラダ。クレソン好きっ。Mさん、先ほどと違うドレッシングに、がっくり。



季節のタルトと迷って、ワタシと
Mさんはチェリーチーズケーキ。

晴れさんの、季節のタルトのいちごメインも美味しそうだったー。写真忘れたー。

季節のタルトのコーヒーマロンも気になるぅ。



そして、今回のビックリは。

ランチはドリンクもセット。

シェイクというものに惹かれて、
全員カフェオレのシェイクを頼んだら、予想に反して、今流行のメイソンジャーポット。

期待に満ち満ちていた一同脱力。

プリーズ、セルフシェイク!!。
気を確かに。蓋をしっかりしめて。

満足満足。

満ち足りすぎて、眠くなっちゃった。

満腹でと帰宅後は、夕食の支度が待っている我ら主婦。



海を眺めながらの、モーニングもいい感じね。

また来たいな~が、明日への活力!!

今日もよい歩きっぷり、食べっぷりでした。


















コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本平ハイキング

2016-01-29 08:06:54 | おでかけ




ハイキング部、新春第一弾の活動は、日本平で富士山を観る!!に決定。

今回は、初めてハイキング部全員顔合わせです。

計画はMさん、いつもありがとう!

平澤寺にクルマを置き、出発。

頂上まで1時間半のコースといいますが、どーでしょう。





経験を積み、地図や案内板の確認もできるようになりました。(当たり前だけど、失敗しないと身につかない)



仁王像のある山門を潜ります。



梅一輪(逆光)



へいたくじ。要約すると、由緒ある古いお寺みたいです。



うわぁ、いきなりの胸突き階段。



氷柱だぁ。途中霜柱もみたよ。



道中の無事を祈り、出発。



立看板が多くて安心。

お墓を過ぎるとまさかの、下り。えー、もったいなーい。



そして、切り通し。途中結構な高さがあり、これ崩れてきたらどうなの?埋まり放題ね。



切り通しから出たところ。藪漕ぎもなく、今日は蜘蛛払い棒も出番なく、ワタシの杖になってます。



車道にでました。案内あるから大丈夫。



右手はゴルフ場。これOB飛んできたらどうなの?一応網あるけど、この網目ボールスルーでしょう。

案の定、Mさんボールを見つけ、ゴルフ場へ投げ返し。ナイスオン!



ベンチあるけど見晴らしがよいわけでもないので、立ったままちょっと休憩。



日本平へ行くのに色んなコースがあるのね。





日本平ホテルの裏手に出ました。





日本平といえば、富士山🗻



雲☁が邪魔!





山頂はまだ先なのね。



遠くに富士の煙突が見えます。



手前の半島は三保。あの緑の一部が三保の松原。

見晴らし台の上はさすがに風強く寒いので、コーヒータイムは日当たりのよいところで。





コーヒー&オヤツタイム。消費より摂取が‥。

でもこの一杯がハイキングの楽しみだもんね。



コーヒー飲みながら、富士山待ち。雲が流れました。



桜の頃もいいですね。



うーん、完璧な富士山。

この後は、アウェイ感を噛み締めながら、日本平ホテルでおトイレ。

リニューアルしてからは初めてだわ。

ハイテク、青い光のトイレに、テルマエ・ロマエ状態!!





吹き抜け下は、レストランのザ・テラス。ここでランチのときは、セレブっぽくクルマで乗り付けましょうねー。

華麗なるなお庭に出てみましょう。

「華麗なる一族」のロケも10年ほど前?



おおー!

おじさんが富士山に背を向け、ホテルに向かって立っていると思ったら、



ガラス掃除作業、見守り中でした。



このガラスの枚数、大変そう。



遊覧飛行用?のヘリがあったり。



富士山を望み、富士山に愛を誓う、チャペルあり。



来た道を帰ります。



切り通し、帰り道は落ち葉の中を下り坂で滑ります。要注意。



無事平澤寺まで戻りました。

今回は、アッフダウン少なく、時間も片道一時間半くらい?私たちにもちょうどいい、気軽なコースでした。

ここでご多忙&忘れんぼ&本格山歩き派Aさんとはお別れ。

お楽しみのランチに向かいます。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加