おでかけ大好き

お金のかからないおでかけ&ささやかな幸せ&読書など。
毎日楽しいことばかりだといいのにな。

読書

2012-05-31 07:47:44 | 本に暮らす


刺激を求めて、エースロッカーではなく、

エスニッカーになっている私。

手っ取り早いのは、レトルトタイカレーなり。かれ~っ。

必ず入ってるのはタケノコ、鶏肉、コブミカンの葉。


なんだか毎日用事が入ってます。

傍からみると遊んでるんだけど、時間に追われて息抜きにはなってないかも。

やはり読書が一番。


東野圭吾さんの「麒麟の翼」読みました。

「新参者」が私的ヒットだったので、すごく楽しみにしてて、

1日で一気読みしちゃったよ。

映画は前作の「新参者」と合わせて「麒麟の翼」やってましたね。

阿部寛さんは好きだけど、「テルマエ・ロマエ」のローマ人はドンピシャでも、

私の加賀恭一郎イメージには合わないんだよな。

なんかもっとココロに影が欲しいというか。


「新参者」に比べると、なにか物足りないし、動機も納得いかない。

殺人をしたことないので、動機が納得いくかどうかは判断が難しいですケド。

「親子の情」が主題というのはわかるけども、情においても「新参者」に軍配だな。

帯に作者の「シリーズ最高傑作間違いなしです」なんてのみると、

申し訳なくなる。

今一番売れてる作家なのに、その人がこんなに自信満々なのに、

見る目がなくて(いや読む心がなくて?)すみません。

でもま、音楽も文学もお好みですからね。

「世界中が感動した!」なんてのは、わかりやすいハッタリです。

日本の道路の基点、日本橋の麒麟像を見てみたくなりました。

なにかを心に残すだけでも、作品として価値がある。


面白い本ね~べか~(ナマハゲ風)

今一押しの三浦しをんさんの「船を編む」本屋大賞で好評だし、読みたいな。

「私が語り始めた彼は」、以前借りたのにまた借りてしまった。

三浦さんの恋愛モノ系はやや苦手なんですが、

これはこれでなんか深い。

作者はダメ男が好きなんだなぁ。

女はみんなそう??


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天国から地獄

2012-05-30 19:51:08 | 外ごはん


カッパくんとららぽデート。

映画のあと、あと1時間半でナッパちんのお迎え。

時間がないっ。

カッパくんは

「学校の鉄棒で逆上がりできるようになったから、マック!」

という、ささやか過ぎる希望。

しかし、どこにでもあるマックが、ららぽにはないっ。

で、第二希望は、「魚河岸寿司~」

第二希望のほうが高級ってアリですか?




私が注文したのは、

みぞれこぼし丼、味噌汁、サラダバー付で千円なり。

怒涛のこぼれまくり。




カッパくんのは、平日おまかせ握り寿司セット的なもの。

味噌汁つきで980円。

慌しく食べてもったなかった~(涙)


大慌てで園にお迎えに行くと、

ナッパちんと習い事に一緒の仲間たち4人に、

「遅いし~」とお叱りを受けた。

それぞれの手にはカエルが入った飼育ケース

&畑で収穫した玉ねぎ。

なぜ習い事に一緒に直行の日に限って、そのお持ち帰り品でありますか。

車の中は玉ねぎ臭、

そして当然、車の中でケースがひっくり返り水浸し

&イジられまくりでカエル昇天続出。

天国も地獄も、生きてるうちにみるものだから。by宇宙兄弟













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇宙兄弟

2012-05-29 07:45:50 | 映画
「宇宙兄弟」の映画は観るつもりなかったんですが、

カッパくんの代休、見れそうな時間帯、無料鑑賞ポイントが貯まっていたと、

好条件が揃っていたので、行くしかない。

週末も平日もなにかと忙しいカッパくんを床屋さんに連れていったあと、

ららぽへGO

最近、TOHOシネマのチケ場が機械化され、モタモタと入力し終わった頃、

ポイント鑑賞は係員のいる受付でないといけないとわかる。

き~~~~~っ、もう上映開始時間過ぎてるのにぃ。

カッコいいオープニングの途中から入場。

そこ宇宙の歴史がわかるいいとこだったのになぁ。


主役の二人の配役はまぁまぁとしても、

内容はどうしてもカットしたり、変更したりして、

やっぱり漫画>アニメ>映画になっちゃうよね。

映画面白かった人は、漫画も読んでね。後悔させないから。

カッパくんといえば、リフトオフ(打ち上げ)や

NASAの様子などは食いついてましたが、

肝心の人間ドラマのほうでは明らかに飽き飽き~。

仕方ない、カッパに人間のココロの機微は無理だ。

どうせならもっとNASAの施設内や訓練内容を

ガンガンに見せてもらいたかったね。

あ、そうなるとこの映画の続編部分(ムッタの訓練)なんだけど、

あの終わり方だと、続編はありません(断言)ってことだよね。

アニメに期待。


この映画の主題は、「宇宙の話をしよう」なんだから、

原作と違っても、もっともっと宇宙に興味のない人も、

宇宙に釘付けになるような内容にしてほしかったなぁ。

って、言うは易しですが。

やっぱりシャロンがでてこないことで、

「俺の金ぴか」とか「俺の足を引っ張るのはいつも俺」とか

宇宙兄弟語録が出れずに薄くなっちゃってるんだよな。


ヤンじいの替わりにホンモノのNASAの元アストロノート(宇宙飛行士)が、

でてました。

まぁそれも悪くないのだが。


月から見る地球は本当にあんなに大きく見えるのかな。

だとしたら、すごいな。

意外と高いところを飛んでないISSからは、

地球の4分の1しか眺められないらしい。

ヒビトのように月から丸い地球を眺めてみたいなぁ。

充分、宇宙を感じさせてもらったね。ありがとう。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バクマン。

2012-05-27 17:40:04 | 本に暮らす


↑あ、水筒洗ってなかった・・・と思い出す。

運動会翌日の日曜は、ただただゴロゴロしました。


最近、貸し漫画屋さんで子育て中ママさんにたくさん遭遇します。

漫画読み部作れるかも。

今読んでる(漫画)は、「バクマン。」

いつからこういうギョーカイネタものって流行ってるんでしょう。

「働きマン」とか・・・・?

いろんな職業って、体験できないだけに、興味深いんだけど、

さすがに漫画の世界を漫画でぶっちゃけって、アリなの?

「面白ければアリ」の世界なのかな。

それにしてもジャンプ恐るべしですね。

ここまで読者人気至上主義だとは。

でもって、漫画家って、想像の遥か夢の世界を

どっぷり厳しい現実に浸かって画いてるってとこが、

すげ~。

どの仕事でも極めようと思えば、

王道バトルものと同じ、リアル世界でのバトルですよ。

渡る世界に敵はなし。

敵は唯一己みたいな。

はぁ、マンガの主人公って大変だよな。


漫画以外も読んでますよ。(ちょびっとね)

また今度書きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

運動会&

2012-05-27 16:54:24 | 日々喃々


一点集中のベクトルがみえる。


運動会・田植えも無事終わりました。

前夜ナッパちん発熱。

お父さん田植えだし、どうしようっ。

ナッパちん翌朝には平熱、実家母のヘルプもありなんとかなりました。

もっちろん、私も朝からせっせと7人分のお弁当作りましたよ。


まぁカッパの本領は陸ではないので、結果はね。

集団演舞や待ち時間などの過ごし方に、

カッパくんの成長が感じられました。

目立たないということに、感動。

運動会って運動の成果だけじゃなくて、

集団行動の様子見所なんだと気づく。


運動会のあとは、お楽しみ。

ナッパちんもお昼寝して、夜は参加。

アルバ家でカレーパーティ。

我が家開催のときは、生活臭溢れて密集でしたが、

6家族くらいいてもまだまだ余裕の優雅さって、普通じゃないよね。


お天気もよく、虫も少なく、この季節の野外は最高。

今回は大人にはタイカレーと普通のカレー。

ぷちりっちさんのオードブル。

シロップが6種類もあって、カキ氷こどもたちには大人気でした。

6種混ぜなんてあったり前で、中にはカレーカキ氷なんかも。

食べれなくて、池に捨てに行ったのはお見通しさ。


こどもはホームシアターで映画&花火。

大人はテラスやお庭のテーブルでお酒飲んでおしゃべり。

アルバさんは、ペットの匂い取り用のパックを考案中だって。

看板犬コムギくん、モデルデビュー。

外国のホームパーティのような一夜でした☆













コメント
この記事をはてなブックマークに追加