おでかけ大好き

お金のかからないおでかけ&ささやかな幸せ&読書など。
毎日楽しいことばかりだといいのにな。

身延山久遠寺 境内、身延山ロープウェイ、思親閣

2017-04-17 11:23:22 | ハイキング


階段を登りきったからこそ、見える景色が素晴らしいのかしらん。



一息ついたところで本堂にお参り。





背後に身延山がそびえます。



靴を脱いで、本堂に入ると何十畳敷?表千家の茶会があるとかで、妙齢のお着物姿の女性がたくさん。大奥のよう。





このまま渡り廊下を通って隣り合う、祖師堂、報恩閣、御真骨堂、仏殿と渡っていけます。







読めず。


境内には盛りは過ぎたものの、立派な枝垂れ桜が何本も。







現代風な建物。

廊下に、日蓮上人の生涯を絵で綴った絵巻物の主要な場面が展示されていました。







広い境内ですなぁ。そしてうららか。



仏殿ではお経を上げてる若いお坊さん。そういえば若いお坊さんによくすれ違ったわね。ここは総本山、身延山大学と高校があるので、修行僧もたくさんいるのね。お経の試験かしら?とおばさんの妄想も暴走。





「象さんもいるよ」とTちゃん。

Tちゃんはバンフレットを目にする度に、にこやかにみんなに配ってくれます。が、自分は貰わない!さすが。





外に出て本殿裏手のロープウェイに向かいます。



トイレも現代風。

せっかくなので身延山山頂の奥の院思親閣へ、でも歩くと2時間半ほどかかるとか、迷わずロープウェイへ。



この辺り南天も有名だそうです。

身延山ロープウェイ、大人往復1400円。

歩いて登り、帰りはロープウェイで下山という、白装束の方たちの団体さんがたくさん。

日蓮上人は9年間の身延山での生活の間、ここに登り、遠く千葉の小湊の両親を思ったそうです。



こーんな急斜面もロープウェイならたった7分。申し訳なありがたし。





展望台から富士山がじゃーん。



眼下は富士川。



ドライフラワーみたいなミツマタの花。



まずはお参り。





階段の両側に、日蓮上人お手植えの杉の木が。鎌倉時代だから樹齢800年くらい?





門を潜りお参り。ここで煩悩を試される!?しかし防犯カメラの表示に冷静になる。これも修行なのか!?





建物の様式や飾りに知識はないけど、いいものは古びても清々としてますよね。



ここを拠点にハイキングコース(下山道)もあるようです。次回はゼヒ。





お昼近くなると徐々に景色が霞んできました。やっぱり山は午前がいいですね。



雪を被る山々を背に富士山を眺めながら、コーヒータイム。Tちゃんコーヒーをありがとう。



ベンチといい切り株がありました。お茶菓子はチョコと甘納豆とポテチ。幸せ。



ロープウェイは20分置きの運行ですが、人出が多く、さほどまたず臨時便に。そして一番前の席!ご利益。



たくさん咲いてるのは、和紙の原料になるミツマタだそう。





ロープウェイを降り、そこから階段を下るとすぐに駐車場。

駐車場待ちの車が渋滞してました。スタートが早くて良かった良かった。





三門前も、観光バスやらヒトで朝とは違ってごった返してました。

さて、次はTちゃんが予約しておいてくれたホウトウの有名なお店へゴーです。



















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 身延山久遠寺 三門、菩提梯 | トップ | かど久、下部温泉会館、ゆばの里 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL