おでかけ大好き

お金のかからないおでかけ&ささやかな幸せ&読書など。
毎日楽しいことばかりだといいのにな。

読み聞かせと絵本交換会

2017-11-13 08:03:01 | 行事


読み聞かせと絵本交換会。

お天気は良かったのですが、お客の流れがもう少し分散してくれるといいんだけど難しい。



大型絵本はみんな好き。





今回のテーマは、ともだち。

絵本交換会は賑やかでしたよ。選ぶのって楽しいよね。

ムスメは友達と、片付けの頃ムスコがやってきて、高いところのものを外すとか、重い本を運ぶとか、色々手伝ってくれ、みんなに感謝されて満更でもないようでした。

まあ色々問題だらけの心痛の種のムスコですが、母の活動に顔を出して手伝ってくれるような好ましいところは褒めて、感謝しないとね。

「ありがとう」がイヤな人はいないもんねー。



お弁当とお茶がでました。

ワタシも自分を褒めて頑張ろうね。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お祭り

2017-10-04 09:41:48 | 行事


ご無沙汰してました。元気です。

祭り終わりました。今回は2日半晴天続きでバッチリ♪

今年もオットがムスメと出てくれたので、ワタシは食事用意して見物でらくらく〜なハズですが。

おばあちゃんが栗おこわ(梅干しを入れて、釜で蒸すからいつまでも固くならないのよね)とおでんをたくさん作ってくれました。



ワタシはお稲荷さん、味付け油揚げが足りなくてオニギリ、残り物で焼きそば、大根とガツの煮物を作ったくらいです。見事、炭水化物祭り。

たいして動いてない(交通規制があるので出かけられない)ワタシは、この週末に太りましたね。


今ひとつ、お祭りに燃えないムスメは半日でては、半日は家ゴロなマイペース。

ムスコは部活の大会で出れなった日中を取り返すべく、出ずっぱ。好きねぇ。



大好きな大太鼓と



笛でずっと屋台に乗りっぱなしでした。「屋台下」しか吹けないのにね。

おばあちゃんと、実家母も、ムスコの晴れ姿を見て喜んでました。

特におばあちゃんは、「亡くなったおじいちゃんもお祭り好きだったからねぇ」と周囲の年配の方々に声をかけられて嬉しそうでした。

ちょうど大河ドラマでの家の再興を望まない直虎のセリフ「家はなくとも、井伊の方々はそなたたちの中に生きている」は、年を経ると実感しますね。

若者にはピンと来ないでしょうが。

勉強もしないしょんないムスコですが、立派に笛デビューして、ちょっと株を上げたね。

おばあちゃんたちにご祝儀を貰ってましたよ。珍しく褒められて、気分もアガりましたかね。よかったねー。









コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

七夕星見。

2017-07-08 09:39:28 | 行事
7月の七夕にしては珍しい雨のない夜。

「今夜は織姫と彦星みれるかな?」と言うと、ムスコ久しぶりに天体望遠鏡出してきました。

金曜の夜というのが、余裕があるのかもね。

昨夜は満月で、星見にはあまり向かない…。

久しぶりなので、自動追尾赤道儀の電池切れ…で電池交換。

懐中電灯、蚊取り線香、虫除けスプレー、星座表…とバタバタ。


まず南の空高い位置に、雲間から月、月の右下にちらっと土星。

天頂に近い位置にこと座のベガ(織姫)天体望遠鏡でみると青白いのね。

そしてやや南下にアルタイル(彦星)は見えにくい。

多分、一年に一度きっきり約束通りに来た奥様をお待たせしてる、時間にだらしないオット的な?

西の空にはっきり木星。衛星がたくさん見えたよ。

直接空にかざして、今見えてる星がなにか確認できる星座表アプリは、便利ですね。

見えなくても、あそら辺に冥王星が…とか、この辺りに海王星が…とかもロマンだよね。

見ることのできない南半球の星座も星座表上では確認できるしね。


蚊にさされながらも夢中でいつまでも天体観測をするムスコと対照的に、散々呼ばれてお付き合いで覗く(そしてとっとと部屋に戻る)ムスメ。

個性ってあるよね。見えないけれどあるんだね。役に立たないかもしれないけど。

七夕さま、ささやかな家族で星見タイムをありがとう。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

軒端に揺れる

2017-07-05 21:13:12 | 行事


スポーツセンターの七夕。

老若男女のササやかな?願いで笹が重そう!

「ユーチューバーになりたい」とか、「リア充になりたい」とか、イマドキですねぇ。

「金持ちになりたい」とか「足速くなりたい」とか定番も。

「てつぼうがほしい」もありました。ヤンキー!?

七夕のお願いゴトの語尾は、「なりますように」のほうが清らかで、お星さまに届くかもよ。

ムスメは「ネコを飼えますように」だって。

ポチはおばあちゃんちのネコなので、大人になったら自分のネコを飼いたいんだって。

お願いゴトをするって、未来に幸せな自分を見てるってことだよね。未来を信じられるのは、ほどほど今充実しているから。

そう思えば、イマ充の重みで笹がしなってるってことね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムスコ14th誕生会

2017-06-18 06:07:14 | 行事


ムスコとワタシの誕生日会なんですが、いつもケーキをお願いするソラカフェさんが休業中でして(T_T)

10年ぶりにチーズケーキ、ベイクドしましたよ。



友達に教わった、全混ぜしてクッキングシートをひいたフライパンで焼くだけレシピ。

真ん中の固まりが悪かったので、焼き時間を3分ほど追加したのが悪かったのか、底焦げに。

予熱でよかったんだわ。

おまけにお鍋の蓋を落として、表面に穴が。でもまあ、合格点!!


土曜は家族それぞれが別行動で出たり入ったり。ワタシも買い物したり、掃除したりしながら、一日料理三昧。



ムスメのゆで卵、サーモンを添えたポテサラ。

ポテサラには、常備菜の人参のツナシリシリ、チーズ、冷凍保存しといたおばあちゃんの絹さやのグリンピース、塩コショウ、マヨネーズと自家製ヨーグルトを半々。
コクを出すのに練乳や、お酢を入れるのもあり。



メインはじゃーん、パエリア。入れる順序さえ間違えなければさほど難しくないのね。

色目がきれいなパブリカやトマト、海老は予めオリーブオイルで焼いて、蒸らす前にあと乗せ。

アサリ以外の魚介は炒めて取り出して、玉ねぎ、米と炒めたあとでまた入れて、その上にアサリを並べる。

アサリだけは米の上に並べないと、貝がご飯まみれでタイヘン!

それから、パエリアミックスというスパイスを溶いた、白ワイン(ないから酒)とスープ類を2合で400㏄注いで、煮立つまで強火、後は弱火15分くらい?

米4合で800㏄では途中足りず、プラス100㏄。

ガスコンロが水が無くなると、ビーといって止まってくれるので助かります。

その後、残りの具材を乗せて、蓋して蒸らし15分。



具材てんこ盛りですが、米の量が多いので混ぜればさほどでも。

赤パブリカが無くて残念。玉ねぎ、黃パブリカ、ピーマン、シーフードミックス、海老、アサリ、ベーコンブロック。



ムスコが麺喰いなので、欠かせないパスタ2種。明太子とナスとミートボールのトマト。

ミートボールは胸肉弾きにくの冷凍常備、ナスはおばあちゃんの初物で麺つゆ煮にしておいたもの。

パーティのときは、食材をたくさん使うので、そして全部を調理するのはタイヘンなので、

冷凍庫や冷蔵庫の常備を利用して、在庫一掃キャンペーンに。

ムスコには、ポテトのマッシャーと、海老の皮むきをさせました。それだけで文句垂れるけども。




ビールは父の日バージョンなのか、Thank you花束。

写真でわかるかな?常温では白い花束が、冷やすとピンクに。空になると白に戻るよ!と、ムスコが観察してました。

こどもたちと、この後でかけるオットは、葡萄ジュースで乾杯。

乾杯〜をしようとしたら、ナッパちんお風呂に入って不在!なんてマイペースなヒト!!(後で再乾杯しました)


食後はみんなからプレゼント!

おばあちゃんからは図書券(ワタシとなぜかナッパちんも貰いました)、実家ばあばからは現ナマ!

オットとムスメは帽子とゲームキャラのキーホルダー。ワタシはデジタルの目覚まし時計を(それと鮭とば!)

さすが14歳「あっす(ありがとうのございますの意)」な返事ですが、ニキビ面はそこはかとなくご機嫌でした。

もう(実家ばあば以外)誰もたいして期待していないが、まあなんとか生きていってくれたまへ。

オット、皿洗いを終えたところで中座。こどもたちもサッサと二階に消えるので、お腹いっぱいだけどケーキを出すか。



バースデーデコの用意なにも(昼間100均一に行ったのに!)ロウソクさえ7と8しか見つからず。

78歳!?

義弟夫妻から頂いたさくらんぼ2種!添え。



バースデーソングを歌って、ロウソク吹き消して、クラッカー鳴らして、クラッカーの後片付けして。

なんてやってるうちにコーヒー冷めるわ。

切り分けたピースをムスコ、ムスメと選んでいきます。

が、ケモノの眼差しで厳しく吟味し、大きいものを第2希望まで目をつけてるやる気満々なムスメ(自分の誕生日でもないのに)と、

対照的に「なんでもいいわー、選んでくれ〜」というやる気のないムスコ!

キミのリクエストでチーズケーキを焼いたのにその意欲の無さ!この執着の無さ!!吉なのか凶なのか。幸なのか不幸なのか。



国旗クラッカー。

そういえば、ムスコの写真、全く撮らず。もう可愛くないからいいか。

こうやってみんなでお祝いできるのも、あと何回なのかしらね。

おめでとう!(お母さんのように)やることはやりつつ、楽しい人生を送ってね。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加