~ピアニスト 林 直美 のブログ~

ピアニスト 林 直美 の日常の出来事、感じたこと、コンサート情報・・・etc.を書いて行きたいと思います!

防音室について♪

2012年03月21日 | Weblog

 

ピアニストにとっては、どこに住むにも、練習室の確保が、まずとても大切な問題となります

私もドイツ時代には、アパート暮らしの中、音楽が好きで歓迎してくださるような有難い隣人もあった一方で、苦情がきて、ガラの悪いアラブ系の隣人に「これ以上弾いたら、警察を呼ぶぞ!」と脅されて、泣く泣く引っ越したこともありました(汗)。 最後の2年はベルリン郊外の小さな一軒家でいつでも弾きたい放題という恵まれた時期もありましたが、そこに至るまでには色々な苦い経験もありました

さて、日本に帰国して、昨年は住み慣れた実家より引っ越すことになり、現在さいたま市に住んでおりますが、やはり練習室だけは必須ということで、ご近所さんに気兼ねなくピアノが弾けるようにと、防音室を作ることになりました。

色々同僚の先生にアドバイスをいただいた結果、アコースティックという防音室専門の会社に設計をお願いする運びとなりました。

良い音響には、部屋の形や天井の高さの比率、色々な要素が関わってくるとのことで、新居のスペースの条件の中で、本棚で音響をカバーしたり、できるだけ良い音響となるように工夫をして下さいました。わりと響きが多めな感じに仕上がりましたが、ヨーロッパ時代も響きの多い環境で弾いていたのを思い出すような感覚で、馴染んできたように思います

一応24時間いつでも弾いても、外に音が漏れないとのことで、安心してピアノが弾けるのは本当に有難いことです。(う~ん、もっと活用して、練習しなきゃですね~

防音室の紹介ということで、月刊「ショパン」3月号に記事が記載されました;

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 林秀光 追悼コンサートのお... | トップ | ラジオ放送~響きのクラシック~ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (せいこ)
2012-03-22 10:51:24
すごい 素敵な練習室だね。

私達よりも移動ができないピアニストはもっと大変だよね。
新しいお家も慣れましたか?
Unknown (直美)
2012-03-23 10:43:24
コメントありがとう♪
そうですね、ピアノは持ち運びが出来ないので、練習場所が大変ですね昨年はしばらく実家に練習に通う生活でしたが、今は自宅で弾けるようになり、やっと落ち着いて来ました今までより移動がちょっと不便ですがでも、京都にも新幹線を乗り継いで毎週通っていますよ機会があったら、少し遠いですが、こちらにも是非遊びにいらして下さいね~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL