葉山町インサイダー

のどかでゆったりとした毎日が過ぎてゆく。All has gone. 葉山の人のぬくもりが感じられる今日この頃です。

バラエティに富む葉山中の進学先。人生は公平にできていることは、晩年になってわかる。

2017年04月20日 | 葉山町★風物

葉山中学校は一時の悪評から抜け出して、評判が良くなっているようだ。

暴力沙汰もなく、少しづつ 学力の向上も見られる。

http://town.hayama.lg.jp/chousei/kyouiku/pdf/170120_kekka.pd


何よりも、

朝早く愛犬の散歩で行き交う中学生は大抵 「おはよう・・」と丁寧にあいさつしてくれる。

挨拶がちゃんとできる子どもには悪い子はいない。

少しばかり学校の成績が悪くても、それなりの高校に進学すればいいのだ。

皆が皆 一流の高校 一流の大学に進学する必要もない。

世の中にはそれぞれ持ち場があって、官僚に 一流会社員にならなくてもいい。

一つや二つの職業について、懸命に努力すれば、何とか人生はなるものだ。

やがて80才になろうかという回想の年代になって、そう強く感じる。

自分のように、高校は九州・大分の流高校にしか進学できなくても、何とかなってきた。

高校の時 部活でおこなったJRC<青少年赤十字>がその後のユースワーカー活動に繋がってきたし、新聞部の活動が今のブログのわかりやすい文書作成に役立っている。

人生は誰にでも「公平」におぶさってくる。

前半 苦労しても 後半は楽になれるし、

前半 楽すれば 後半は苦しむ。

人生は「努力」が半分、残りの半分は「運」だ。

 

葉山中学の進学先をみて、何といろいろな高校があるのだろうか。

よりどりみどりだ。

進学校もあれば、定時制高校もある、海外留学もある。

今の中学生は羨ましい。就学援助もある。

自宅通学圏内にこんなにも多くの学校がある。

やりたいことを やればいいと思う。


 

『神奈川県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳩サブレ―? 鎌倉市議? ベ... | トップ | 鎌倉の花火大会 市の主催で... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
名文 (大江戸 )
2017-04-20 22:33:30
全くその通りですね、同感しました。名文です。
Unknown (土民)
2017-04-23 11:44:34
ソースはどこ?アップするなら出典は明記せにゃあかん。

さておき、ブロードに分布してますな。
東工大の附属にいく子も居るのですか。
勝手な推測だが少子化且つ中高一貫志向で生徒数が少なく
教師も密な指導が出来ているからか?
一方生徒側も自分にあった高校の情報を調べているのだろう。

かなり昔は、教師はせ~ので一つの高校にまとめて送り込んでいた。
県横須賀・追浜に20人ずつ、逗子に15人、鎌学・逗子開成に10人位とか。
全県一区の貿易外語、学区外の湘南、鎌高、平沼など1~3人の少数派はおったが。

県立志向が大変強く
生徒の住所の大多数が”整数”であった、70年代前半の記憶です。

失礼

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL