葉山町インサイダー

のどかでゆったりとした毎日が過ぎてゆく。All has gone. 葉山の人のぬくもりが感じられる今日この頃です。

イスタンブール:考古学博物館の陳列品、アレキサンダー石棺、人類最初の条約、ローマ皇帝の頭部 3

2013年12月22日 | イスタンブール

イスタンブール考古学博物館の凄いところ                                                                                                                                                                                                                                                                           1887年にトルコの国際的考古学者ハムデ・ペイが建てた博物館で、ぺイがシリアのシドンの大墓地で発見したアレキサンダー大王の石棺が最大の見もの。

アレキサンダーが狩をする場面、戦闘する場面が彫刻されている。

この石棺は長い間アレキサンダー大王のものだと思われていたが、残念なことに、BC4世紀のセレウコス朝の君主のものとわかった。同じ時代に生きた君主が、アレキサンダーの類まれな活躍を後世に残すために作った石棺である。

この博物館には、泣く女たちの石棺、メレアグロスの石棺など、石棺がいっぱいある。陳列し切れなくて中庭にまで陳列してあるくらいだ。

旧館にはほかにギリシャ彫刻、ローマ彫刻が展示されている。

 増築された博物館はテーマ別になっており、

1階は古代アナトリアの彫刻

2階はトロイとアナトリア イスタンブールの歴史を示す品々。

3階はシリア、キプロス、パレスチナ

 

考古学博物館を構成する3つの館

①    タイル館

②    古代オリエント館 ヒッタイトトメソポタミアの品々

③    考古館 ギリシャ ローマの品々。

上述のアレキサンダー大王の石棺は考古館にある。

 紀元前7000年から20世紀までの広範な時代をカバーしている世界でも有数な博物館である。

 

イスタンブール博物館が大英博物館と違うところ

<イスタンブール考古学博物館1989年初版の日本語版より、抜粋>

 16世紀はじめから19世紀おわりまで、いわゆる「肥沃な三日月地帯」<メソポタミア、イラン、イラク>とアナトリア、エジプトの地域はオスマントルコ帝国の支配下にあった。

 これら、地域は先史時代から重要な文明の発祥地であった。

しかしオスマントルコ歴代のスルタンは古代の品々に対する興味がなかった。イギリス、ドイツ、フランスのヨーロッパ勢が当時のトルコの担当役人から古代遺跡の発掘許可をもらい、次々と遺跡を祖国へ持ちかえった。

近代トルコ共和国が誕生するまで、これらヨーロッパ諸国は、考古学調査団や探検家たちが野心に燃えて各地を掘り起こした。

シェリーマンのトロイがいい例である。

トルコが目覚めるのは第1次世界大戦後からである。

シリア、イラン、イラク、エジプトは独立し、トルコ共和国として残ったのがアナトリア半島であった。

アナトリア半島は想像以上に史跡があることがわかり、以降今日まで発掘が進められている。

60万年前にこの地に旧石器時代の狩猟民が住んでいたことがわかり、新石器時代、銅石器時代のアナトリア高原には都市型社会が発達して、その文化も周辺に影響を及ぼしていた。

 ヒッタイト、フリギアなどアナトリアに残された偉大な文明の遺跡の発掘が進められている。

発掘された品々は次々とこの博物館に運び込まれている。

その意味では大英博物館、ルーブル博物館が過去に持ち帰った品々しか、展示できないのに比べ、イスタンブール考古学博物館は現在進行している発掘作業の品々が追加されている。

その意味で現代的な博物館といえる。

=====================

目玉のアレキサンダー大王の石棺。意外に大きいのである。

 アレキサンダー大王の石棺。詳細な解説と、写真は当ブログにある。

 http://blog.goo.ne.jp/hayama_001/e/2470713847357773574e9e49f2a9d49e

 

アレキサンダー大王の彫刻と頭部とその解説文

 

<イスタンブール考古学博物館 日本語版から>

 

 

 

人類史上最初の条約であるカデッシュ条約、エジプトのラムセス2世とヒッタイトの王ムワタリシュの間で行われた戦い、紀元前1296年頃の戦争後に交わされた条約の碑文。

                                                                                                                                                                                                                                                         

 

☆ローマ皇帝の頭部

 

 

 

 

 

 

ガイド本からの貼り付け

 

 

 

 

 

 

 

☆ 中庭の石棺

 

 

 

 

 

☆地下に封じ込まれたメヂューサ

 

 

ボスポラス海峡クルーズ

 

 

 

 

☆宮殿ホテル 今にも水没しそうだが、水位があがらない。

 

 

 

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2000年のイスタンブール。ボ... | トップ | 葉山・一色の宅地造成 ”条例... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL