葉山町インサイダー

のどかでゆったりとした毎日が過ぎてゆく。All has gone. 葉山の人のぬくもりが感じられる今日この頃です。

葉山町 学校給食センター 建設用地の造成 当初案の2倍に膨れ上がる

2017年06月02日 | 葉山町▼給食センター

 

葉山町の小学校4校 中学校2校の学校給食センター建設を巡って 町側が予算総額をださないまま宅地造成のプランが議会に示された。

山田由美議員がその案をブログで発信している。

葉山町14人議員のうち、定期的に町民へ議会報告しているのは山田議員 畑中議員の2人だけである。

そのレポートによると

 山田由美ブログ

http://yumi-hayama-nagae.at.webry.info/201705/article_4.html

=======

スケジュール案によれば、葉山中学校下の斜面を造成する工事にかかる時期ですが、まだ造成案が固まっていないようです。プランAとプランBの図面を提示されました。

 プランAは、谷になっている部分に大規模な盛土を行い、広い面積を確保する方式。

 プランBは、なるだけ平坦部分を生かす方式で、ヘアピンカーブになっている道路部分を建設用地に繰り入れ、道路はその外縁に新たに作る方式。この場合、敷地面積はA案より少なくなります。

 いずれの場合も、4億円程度の造成費用がかかる見通しだそうです。これは、

予測されていた2億円の倍の金額となります。
 町としては、この4億円を何とか減らせないかと、色々な検討を行っているそうです。この二つのプラン以外に、何か出てくるかもしれません。業者からは、地盤の追加調査という提案も出ているようです。

 元々、この給食センター建設は、費用総額がまだ示されておりません。オリンピックに向け、資材や人件費の高騰が予測されている時期なので、総工費はどんどんふくれ上がる可能性があります。もしも20億円かかるようなら、自校方式や親子方式でも予算は変わらない、ということになるかもしれません

======================================================


当サイトの関連記事

 葉山オンブズは何故 学校給食センターの予算を一時 差止請求したか

http://blog.goo.ne.jp/hayama_001/e/ce7d2db30538284957f11fbfff6a3cab

 

学校給食センター 宅地造成設計費 突然議会に

http://blog.goo.ne.jp/hayama_001/e/d9c989138090761eecf96d38642bca63

 

学校給食センター 建築設計費予算4100万円 議会

http://blog.goo.ne.jp/hayama_001/e/da4e5c30887e1526d601663112f40755

 


『神奈川県』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鎌倉市長選 10月22日。 | トップ | 学校給食センターの費用は20... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-06-02 09:58:07
おそらく2020年以降首都圏の建築ラッシュは落ち着き、建築業者の確保は容易になると思われる。それまで建築を保留にした方がコストを抑えることができるはずだが、そのような発想は無いのでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL