葉山町インサイダー

のどかでゆったりとした毎日が過ぎてゆく。All has gone. 葉山の人のぬくもりが感じられる今日この頃です。

”少し不気味” 中国大使館 鎌倉市議を指名して牽制。人権状況と台湾の支援を求めた意見書 提出者に

2016年09月18日 | 鎌倉、逗子 横須賀

 

 

在日中国大使館から・・少し 不気味です。一地方議会の単なる国への意見書 ほとんど効果はないのですが そんなことにまで首を突っ込んでくる大使館、その大使館へ情報提供したとおもわれる鎌倉市役所職員の存在。

 上畠議員のFACESOOKから

 駐日中国大使館 参事官から議会事務局に私上畠宛に電話がありました。私は観光厚生常任委員会にて審議中の為、電話に出れませんでしたが、事務局が応対しました。

https://www.facebook.com/norihiro.uehata?pnref=lhc.unseen

 

内容は鎌倉市議会が可決した『中国政府に対して人権状況の改善を促し、日本政府と国会に対して必要な外交措置や人道的措置等を求める意見書』と、『台湾(中華民国)の国際民間航空機関(ICAO)など国際機関・国際連携への正式加盟・参加について支援を求める意見書』について抗議。

意見書は題名のとおり、一つ目はウイグル人、チベット人、モンゴル人への弾圧、チベット仏教や法輪功、民主活動家への弾圧に言及し、改善すべしと内容、

二つ目は台湾を国家として扱い、国際機関の加盟支持するもの

電話の内容は『台湾は中国であり、住んでいるのは中国人だ。上畠議員は中国に来たことがあるのか?来たことがないなら少数民族が幸せに住んでいる様子を案内するから来て下さい』

そもそも第3者である鎌倉市議会に台湾や少数民族のことを言われる筋合いはない!中国も沖縄の問題についてとやかく言っていないでしょう。

挑発ともとれる意見書だ』←尖閣に中国は何しているのか...

『対話は歓迎するし、現状を説明をする』

以上です。

先ず私は中国にはすでに三回渡航したことがあります。

少数民族の実際を案内するからといいますが、今の私が中国に渡航することははっきり言って身の危険を感じます。

ただ、台湾は中国の一部というのは中国の解釈。実際、一度も中華人民共和国政府の統治も及んでないでしょう。

日本の友好国 台湾のために出来ることをした迄です。

対話はこちらも言いたいことは山ほどありますから私も歓迎します。

皆様はどう思われますか?

『神奈川県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 葉山町のプライマリーバラン... | トップ | 消滅可能性都市 三浦市 C... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鎌倉、逗子 横須賀」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL