葉山町インサイダー

のどかでゆったりとした毎日が過ぎてゆく。All has gone. 葉山の人のぬくもりが感じられる今日この頃です。

横浜市内 2つの巨大ビル 58階建て200M複合施設 横浜市新庁舎は155M屋上ヘリポート

2016年11月02日 | 周辺の関心事

 

高さ200M、58階建ての超高層複合施設、鹿島で着工。

横浜市内最高の58階建て

日刊建設工業新聞 [2016年11月2日]

 三井不動産レジデンシャルと丸紅は1日、横浜市中区で計画している超高層複合施設の建設工事に着手した。58階建て延べ16・8万平方メートル規模の住宅・商業・文化複合施設で総戸数は1100戸、横浜市内では最高層・最大規模となる。設計・監理・施工は鹿島が担当。20年2月の竣工を目指す。

 建物名称は「(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト」。

建設地は中区北仲通5の57の2ほか。横浜のみなとみらい21地区と関内地区を結ぶ横浜の中心エリア。20年6月には隣接地に新市庁舎が移転する予定。敷地面積は1万3135平方メートル。建築面積は8760平方メートル。

建物はRC一部S造地下1階地上58階建て延べ16万8225平方メートル。

高さは約200メートル。

 分譲住宅を中心に宿泊施設、商業施設、文化施設などで構成し、46~51階にはサービス付き長期・短期滞在型宿泊施設「オークウッド」が横浜エリアに初進出する。分譲マンションは5~58階(46~51階を除く)。低層階の1、2階には延べ約6000平方メートルの商業・文化ゾーンを整備。スーパーマーケットやカフェ、レストランなどが入る予定。

 建物基壇部には横浜市認定の歴史的建造物「旧横浜生糸検査所付属生糸絹物専用B号倉庫およびC号倉庫(倉庫棟)」を文化創造の核として保存・復元する。

 

日本の高層建築

東京スカイツリー (634m)、東京タワー (332.6m)、あべのハルカス (300.0m)、明石海峡大橋 (298.3m)  横浜ランドマークタワー 70階建て、高さ296.33m[大成建設 三菱地所所有]

これに次ぐ高さのビルである。

 

横浜市新庁舎 概要 決まる 高さ155M 32階。屋上ヘリポート。

32年着工

 

平成28 年2月24 日に竹中・西松建設共同企業体と本契約を締結し、設計作業を進めているが、8月末までに、建物配置計画、各階平面計画、構造及び設備計画などの基本的事項として基本設計(概要)を整理した。

 今後は、29年8月の着工に向けさらに詳細な実施設計を進め、当初計画のとおり32 年1 月末の建物の完成・引渡し、32 年6月末の供用開始に向けて作業を進める予定。

 

➊計画地 横浜市中区本町6丁目50番地の10 (北仲通南地区)。

➋規模 敷地面積13,486㎡延床面積140,700㎡

建物高さ155m 階数地下2階/地上32階/塔屋2階

➌構造概要 構造種別鉄骨造(コンクリート充填鋼管造)等 構造方法中間層免震構造+制振構造 基礎杭基礎(一部直接基礎)

 ➍屋上ヘリポート 場外離発着場大型ヘリコプターに対応(ヘリポート床面24m×20m)

➎駐車台数 約400台内訳1F:約10台、地下1F:約180台、地下2F:約210台

➏昇降機設備 <エレベータ> 市民利用・商業(地下2F~3F)×2台、(地下1F~3F)×1台、 (地下2F~1F)×1台 議会部分(地下2F~8F)×2台、(3F~8F)×2台

http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kanri/newtyosya/image/kihonsekkei-youyaku.pdf

 

 

 

『神奈川県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勧奨退職の異常な運用にスト... | トップ | 鎌倉市選出の中村省司県議 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

周辺の関心事」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL