葉山町インサイダー

のどかでゆったりとした毎日が過ぎてゆく。All has gone. 葉山の人のぬくもりが感じられる今日この頃です。

ラフアエル会 新理事長に前鎌倉副市長 兵藤氏選任。東北大震災を真っ先に見舞った人。

2017年02月22日 | 福祉問題

 

混迷を深める鎌倉市の社会福祉法人ラフアエル会の新理事長に

前鎌倉市副市長・兵藤芳朗氏が選任された。

小野田理事長が2月3日付けで辞任した後を受けて2月21日開かれた理事会で新たに選任されたものである。

兵藤新理事長について 管理人は東北大震災で被災した多賀城市に同行し、新幹線の中で学生時代のこと 米国留学の事 やむなく鎌倉市役所に入ったこと,退職金の事など3時間にわたり赤裸々に語り合ったことがある。

誠実で人をまとめ、力を引き出せる人だと確信したのである。

社会福祉法人の経営者としてうってつけの人である。

その時のブログ

http://blog.goo.ne.jp/hayama_001/e/0e3acdf896487e77f66211f6c9fd7c3d

兵藤副市長は昨年松尾市長当選後に、議会全員一致で副市長に承認された市役所プロパーの方で、鎌倉市ただ一人の副市長。職員と市長を結ぶ調整役を務めながら、鎌倉市役所全般の実務責任者である。個人的にネパールとの交流に熱心な行動力のある人である。

早大在学中に米国のワシントン大学に2年間留学、金融 商社引く手あまたの売り手市場にありながら、酒屋を継がなくてはならず、鎌倉市役所を選んだ。地方都市としては珍しい留学帰りの貴重な存在となったのである。


『神奈川県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラフアエル会についての日経記事 | トップ | 逗子市の総合病院誘致をめぐ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

福祉問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL