ピットブルのハヤコ

ハヤコとかあさん

会いたい気持ち

2017-01-25 | かあさん

先週末、ハヤコが我が犬娘になってから、初めてではないか?もしかしたら、一度くらいはあるのかもしれないが、思い出せない。

私ととうさんは、ハヤコを家に置いて、泊まりで遊びにでかけた。

 

県外であるコンサートに、行きたかったんだ。行くことにしたんだ。ハヤコは、人間じゃないから、一緒に、行けない、いつもの旅とは違う。

 

ハヤコには悪いなとは思う反面、「一日だ、がんばってもらおう」と、ハヤコにお留守番のお願いをする。

 

勝手な言い分で、幸い、とうさんはシゴトの関係で自宅に帰ってこれないまま現地へ向かう、私ととうさんは現地集合のようなものだ。

だから、ハヤコはとうさんとかあさんに置いていかれるという感覚はない。私がお願いするお留守番に対して、がんばる努力をしているといった具合で、それを私たちは利用して、ハヤコに心の負担をマシにくらいは軽くなってるはずだと、屁理屈で自分たちの行動を正当化したくなる。いやいや、まあ、それは、ハヤコがどれだけ我慢を我慢と不満を暴発さぜずに耐えてくれているかに、私たちが甘えているだけなのだけれどね。

私にお願いされたハヤコは、決して楽しそうな顔をせず、遊びに出掛ける私を見送る。この顔は、私がいつもシゴトに行くときの顔とは全く違う。

 

とうさんは、シゴト先から自宅に帰らず現地集合だ、ハヤコのこんな顔を見ることない、だけど、そんなハヤコの我慢や表情は関係ない、ただ、漏らす、「ハヤコに会いたい」、と。

 

今回の県外遊びは、現地集合現地解散みたいなものだから、とうさんの休日、家に帰れないまま週明けのシゴトへと向かうことになる。

 

そんなことは、ハヤコを家に置いて遊びに出掛けることを決めた時から分かっていることなのだけれど、とうさんが漏らした言葉は、当たり前に毎日家に帰ってハヤコに会う私には、分かるようで本質は分かっていない、切実な感情なのではないかと、ちょっと感じた。

 

だから、遊びに行った大阪から帰る時、ハヤコへのお土産を選ぶに、とうさんがハヤコに買ってやりたいものを、選んだよ。

ハヤコの大好きな、チーズケーキ、今回はチーズロールケーキだ。

 

ハヤコは、とうさんに会ってない、かあさんが買ってきたケーキだと思ってるかもしれないね。

でも、ちょっとは、とうさんのニオイが、したんじゃないかな。

『犬』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウリ坊 | トップ | 自己防衛 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
気持ち分かります。 (モモばば)
2017-01-26 09:49:13
私も孫のゲーセンで半日位の留守をすることがあります。
少しでも早く帰ろうと思ってるのですが、ばばの気持ち孫知らずでW
ハヤちゃんのその顔はジーンときますね。
モモももう少し毎日の生活を積み重ねると、そんな顔をする事があるでしょうね。
ハヤちゃんとご家族の絆を感じます。
どうしても連れて行けない場合もあります。
そこが人間と動物の差なんでしょうね。
ハヤちゃん!おみやあるから頑張って!
モモばばさんへ (ハヤコのかあさん)
2017-01-26 22:22:28
こんばんは。

お孫さんとのゲーセン!とてもほのぼの感じました(笑)
その時間って、やっぱり大事だと思いますし、そういう時間を過ごせることは、ある意味大変かもしれませんが、幸せの一つだな~って、私が楽しい気持ちになりました。

我が家は、ハヤコが犬娘ですから、私もとうさんも、自分の愛情を全部ハヤコにぶつけています。
たぶん、そういう愛情が、人間か犬かってとこで。
ただ、やっぱり、犬は、人間社会で入れないところが、ありますからね。
そうです、そうです、ハヤコには大好きなケーキのお土産で許してもらうしかありません(汗)
せつなーい (ピットママ)
2017-01-30 21:58:35
今回は、とーさんの切ないはやちゃんへの愛を感じましたよー。
なんでもない毎日にはやちゃんがいる事が当たり前。
だから、はやちゃんに会えないというのは、とても大変な出来事なんですよね。
私も今回オーストラリアでは楽しみましたが、あちらで犬を見るたび思い出して大変でした。
ピットママさんへ (ハヤコのかあさん)
2017-01-31 22:43:56
たぶん、私よりもピットママさんの方が、とうさんの切ない思いを感じ取ってくださったと思いますよ。
私はちょこちょこ留守することはあったとしても、とうさんほど頻繁でも長い間ではありませんし、とうさんのシゴトの都合でのことなので、嫌だからとどうこうできるものでもないこともあって、そういう日常のとうさんの感情を、あんまり深く考えたことなかった面があります。
そこらへん、もうちょっと、とうさんの立場の感覚で考えるべきば部分があるなと、感じました。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL