ピットブルのハヤコ

ハヤコとかあさん

スマホカメラ

2017-02-20 | かあさん

特別何かを込めた写真ではない。

久しぶりに、私とハヤコが、ハヤコの運動場へと散歩に行った時の一枚。

 

一か月ほど前に、ガラケーからスマホに変えた。ガラケーの前にはスマホにしていた。だから、2回目のスマホ。

 

スマホとスマホの間に、重たい一眼レフを持ち歩くことも覚えた。

 

スマホのカメラは、重たい一眼レフに比べると、性能は到底足元にも及ばず。

しかし、スマホのカメラは、なんてったって、お手軽に撮影できる、持ち運べる、「ついで写真」をついつい撮ってしまう。

それはそれで、いいものだ。

 

なんでもない、散歩の一時を、お手軽に。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

敵は身内から

2017-02-17 | かあさん

ダークな心が生じると、不愉快だ。

不愉快になると、自分の心のためにとてもよくない。

だから、そこそこ分かったフリしていつも不愉快になる気持ちから遠ざかるために、心の距離を置いて辺りを見る、そして、そのポジションは、とても孤独であったりするけれど、怒りに震えることは、そんなにない。

それがいいとかわるいとか、判定するにはちょっとムリな感情だと思っている。

 

歳を重ねながら手にしてきた自己防衛や諦め、ただ怒ればいいものではないことばかりの人間世界で、それでも、従順でいられないことは、あって、そういう感情は、冷静に努めようとすればするほど、冷たく冷たく心が離れて行き、更なる孤独へと突き進む。そして、その進んだ先、表に出せない感情は、ただの噂話となって陰を纏いながら、それぞれ違う場面での真実と真実を結び付ける。

とても、恐ろしいことだ。だが、それが、人間だ、と、不愉快になった心の片隅で、心の陰が何に繋がるのか客観的に考えると、敵は、身内からだと、妙に実感した。

 

そういう感覚、ただただ人間世界で意向の合わない衝突というのはよくあることで。

 

全く繋がりにくいかもしれないが、漠然と、考えた、そういう感情、人間と犬では。

犬には犬の心がある、それを無視して、人間の思い違いな感情を押し付けられると、犬は、人間の押し付けた要求を、聞きたくなくなるだろう。

そして、実際、聞く耳を持たなくなるだろう、聞こえないフリをするだろう、聞こえているくせに。

そうさせているのは、押し付けた者の不愉快な命令であって、従順に、なるわけがない。

 

聞こえているのに聞こえないフリをする、聞こえていないと相手に思わせるほどの徹底した態度、アンタの言ってること聞く気ないよと自己主張もせずに、涼しく無視。

 

身内が敵になる。飼い犬が敵になる、あるな、と、思った。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

理由

2017-02-16 | かあさん

ハヤコという、愛しき、存在、よ。

細かい理由は、ない。

大まかな理由は、ある。

 

ハヤコは、私を好きだといってくれるから。

ハヤコは、私を必要としてくれている。

ハヤコは、私がいないと心が小さくなるから。

 

私は、ハヤコが大事だと思う。

私は、ハヤコがいないと、困る。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

予定変更してまで

2017-02-13 | かあさん

また天気予報が雪雪雪と言っていた。

それを耳にすると、私は、雪遊びに出掛けたくなる。

先週末は、迷った挙句、天気予報の雪雪雪よりも前に入っていた予定を変更して、ハヤコを連れてとうさんと雪遊びに出かけた。

 

そして、また、学習を知らない。

予報で雪だと連発されているときは、じゃんじゃん降ってきて、遊んでるどころでない、また、ゆきが吹雪く中ツッコんでしまった。

いつも行く場所では、とてもじゃないが、遊んでいられない、さっさと退散。

そのあと向かったところでは、吹雪いてはいなかったけれど、そこそこ雪が深くなっていて、ハヤコは、積もった雪に身が沈まって、もんじりもんじりえらい目にあったような顔をする。

だけど、おかまいなしに遊ぼうと誘う私に、ハヤコは。

雪の上に転がる私を、無視。

もう帰ろうと思っていたに違いない、そう感じながら、笑った。

 

雪遊びは、ただただ雪の上を歩くだけだというのに、なんか、楽しいんだ。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

また

2017-02-05 | かあさん

ハヤコには申し訳ないが。

 

二週間前に、大阪へとうさんと私でライブを見に行くために、ハヤコを家へ置いてけぼりで、遊びにでかけてから、たった二週間だよ、また、ハヤコはとうさんと私に置いてけぼりにされて、家で留守番んだった週末。

ハヤコがガンバッテルお留守番に、甘えることを覚えた私たちは、「ゴメンネ」と言いながら、また、大阪へ、ユニバーサルスタジオジャパンへ遊びに出掛けた。

USJへは、とうさんが「行ってみたい」と言い出した、USJで今やっている「クールジャパンが気になる」と言う、「クールジャパン」が開催されるのは期限がある、とうさんのお休みは不規則な面があるから先で機会があるか分からない、行けるときに行ってみようということで、ハヤコにゴメンネゴメンネと連発しながら出かけた。

ハヤコにとっては、どんだけ謝られようが、クソ面白くないと思う、自分が行かれないことは私たちからかけられる言葉で理解はしているが、なんで自分が行かれないかは、どこまで知っているか。

USJを楽しんだ次の日は、ぶらり大阪だった。

その「ぶらり」は、特別に決めていなかった、時間を持て余すくらいの無計画。

そこで、行ってみたのは、「インスタントラーメン発明記念館」、今や世界に当たり前のようにあるインスタントラーメン、我が家もお休みのお昼にはよくお世話になっているインスタントラーメン、日清の最初をへええええと知った記念館で。なんか面白かった。

マイカップヌードルを作れるってことで、カップに絵を書いたり、ラーメンの具を好みで4種類選べたり。

今回のハヤコのへの大阪土産は、インスタントラーメン発明記念館で作った私が描いたハヤコの似顔絵カップヌードルと、新大阪駅で買ったチーズケーキ。

 

もちろん、ハヤコは、チーズケーキにしか興味は持たなかったよ。そりゃそうだ。

 

「また」は、「また」の留守番は、しばらく、なしにしようね。ごめんよ、ハヤコ。そんで、ありがとぉう。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

姿

2017-01-31 | かあさん

今日は、私が少し遅くに帰った。

いつもなら、夕方、車で帰ってくるところ、すっかり暗くなってから、私は我が家から数百メートル坂下のバス停から、ボチリボチリ歩いて帰る。

 

我が家から数十メートルの坂下まで帰ってきた。

ハヤコは、ばあちゃんの部屋の窓の際にいる。

ハヤコは、暗闇のなか、坂下に現れるであろう姿を、凝視している、私の姿を、暗闇に向かって、現れるまで、ずっと、見ているんだろう。

私は、その姿を確認すると、いつも、心の奥の、底の部分が、平らに、静かになる感覚を、知らんぷりできないんだ。

そういう時は、犬に、ハヤコに、とても、心から、感謝を、実感するんだ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

自己防衛

2017-01-26 | かあさん

この、ハヤコのブログで、私が書く言葉は、使い方を間違っていることが、多々あると自覚している。

それを感じながら、学のないまま書く言葉だ、それを、どうでもいい時がほとんどだった、しかし、少し前にひょっこり、それではダメな自覚が表に出てきた。

完璧に、言葉を、並べないと。そう、どこか、体の片隅にひっかかって、狭い感覚に陥る。

 

それが、昨日、ひょこり、どうでもよくなった。

間違いも、思い違いも、あるわ。

それは、ごめん、かなり大目にみてください。

 

ハヤコと、私と、とうさん、を、書かせてください。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

会いたい気持ち

2017-01-25 | かあさん

先週末、ハヤコが我が犬娘になってから、初めてではないか?もしかしたら、一度くらいはあるのかもしれないが、思い出せない。

私ととうさんは、ハヤコを家に置いて、泊まりで遊びにでかけた。

 

県外であるコンサートに、行きたかったんだ。行くことにしたんだ。ハヤコは、人間じゃないから、一緒に、行けない、いつもの旅とは違う。

 

ハヤコには悪いなとは思う反面、「一日だ、がんばってもらおう」と、ハヤコにお留守番のお願いをする。

 

勝手な言い分で、幸い、とうさんはシゴトの関係で自宅に帰ってこれないまま現地へ向かう、私ととうさんは現地集合のようなものだ。

だから、ハヤコはとうさんとかあさんに置いていかれるという感覚はない。私がお願いするお留守番に対して、がんばる努力をしているといった具合で、それを私たちは利用して、ハヤコに心の負担をマシにくらいは軽くなってるはずだと、屁理屈で自分たちの行動を正当化したくなる。いやいや、まあ、それは、ハヤコがどれだけ我慢を我慢と不満を暴発さぜずに耐えてくれているかに、私たちが甘えているだけなのだけれどね。

私にお願いされたハヤコは、決して楽しそうな顔をせず、遊びに出掛ける私を見送る。この顔は、私がいつもシゴトに行くときの顔とは全く違う。

 

とうさんは、シゴト先から自宅に帰らず現地集合だ、ハヤコのこんな顔を見ることない、だけど、そんなハヤコの我慢や表情は関係ない、ただ、漏らす、「ハヤコに会いたい」、と。

 

今回の県外遊びは、現地集合現地解散みたいなものだから、とうさんの休日、家に帰れないまま週明けのシゴトへと向かうことになる。

 

そんなことは、ハヤコを家に置いて遊びに出掛けることを決めた時から分かっていることなのだけれど、とうさんが漏らした言葉は、当たり前に毎日家に帰ってハヤコに会う私には、分かるようで本質は分かっていない、切実な感情なのではないかと、ちょっと感じた。

 

だから、遊びに行った大阪から帰る時、ハヤコへのお土産を選ぶに、とうさんがハヤコに買ってやりたいものを、選んだよ。

ハヤコの大好きな、チーズケーキ、今回はチーズロールケーキだ。

 

ハヤコは、とうさんに会ってない、かあさんが買ってきたケーキだと思ってるかもしれないね。

でも、ちょっとは、とうさんのニオイが、したんじゃないかな。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ウリ坊

2017-01-17 | かあさん

ここ数日の寒さ、いつもより一段と冷えた空気、私はハヤコに2か月ほど前東京に行った時に買った服を着させた。

「はちゃん、寒いけん着ときんさい。」

ハヤコは、それなりに、新しいアイテムのフリースを着る。

このフリース、とうさんにはウケが悪い。

とうさんに言わせると、ハヤコの首回りがキツそうで可愛そうだと言う。

たしかに、ぴったりフィットである。

我が家は、どうも、皆それぞれに、ハヤコに過保護だ。

その過保護のポイントが、それぞれ、ちょっとズレはあるけれど。

だから、ハヤコへの過保護の幅は、4人分のズレ幅分膨らむので、そこそこ大きいと、思う。

さて、2か月前に買った新アイテムのフリースを、ばあちゃんは存在を知らなかった。

ハヤコへのお土産をばあちゃんにわざわざ見せていなかった。

 

2日前、ばあちゃんの知らないフリースを着させられたハヤコが、ばあちゃんの部屋に入っていった時のこと。

近くの部屋にいた私にも聞こえるほど、ばあちゃんが何やら驚いている。

「うりぼううりぼう」と大きな声を出しながらばあちゃんが自分の部屋から出てくる。

 

ばあちゃんは、フリースを着て部屋に入ってきたハヤコが、イノシシの子供「ウリ坊」に見えたらしくて、とても驚いたと言う。

ばあちゃんは、「いつこんな服買ったんね、ウリ坊が入ってきたんかと思うたわ」と、ウリ坊でなくハヤコだと分かった姿に笑いながら、胸を撫で下ろしていた。

 

なぜ、フリースを着たハヤコをウリ坊と勘違いしたのかは、全く理解ができないけれど、家の中にウリ坊が侵入してきたと、年寄りの錯覚を起こさせるほど、ショッキングな姿だったということだろうかな。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

大雪注意報と大雪警報

2017-01-16 | かあさん

天気予報がやたらと雪雪と言っていただけあった。

 

2日前、我が住む広島県での天気予報、北部では「大雪注意報」だった。

その日は我が家はおやすみの土曜日、広島南部に住む私たちは、北部の大雪注意報に向かって出かけた。

いつもの雪を求める豪雪地帯とは違う場所、いつもより少し手前で雪を楽しむ。

とうさんが切り取った写真は、白い雪だけのうえで遊ぶ私とハヤコ。

注意報なだけあった、雪が降り、風が吹き、ハヤコとギャーギャー遊んだ時間は短い、雪は、キレイだけれども、冷たくて、鬼になりかけた天候は、小さい私たちの心をさっさと退散させる力を見せかける。

 

次の日、広島県南部に、なんと「大雪警報」が出た。

ここ近年では1年に1回か2回しか雪は降らない我が家で、雪が積もった、南部で大雪警報なんて聞いた覚えがないくらい。

我が家の周りに降る雪も、キレイだ。

ただ、雪に慣れていない地域だ、なんか、いつも以上に、すごく静かだった気がする。

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加