ニュートンリング模型日和

私はどれみちゃん!あなたもどれみちゃん!

鬼塚堂製 明治45年改正下士以下背嚢

2016-11-03 15:29:45 | 日本陸軍 背嚢
11月になりました。朝晩は冷え込みが激しいです。
最近は軍装品を大量に整理したため、押し入れが少し寂しくなりました。
書籍関連も一部を除いて定番品(零戦がアホみたいに大活躍するやつ)は全て整理しました。
昨今書店に並ぶ書籍も大部分が零戦か戦艦大和、もしくは臭い軍国美談で寂しい限りです。
もう少し目の覚めるようなアイテムがないか古書店を漁っています。

さて、今回は見た目も暖かいオニヅカ堂製 明治45年改正下士以下背嚢です。
明治45年、標題「下士以下背のう制式改正の件」に記載があります。
全体が毛皮で覆われており、正に毛皮背嚢です。
革の厚みも十分で重量感があります。
背嚢側面の特徴的な耳革、内部の中枠も繊細な仕上げで再現されています。






■細部名称
今まで写真に書き込んでいましたが、あまり意味がないように感じたので資料をそのまま掲載します。
図は「被服手入保存法」より引用しました。






◆明治20年改正下士以下背嚢
こちらはさらに古い明治20年改正の背嚢です。明治陸軍恐るべしといった代物です。
後の九九式背嚢からは想像もつかない仕上がりです。ブリキのケースが収められています。
最近話題のマンガ「ゴールデンカムイ」にも背嚢が登場するそうですが、おそらくこのタイプではないでしょうか。
作品は第一話しか読んでいないのでわかりませんが・・・。
図は標題「下士以下背のうを改む」より引用しました。










▲明治38年制定 代用背嚢
明治38年には帆布製のものが代用品として制定されたようです。
その後の運用、改正や廃止に関しては調べていないのでわかりません。
標題「当分の内下士以下用背嚢は茶褐色帆布製のものを以て代用することを得」より引用





■まとめ
商品そのもののレビューは他のブログやSNSでも行わているので、そちらをご覧ください。
装備の縛着などに関しては昭五式背嚢の記事中に書いたのでここでは省略しました。
現在は外套の縛着に苦戦しています。綺麗に畳むのは意外に難しいです。
昨今は箱背嚢の複製品が出回るようになり、枯渇時代は昔話になってしまいました。
「ゆうちゃん背嚢」をどれだけの人が覚えているでしょうか(笑)





ではでは。


*注記
記事中の標題は引用元に記載があったものをそのまま掲載しています。
実際の資料中ではカタカナや漢字表記されていることをご留意ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加