ニュートンリング模型日和

うちは飲サークルじゃない

でくの房製 三十二年式軍刀属品刀帯

2015-03-20 20:44:34 | 三十二年式軍刀/刀緒/刀帯
今回ご紹介しますのは、でくの房様に製作していただいた三十二年式軍刀属品刀帯です。
革質も素晴らしく、堅牢かつ美しい仕上がりです。
軍装をより一層引き立ててくれることでしょう。



(1)尾錠
銃剣帯革より幅が狭く、取り外しが出来るようになっています。
尾錠の位置は前後に動かせるので、しっかりと体にフィットします。







(2)釣革
軍刀の佩カン(カンの字は「環」の王へんが金)と連結する部分です。長さの調節ができます。
昭和9年に釣革にナスカンが付くようになります。
今回は旧来の方法に倣い、佩カンに直接連結してみました。







(3)著装法と軍刀のつりかた
中央の金具に剣留を通して固定します。



自分のサーチ不足かもしれませんが、軍刀のつりかたを文書化した資料は未見です。
手持ちの資料から再現してみました。



以下の写真から、釣革の尾錠が外側に見えます。



刀緒は護拳に巻くだけでなく、写真のように垂れた分は釣革の内側に通している例もあります。
赤矢印は尾錠を、緑矢印は釣革の下を通る刀緒を示しています。





ではでは。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加