ニュートンリング模型日和

努力型の即戦力人材を求めています。

HIKI-SHOP製 九八式夏衣

2017-07-14 19:21:22 | 日本陸軍 軍衣(冬衣)/夏衣/袴/襦袢/作業衣
はじめて行った美容院で「おまかせコース」を選んだら、イメチェンレベルでバッサリ短くなりました。
感想は、帽をかぶったときに丸刈りに見えてよろしいと思いました。(結局それ)

さて、今回は前回の記事で少し触れたHIKI-SHOP製 九八式夏衣です。
国内でも安定して入手できる複製品であり、既に定番アイテムとなっています。
実物と比較すると形状や構造が甘い部分もありますが、少し手を加えるだけで"化けて"くれます。
考察云々に関することは過去の記事で書いているので省略します。
なお、以下の記事中の商品は洗濯機で一度洗っています。

(1)襟
ホックのオス・メスが逆になっているので、一度取り外して縫い直しました。
オス・メス共に位置を下げて、現物あわせで襟のシルエットが美しく出る位置を探します。





襟章等もいつも通りのやり方でピリカピリララ魔法でチョイチョイと縫い付けていきます。
スケールの横幅がちょうど15ミリなので、簡単に襟部徽章の取り付け位置を決定できます。
「6」を取り付けていますが、特にどこかの部隊をイメージしたわけではないです。



(2)精勤章
残部隊商店にて購入しました。
個人的に旧式の方が存在感があるので好きです。



(3)剣留(けんとめ)
一着あたり一つしか取れないフカヒレ的存在です。
釦は意外にもしっかり縫い付けてあるように思えます。
不安な人は補強してもいいと思います。





(4)着用例
ダイエットの成果が出たのか、顎のラインがきれいになったと職場の人によく言われます。
なかなか腕と背中に筋肉がつかないのが悩みですが、合宿までにもっと体を鍛えたいと思います。




ではでは。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実物 四五式外套 | トップ | 改正行李と共に去りぬ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本陸軍 軍衣(冬衣)/夏衣/袴/襦袢/作業衣」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。