ニュートンリング模型日和

しょせんは偽物・・・・。

2017年度銅部隊夏合宿【リマインド】

2017-07-20 18:46:26 | 銅部隊連絡用掲示板
会員各位へ、今後は夏合宿に関する連絡事項はこちらの掲示板で行います。
変更点があればその都度連絡しますので、適宜確認をよろしくお願いします。
一般公開していますが特に意図は無いです。

■今回の目標
部隊内の規定で定めた被服装具で統一し、教練等実践的活動を可能にする。


レギュレーションがおおむね決定したので下記にまとめます。
足りないもの、用意できないものは必ず報告してください。
どうしても間に合わない場合は貸出可能なものもありますので相談してください。
今後の新規入会者に対しても、入会条件として提示する予定のものです。
昭和16年夏季の内地での演習を想定しています。

【基本品1】
1.略帽(カーキ色、昭和15年頃までのモデルが望ましい)
2.下士官兵用軍帽(覆があれば持参すること)
3.夏衣袴(九八式)
<襟章は昭和13年制、襟布は茶褐色が望ましい>
<隊(通称)号章は各自の出身地など好みの番号を用いてよい。現状では新旧不問>
<釦は赫銅もしくは真鍮釦が望ましいが、現状ではベークライト釦も可>
4.銃剣、銃剣帯革
5.巻脚絆・靴:実物や各種複製品、代用品を使用する、巻脚絆はカーキ色が望ましい
6.襦袢・袴下:実物や各種複製品、代用品を使用する

【基本品2】
1.雑嚢:いわゆる昭和15年までの形式であれば可
2.水筒:筒は新式・水筒紐昭五式(伊号)・旧式も可、口栓は木栓まで可
3.防毒面携帯袋
4.鉄帽:覆をつけること。覆はいわゆる前期型が望ましいが後期型も可
4.三八式歩兵銃:属品共

下士官(曹長)基本品
0.衣袴及び帽などは上記基本品1に同じ
1.雑嚢・図嚢(腰釣式)
2.水筒
3.拳銃一式(二十六年式は貸出可)
4.防毒面携帯袋
5.刀(属品共)
6.編上靴・巻脚絆
7.鉄帽(覆をつけること)

将校基本品
0.衣袴及び帽等の配分は概ね上記基本品1に同じ
1.図嚢
2.水筒
3.胴締
4.拳銃一式
5.双眼鏡嚢
6.防毒面携帯袋
7.鉄帽(覆をつけること)
8.刀(刀緒は必ずつけること)・いわゆる指揮刀に新式刀緒も可
9.編上靴・巻脚絆もしくは将校准士官革脚絆が望ましい
10.手袋(緑または黒が望ましい)
11.背嚢(夏季用の万套を縛着すること)

【希望者のみ】
1.箱背嚢/九九式背嚢
1-1.外套
1-2.飯盒
1-3.携帯天幕(支柱もしくは同寸法の木材を中に収めること)
1-4.身体用偽装網
1-5.円匙
1-6.地下足袋

2.各種勲章類



■前回の反省点
昨年度のクリスマス合宿の反省として、報告・連絡・相談は必ず行ってください。
後から「本当はこうしたかった、こうしてほしかった」ということが無いようにしてください。
これはームワークなので、各自の意思表示をしっかりと行ってください。
物が有るのか無いのか、用意できるのかできないのか、それを確実に共有してください。
報告が早いほど対策ができるので、計画的かつ無理をせずに取り組んでください。
また、考察的不備や破損・汚損の著しい被服装備品はこの機会にできる限り更新してください。
会内で余剰品がある場合もあるので、それらの情報も共有してください。
一年に一回集まれるか集まれないかという現状だからこそ、一回一回の合宿を大切にしてください。
「また今度」では絶対に改善はありません。「今やろう」という気持ちでいきましょう。
ご協力お願いします。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HIKI-SHOP製 九八式夏衣 | トップ | Vショーは雨あがりの浅草で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

銅部隊連絡用掲示板」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。