ハヲ小屋

関心空間ひっこし先

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

光るコケ

2017-08-13 19:34:04 | 日記
ヒカリゴケ(Schistostega pennata)


浅間山麓、鬼押出しと呼ばれる亜高山溶岩帯の洞に自生する光りたがりな苔を見に行ってきました。

自発光じゃなく、外部からの光に反射するタイプ。
球形な原糸体がレンズの役をはたします。
光を感知するや「お、来たぞソレ!」ってんで上手いことキャッチしようと入射角に沿ったポジションどりを行うべく葉緑体が細胞内をいそいそ移動してまわるらしい。
ういヤツ。

何ゆえ光りたがるのかは謎。

画像は、岩塊の隙間にのぞく棲息洞(およそ深2m)へ向けLEDライト照射し光ってもらったところです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・リフレクション | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お〜〜 (スミツツキ)
2017-08-15 16:56:23
しっかり写るほど光ってる…
光を取り入れることが重要で反射は成り行きなんですかね。
獣の眼みたいなものかしら。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事