Tissue Paper … 気長に気楽にかあるくかるく…

いらっしゃいませ。おひとりさまで? 
お好きな席にどうぞ。

30金…神の御心

2011年09月30日 | 2011



朝、隣の課に連絡が入った。
40そこそこの同僚が亡くなったと。
突然の死。
突然訪れる死。
突然の訃報を聞いた仲間はそれぞれ茫然と言った様。

彼は、昨晩、いつものように家族に「おやすみなさい」と言って床に就いたんだろう。
そして、そのまま…。
次の朝が来ないだなんて思うわけがない。

運命だったのか、とか、
宿命だったのか、とか、
「なぜ彼を連れて行くことに神は決めたのか」と天に向かって問うてみたところで
その答えは聞こえてくるはずもなく。
ああ、でもそれは
「なぜ俺がまだ生かされているのか」と同じ答えになるんだろうなあ。


明日は来ない、かもしれない。
けど、今日が最後だとばかりに、
毎日々々、悔いを残さぬように、力の限り精一杯生きることも難しい。

今日が来たことに、
明日を憂えることに、
君とすごせることに、少しだけ頑張りたい。



合掌。

この記事をはてなブックマークに追加

29木…with

2011年09月29日 | 2011
with



もう何年前になるんだろう。
君がWEBのコメントに残したメッセージは「with」だったね。
覚えているだろうか。

そして気がつけば
僕の日記のすべてにいつも君がいる。
「with」

僕は君に支えられてきた。
僕は君を支えたことがあっただろうか。

約束も
言質も
契約もなく
指輪も
証文も
縛るものは何もないままに
今日まで来れた。




僕らはどこまで行けるのかなあ。




「with」




 これからも。いつまでも。

この記事をはてなブックマークに追加

28水…もう頬杖はつかない

2011年09月28日 | 2011




ちょっと風邪を召しちゃった感じ。
鼻がムズムズ。
風呂に行っても水風呂に入る気がしない。
湯船につかっていても身体が温まってこない。
こういう日は、とっとと寝るに限ります。

てなわけで23時就寝。
早い。
いつもは午前0時から午前の2時くらいの間。







この記事をはてなブックマークに追加

27火…50㎞

2011年09月27日 | 2011




50㎞が1時間。
あ、時速にすると50㎞/時。
早いような、遅いような。。

間、高速道路も使ってるのに。
一般道がどれだけ遅いかってことなんだろうな。
でも、ひとりで走るのは、つまらんね。









この記事をはてなブックマークに追加

26月…勝手気ままに

2011年09月26日 | 2011



気がふれるとか気が狂うとか。。どんな感覚なんだろう。
一線を越えるときって、どんな感覚なんだろうか。
一度、境界を越えてしまったら、
次からは躊躇なくその境界を簡単に越えることができるんだろうか。

自分の限界と他人が思う俺の限界。
乖離した部分があると思うんだが…。

自分は自分、他人なんぞ思いやってやるもんか。









この記事をはてなブックマークに追加

25日…ふぅ。風呂三昧

2011年09月25日 | 2011





午前中、つま恋の森林の湯に行く。
昼間のお風呂は空いていて気持ちがいい。
お風呂と見渡す風景を独り占め。
寝湯で転寝。
ゆであがりそうだっだ。









夕飯は、ちゃんこ屋さんで鍋っ。
最近、身体が和物を求めてる。
ファミレスの洋食系のメニューに少し飽きがきているみたい。
どこで食っても美味いんだけど
なんてーんだろ、綺麗すぎるというか整いすぎてるというか。。。


お。
風呂上り参考記録なれど、体重計に乗ったら、78.6㎏。
水分、抜きまくって飯前だったからね。
このくらいの体重で、体脂肪率12%くらいになれたら…どんな体型になるんだろう。。。
たまには腹筋が見たいよね。
筋トレ、頑張ってみようかなあ…。





この記事をはてなブックマークに追加

24土…空から降ってくるもの

2011年09月24日 | 2011




人工衛星の燃え残りが空から降ってくるんだと。
これも時代なんだろうか。



Polar Bear





今日の午後に落下の可能性が強いって言ってる。
どこに落ちるんだろう。。。



『空からブタが降ってくる』




…って、どこか遠くの海に落ちたらしい。
海の藻屑と成り果てたってわけかあ。



この記事をはてなブックマークに追加

23金…君と僕

2011年09月23日 | 2011
朝、雨音で目が覚めた。
雨が降っていた。
颱風は去ってしまったはずなのに。

ガリレオ温度計の浮き球がふたつになっていた。
昨日までは、浮いている球はひとつだった。
少しずつ秋が始まっている。
そういえば、勤務先の立ち木にどんぐりがなっているのに気がついた。



ET-KING 愛しい人へ




君と僕とのつながりは、
友情であったり、なかったり。。。
愛情であったり、なかったり。。
情熱であったり、なかったり。。
思いやることであったり、なかったり。
万華鏡のように変わる感情とそれに翻弄される感情が交錯して生み出されるものであったり、なかったり。

愛してるって何だろう。
愛してるってどんなことなのか説明できないけれど、愛してるって確信できる。
軽く寝息を立てている無邪気な寝顔に確信できる。






勤務先の立ち木にどんぐりがなっている。
風に揺られて下に落ちても、地面はアスファルトに覆われている。
根付いたり芽吹いたりすることは難しいかもしれないけれど
もしかしたら鳥が運んでくれるかもしれない。

少しずつ秋が始まっている。











この記事をはてなブックマークに追加

22木…電気仕掛け

2011年09月22日 | 2011



颱風一過。
まだあちこちが停電しているようだ。
電気が無くなると途端に全ての物が停止する。
理解っちゃいるけど、実際に起こってみないとわからない。
俺んちは、停電しなかったけれど
電気が止まっちまったところの友人たちは、何もできなくなちまって不便を強いられているようだ。







電話もできない。
携帯にも充電できない。

電気でしかモノって動かないんだよなあ。


そのうち人間だって電気仕掛けになったりして。







この記事をはてなブックマークに追加

21水…颱風

2011年09月21日 | 2011



すげー。
直撃。
めっちゃ怖かった。
近所では屋根が飛んだり、倒木が家に伸し掛かってきたりで、もう大変。









颱風らしい颱風なんて、何十年ぶり。

夜には風が雨治まったんで、銭湯に行ってみたら、めちゃこみ。
なんでも、停電しちゃったところの人々が、風呂を求めて殺到していたらしい。

すげー。







この記事をはてなブックマークに追加

20火…当たり年。

2011年09月20日 | 2011



明日から颱風なんだって。
今年は、災害の当たり年のような気がする。





宝くじは当たらんけど。









この記事をはてなブックマークに追加

19月…地球はあるんだってばさ

2011年09月19日 | 2011




10万年後を見た。

見に来ている年齢層は比較的高い。
田舎の映画館でコウイウ意味深な映画をかけるというのも珍しい。

この国はきっと放射能によって崩壊するんだろうなあ。
そして、この星は放射能によってヒトが生きていけなくなるに違いない。

でも、地球にしてみれば、ヒトが住めなくなるだけで、
放射能に順応した生命体がヒトに代わり栄えていくってーだけで。

それは恐竜の時代からヒトの時代に遷り変った時と同じなわけで。









この記事をはてなブックマークに追加

18日…想ふ

2011年09月18日 | 2011



いつ果てるともわからない命の流れの中で人は人を想う。
これまでのこと、これからのこと。
今までのこと、今からのこと。
昨日は過去のこと。
明日は未知のこと。

忙しさにかまけて、今を粗末にすれば、そりゃあもう。。。。
神様ってどこかで俺らを見てるんだし。

やりたいこと。
やるべきこと。
やらされること。
これらのこと時間が埋まっていく。
忙しいったらない。


でも、さすがに今日は休みの日。
いつもより少しだけじっくりいろんなことを考えられた。

今日の体重、80.1kg。
ひさびさに体重計に乗ったので、表示される数字が出るまでドキドキだった。(笑)









この記事をはてなブックマークに追加

17土…降ったり止んだり

2011年09月17日 | 2011




青空が出てみたり土砂降りが降ってみたりの忙しい天気。
極端な変化。

3連休の初日がこんな天気じゃ出鼻をくじかれる。
午前中はAmazonで購入した「カンフーパンダ」の1を流しっぱなしで転寝。(^_^;)
午後からエアロビに行く予定。






なんだか最近、日出処の天子がやたら読みたくなってきた。
Amazonで大人買いしちゃおうかなあ。もち中古品を。


お天気、そろそろ、晴れたらいいのに。
遠慮はいらんぞ。晴れろっ♪







この記事をはてなブックマークに追加

16金…中途半端な夏休み

2011年09月16日 | 2011




午前中は仕事。
午後から夏休み。
夏休みが消化できそうにもないんで
1日休みの届を出しておいて、午後からお休み。

走る蒸気機関車の見える温泉に行ってきました。

びっくりしたのは、お客さんの平均年齢が高いこと高いこと。
もしかしたら80歳のアベレージくらいでは?と思わせるくらいの風景でした。
それに思いのほか人数がお客さんがたくさんで、お風呂に入れるスペースが少なかったし。

小さくなってお風呂に入り、無料休憩所で転寝。
すぐ近くで蒸気機関車の汽笛の音がしましたが、頭をもたげてみることが面倒だったんで
汽笛と車輪のの音だけで蒸気機関車を満喫。(^_^;)


ひさびさに、カルボナーラってモンを食った。
初めて喰った時は、めちゃくちゃうまく感じたんだけど、最近は「?」って感じ。
誰か美味いカルボナーラを出すお店、教えてくれません?










この記事をはてなブックマークに追加