Tissue Paper … 気長に気楽にかあるくかるく…

いらっしゃいませ。おひとりさまで? 
お好きな席にどうぞ。

28…二月は逃げる

2009年02月28日 | 2009



二月は逃げる。
バタバタしている間に二月は逃げる。

人も逃げる。二月は逃げる。
他人からも
自分からも

あれ?

自分から逃げるための逃避行が、自分探しの旅になってたりして。


自分の人生を追い求めて走り続ける人生
自分の人生から逃げ迷って走る続ける人生


どちらもしんどい。


俺はね、
追い求めてもOK
逃げ迷ってもOKなんだ。

ただ、ただ、走ることをから、いち抜けたいだけ。
走るって、しんどいじゃん。
自分の人生だもの。自分のペースで、ちんたらちんたら歩きたい。




ところでさ
メロンクリームのパンって美味いね~。
サークルKとかセブンイレブンで売ってるとついつい買ってしまいます。
子どもの頃から、
「メロン=高級」というイメージが刷り込まれた人間なんで、
ありがたがっちゃうんですよね~。









この記事をはてなブックマークに追加

27…「ら」と原点回帰

2009年02月27日 | 2009




客がくるらー

けど、こむらー

みんなでくうらー

で、のむらー

昆布だしに、するらー

東京湾に、ごじらー


静岡における日常の会話では、
日本で一番たくさん「ら」が消費されているにちがいない。

そんなことを思いつつ、しゃぶしゃぶに舌鼓。

浜松のおふろやの前に、しゃぶらく開店。


気がつけば、財布の中は、しゃぶしゃぶのお店のカードが4枚。
ぜんぶ、食い放題のコースがあるお店。(^_^;)


しゃぶしゃぶをくうヒトのことを
静岡では「しゃぶらー」と言います。


大嘘。(^_^;)




あー。しゃぶしゃぶ、食べたい…。







この記事をはてなブックマークに追加

26…雨のものがたり。

2009年02月26日 | 2009




やたら雨の日が続く。
菜種梅雨っていつ頃のことだったか。
まさか2月のことではないだろう。

通勤時に気がついたんだ。
最近の高校生って、雨の日、親に車で学校まで送ってもらうのが当たり前みたい。
学校の入り口付近の道路は、子ども乗せてきた車でごちゃごちゃしている。

俺が高校生だった頃は、親に送られてくるような奴っていたっけ??
思い浮かばないんだけど、これも時代なんだろうなあ。

過保護じゃないの?って感じるわけじゃなく、
それだけ、生活に余裕ができてきたんだろうと感じる風景。


…ん。
帰りも迎えに来てもらうのだろうか。
だとしたら、すげー。

頑張れ世の中のお父さん、お母さん。









この記事をはてなブックマークに追加

25…わりとキリギリス

2009年02月25日 | 2009



大変お世話になった方が、57歳でも、3月末に退職すると聞いて、びっくり。

俺、キャラクターがわりとキリギリスなんだけど
その話を聞いて、びっくり。

俺、今年47になるから、あと10年で辞めるってことじゃん。


そんなこともあったんで、生協に買い物にいったときに
ついつい目に入った本を、迷わず購入。
少しは勉強しなくっちゃ。











この記事をはてなブックマークに追加

24… ただただ

2009年02月24日 | 2009


僕は死が恐ろしかった。
だから、いっその事、死んでしまえば、
この恐ろしさから逃げられると考えたことがあった。
それは、酒に酔い、薬にすがっている頃の御伽噺。


あなたが幸せになるためだったら、
本当に幸せになれるんだったら、
死を選んでもかまわない。

けれど、死を選んでも
幸せになれるかどうかわからないなら
現世に踏み留まって欲しいんです。

あなたがいなくなったら、僕は泣きます。
あなたがいなくなったと考えただけで、僕は泣けます。
あなたがいなくなった世界と、あなたのことを思って泣きます。
本当は、あなたが死んで幸せになったかどうかなんてどうでもいいんです。
ただただ、あなたに生きていて欲しい。


鎮魂歌は、残された者の魂を鎮める歌にちがいない。
旅立ったものは、いつも優しく穏やかだから。。











この記事をはてなブックマークに追加

23…鞄の中身

2009年02月23日 | 2009



使い勝手の良い鞄に、なかなか巡り会えない。
どんな鞄にも、不便だと感じる所が必ずある。
だからと言って、どこに行くにも、手ぶらで行くというわけには行かず、
どこかちょっとだけ、気に入らない鞄をいつも持ち歩いている。
今、一番使っているのは、無印良品で買った黒い頑丈な奴。

俺の鞄の中身はこんなもんなんだよな。
どうも収まりが悪くて、いらいらすることが多い。

財布。
商店の各種の会員カード入れ3冊
降圧剤ほか薬の類。
眼鏡。(夜間運転用。免許は「条件なし」なんだけど)
携帯電話。
筆記用具。
ポケットティッシュ。
デジカメ。
普通のタオル。(汗かき
弁当。
500mlのペットボトル。
花粉症用の眼鏡。
花粉症の点眼液、点鼻薬。
使い捨てマスク。
アイボン。(上を向いて目を洗う薬液
文庫本。(ちょっと時間が空いた時用

これらが、ちょっと小さめのポシェットみたいな奴3つに小分けされて、
または鞄に付いているポケットに収納されている。

飴玉や酢昆布は、常備したことがないが、
一時はソイジョイを持ち歩いていたりして…。(汗


重いはずだし、
出しづらいはずわさ。汗

あ、でも、俺の場合、車での移動が99%だから
助手席が空いているときは、ガバッと口が開く鞄が重宝するし
持ち歩く週末は、たすきにかけられるメッセンジャーバッグに
中身を入れ替える。






今日はジムへ行った。
真面目に行ってないんで、12月に挙げることができた重量が重過ぎてダメ。
萎えるもんだなやぁ…。
少しは足しげく筋トレにも通わなくては。。。ジム代が勿体無い。
















この記事をはてなブックマークに追加

22…いつもお元気ですね

2009年02月22日 | 2009


土曜日は、
ストリートダンス基礎、
シェイプアップエアロ、
エアロ1、
ステップ2
と4つのレッスンを頑張った。

ステップ2が終わる頃には、左の大腿四頭筋がつりかけて、
ラストのストレッチもままならない状態になる始末。
情けない。

初めて、ステップ2のレッスンに参加したんだが、
ステップ1とのレベルのちがいに目を白黒。
足を間違える。
手を間違える。
ステップ台を踏みそこなう。
ターンされると何それって感じで呆然。
でくのぼうってまさしくこの俺のこと。

レッスン中、ステップを目で追うのに必死で、笑顔をまるで忘れていた。
こんなんじゃダメダメ。
めいくみーすまいる(byスージークアトロ)


…と、昨日の学習を生かすべく、
さあ、今日も頑張らなくっちゃってことで、懲りずにジムへ行く。

着替えを済ませて、ホールに降りていくと、イントラさんが声をかけてきた。



「おはようございます。いつもお元気ですね~」




おはようございまふ…ん…んん?…

(ここから心の声)
ちょっと待て。
「いつもお元気ですね」だと?
「いつもお元気ですね」って、年寄りにしか言わない言葉だよな。
俺を幾つだと思って声かけしてるんだ。
今のイントラさんの声の含みに、敬老の精神が垣間見えたんんだ気のせいか。
あ…イントラさん、その視線、絶対、俺を年寄りとして敬ってるって。
(ここまで心の声)

イントラさんの声質と眼差しは、
俺がJRで高齢者に席を譲るときの声質と眼差しにそっくりだった。
俺、確かに、ほとんど白髪ではあるけれど、そんなに老成しているのだろうか。
ひーん(号泣。


お。ジムの体重計に乗ったら80.7kgだった。







ぜったい、髪、染めないもん。
頼まれたって染めてやるもんか。




昼飯は、あんぱん1つ。








この記事をはてなブックマークに追加

21…ムーミンが出てきたんですけど。。。

2009年02月21日 | 2009



ムーミン(仮称)だよ。
ムーミン。

夢の中にムーミンが出てきちまった。
アニメに出てくる優しいムーミンなら楽しい夢にもなろうが、
俺の夢に出てきたムーミンは、すごーくマイペースで落ち着き払って
意地悪で皮肉っぽいイヤーな奴だった。

なんでこんな奴が夢の中に出てきたんだろう。
彼とは言葉を交わしたことさえないのに、ときたま見かけるだけなのに。
勝手に性格を創造して、自分の夢に登場させるなんて。

せっかくの休日がモヤモヤした気分で始まってしまった…。
験なおしに塩でもまこう。



だからねぇぇぇ~~~    こっちむいて♪





おっと。
ジムで体重計に乗ったら、81.7kgだった。
デヴじゃーん。
連れは65.5kgだったかな…。
奴は着実に痩せてるんでうらやますい。










この記事をはてなブックマークに追加

20…僕らはとことん淋しがり屋で

2009年02月20日 | 2009


目覚めたら雨が降っていた。
布団の中でまどろみながら、聞くともなしに雨音に耳を傾ける。
優しい音だ。
この雨のおかげで庭に植えてあるゴテチャがひと回り大きく育っていく。
この雨のおかげで春が来る。
ひと雨ごとに温かさが増し、いつか、誰にも春が来る。


僕らはとことん淋しがり屋。
いつまでも、自分と同じ形の影を、ヒトに求め続けて彷徨い歩く。
求め続けたものを見つけたとしても、
自分と同じ形の影だけでは、満足できなくなるときが必ず来て
どうしようもなく一人勝手に傷つき、容赦なく相手を傷つける。

ひと雨ごとに温かさが増し、いつか、誰にも春が来る。

いつか、誰にも春が来るはずなのに
ひと恋しさは、心の中で冬を育てることもある。夜叉を育てることもある。






君知らで終りぬかかる悲しみもかかる涙もかかる寒さも      与謝野晶子















この記事をはてなブックマークに追加

19…昼飯にキムチ鍋ってどうよ。

2009年02月19日 | 2009
 





花粉症の症状が楽になってきた。
 なぜなんだろう。
 もしかしたら、治ったかと思ったが…アリエナイ(^-^;。

 今日の昼飯はキムチ鍋。昼飯にキムチ鍋っつーのはいかがなものかと…思いながらも、赤い唐辛子の汁の中の白菜をせっせせっせと口に運ぶ。汗かきなんで、食ってる最中から、もう汗だく、鼻水は、だだだー。

 白菜を食っているのか、鼻水をすすっているのか、はたまた、汗を拭いているのか、わからない状態で、もしかしたら、鼻水を食って、汗をすすって、白菜を拭いていたのかもしれないが、そんな状態に陥りつつも、今日は筋トレに行かなきゃな~なんて、鍋の豚肉を咀嚼しながら思いついたり考えついたりしていたのだが、そこはそれ、わたしはは誰ってなもんで…あにはからんや、まちがいなく、身体がタルタル状態になってきているというのに、意志薄弱、肉体虚弱、仕事が終わって帰宅するなり、さっさと風呂に行ってしまったのだ。

 今日一日の仕事の内容が、細かい幾つかの仕事の処理に追われまくり、疲れまくりだったので、臨機応変(って言うなあ)に風呂に。ジムはいったい何処へ消えたんでしょ…。

ここで一句、「風呂上がりビール片手に夜が更ける。」

ま、今日も頑張れた、と思う。偉いぞ、俺って言うしかないし。

あ。
ジャンボ宝くじ、買った。
当たる確率は少ないけれど、もしかしたらって、思うじゃん。
それくらいのはかない夢を見たってバチは当たらんだろうし~。

当たるぞ、当てるぞ。2億円。
仕事がまるで生きがいではない俺だから、
いつかは、グッバイジョブって言ってみたいし。
他力本願で何が悪い。自力なんぞ、とうに見限ってるわぃな。(爆











この記事をはてなブックマークに追加

18…待ちぼうけ、けれど、待つということが苦手だ

2009年02月18日 | 2009



今日は缶詰。
会議室に缶詰。
緊張した時間が静かに流れて行く。
時には、こんなふうに、ただ、待ち続けるのも仕事になったりすることもある。

1月の終わりには床屋に行きたかったのだが、行きそびれてそのままになっている。中途半端に伸びかけた髪を、床屋に行きそびれたついでに、このまま伸ばしてしまえばいいと思いたち、床屋に行くのを止めてしまって、既に2週間が経過した。
まだまだ髪は短く、前述の「待ち」が仕事となることと同様に、髪も伸びるまでにはまだまだ待ち続けなければならないようだ。

けれど、待つということが苦手だ。
待つということは、時間を無駄にしていることだと感じる。

時間をかけなければ育たないことだってあるのはわかっているのに、人は皆、時間を節約したいという望みのために、時間をかけずに、世の中の全ての事柄の果実を誰より先にもぎ取ろうと企んでいる。

けど、不思議なことに、自分自身のことになると、時間をかけて、かつ、手間と暇を賭けて、じっくり育てようとする。即席なんて論外なんだ。

なんだろ。この矛盾…。










この記事をはてなブックマークに追加

17…ビール呑んで寝ちまえ

2009年02月17日 | 2009





久々に筋トレにジムに行った。
1月、2月は、寒さのせいもあって、近所のジムに行くのが、
2週間に1度の間隔になってしまっていた。
おかげで、肉体がどんどん衰え、退化してしまっている。
きっと、明日あたりには、ピテカントロプスエレクトス。

以前だったら、簡単に上がった重量に、情けないほど四苦八苦。
地球の重力が変わったのかと勘違いするほどで
ダンベルは上がらないし、
バーベルを持ち上げることができない。

努力の成果はなかなか実感できないが
怠惰の結果はすぐ体感できるこの不思議。




なんやかんやで、トレ終了。
その後、連れとココスへ車を飛ばす。
やめときゃいいのに、大きなハンバーグと中ジョッキ×2杯で談笑。
でも、とっても楽しいひとときなんで。


10時前には、家に帰って、そそくさと風呂に入ったあと、
部屋を見やると、体重計が目に入る。
お。そういえば、しばらく体重計に乗ってない。
ここで一念発起とばかりに、恐る恐る、ボタンを押して計測開始。






体重、83.7kg
体脂肪率23.4%




げげ。


なんじゃこりゃ(ジーパン刑事風by太陽に吼えろ)
らみぱすらみぱするるるる
これぞまさしく、後の祭の後悔に先に立たず、先にたたずのちんちんかもかも。(意味不明…)
(でも三省堂の新明解国語辞典【第二版】には載っているから、見てみ)






いつだって、
がっかりさせられることくらいは、腐るほどある。
その原因が自分だったり他人だったりするだけで、
がっかりすることには変わりが無い。

嘆くくらいなら、いっそ、腐らせちまえばいいじゃねぇかと
毒づいてみたくもあるような、ないような…


ビール飲んで寝ちまえ。









この記事をはてなブックマークに追加

16…ナイトキャップスペシャル

2009年02月16日 | 2009





土日とあれだけ温かだったのに、やっぱり、寒さは戻ってくるわけで。
今日は、自転車に乗っていたこの俺が飛ばされそうになるほどの風の強さ。
夏日となったあの温かさも、今日の風の強さも、尋常じゃぁない。

スーパーで買い物をする時に、マイバッグを持ってくることが当たり前になりつつあるけど、生協でカゴそのものを売っていたんで、購入。詰め替えがないんで楽ちん。でも、お店側も、カゴヌケには注意しないと。





言いたいことは、山ほどある。
わかる。
わかるって。
ここが我慢のしどころ。
呑み慣れない酒をあおっても
言い慣れない言葉で語っても
俺でよければ、いつだって。







五連奏のCDチェンジャー、買ったときには斬新だったけど
今ではすっかり型落ちどころか骨董品。
それでも、昨日買ってきた、
「ペットショップボーイズ」と「フェイウォン」のCD
十分、聞ける。

君の瞳に恋してる、かあ。
懐かしい。

俺の瞳に恋しろよって、花粉症で真っ赤だけど。











この記事をはてなブックマークに追加

15…涅槃会・四十九日

2009年02月15日 | 2009

仏説摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。舎利子。色不異空、空不異色、色即是空、空即是色。受・想・行・識亦復如是。舎利子。是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。是故空中、無色、無受・想・行・識、無眼・耳・鼻・舌・身・意、無色・声・香・味・触・法。無眼界、乃至、無意識界。無無明、亦無無明尽、乃至、無老死、亦無老死尽。無苦・集・滅・道。無智亦無得。以無所得故、菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離一切顛倒夢想、究竟涅槃。三世諸仏、依般若波羅蜜多故、得阿耨多羅三藐三菩提。故知、般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虚。故説、般若波羅蜜多呪。
即説呪曰、羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶。般若心経



伯母の四十九日。
里山に囲まれた静かなお寺で行われた。
天気にも恵まれ、本堂に入る日の光のおかげで、とても温か。
良い日和になった。

壇に備えられた伯母の遺影はいい笑顔で、
見ているこちらも思わず伯母に笑いかけてしまった。
正月の通夜にも、葬儀にも参列できなかったんで、
心のどこかで、悔にしてたんだけど
今日、四十九日に出席できたことで、やっとすっきりした。

「おばちゃん、ゆっくり休めやなあ」

近くの山を見上げる。
柔らかな風が山間をそよぐと、
杉の花粉がいっせいに沸き立ち、周囲を黄色に染めあげる。

そう、ここは、まさにデインジャラスな里山のど真ん中。

杉の木に杉の花咲く…いったい何の不思議があろう。

ひぃぃぃぃ。
やたら目がかゆいったら、ありゃ-しん。
もー、目が~目が~~~。

礼拝、合掌。









この記事をはてなブックマークに追加

14…夏日だって

2009年02月14日 | 2009

静岡で26.8度だって。
どうりでエアロしてたら暑くて 倒れそうだったわけだ。
あ。でも、スタジオは浜松。(^-^;

いま、スパ銭のリクライニングでテレビ見てる。

花粉症で目は真っ赤だ。

ひとりで来ると、話し相手もいないんでひまー。

さ。ひとふろ浴びてこよっと。












この記事をはてなブックマークに追加